ギター講師の年収や給料とは?高収入なギター講師の4つの条件

Pocket

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

Twitter:@ongakuhint

ギター講師になることを考えたとき、年収や給料って気になりますよね。もし収入が低ければ生活が成り立ちませんし、家族を守ることもできません

そこで、今回はギター講師の年収や給料がどれくらいなのかをお伝えします。さらに、高収入を実現しているギター講師から学んだ、5つの条件も徹底解説していきます。

ギター教室に所属する講師の年収や給料

ギター講師になる方法の一つに、音楽教室に所属をする方法があります。「ギター講師 募集」などと検索すれば、求人情報が出てきます。

ギター講師の給料は、残念ながら低いです。その多くは時給制であり、1000円〜2000円ほどが相場です。

年収に直すと、200万円に届かない場合も多いです。このため、ギター講師の多くが給料だけでは生活できず、他の仕事を掛け持ちしている現実があります。

また、ギター講師の給料は低いだけではなく、不安定です。なぜなら、ギター講師は正社員ではなく、アルバイトや請負の契約であることが多いからです。

例えば、「生徒が減ったので来月から来なくていいよ」と言われてしまうことがあります。これでは、翌月から収入がストップしてしまいます。

ここまで書いたように、ギター教室に所属して講師をする場合、収入は低く不安定です。

ギター教室を自分で開く講師の年収や給料

教室に所属せず、自分でギター教室を開いて講師をする方法もあります。

この場合、レッスンの価格を講師が自由に決めることができます。また、努力をして生徒を集めることもできます。

収入は、レッスンの価格 × 生徒数になります。このため、価格設定や生徒数によって、年収は大きく変動します。うまくいけば、教室に所属する以上の収入を得ることも可能です。

しかし、自分で教室を開く場合も、ほとんどの講師が低収入に苦しみます。ここからは、その理由について解説します。

生徒を集めるのが難しい

教室を開く場合、生徒は自分で集めなければなりません。しかし、これはとても難しいことです。

たとえ実績や技術があっても、それだけで生徒が集まるほど甘くありません。そもそも、教室の存在自体を知ってもらうところからスタートしなければならないのです。

このとき、広告やチラシを使って集客しようとする講師は多いです。しかし、これにもお金がかかります。

また、教室に通ってもらう以上、近くに住んでいる生徒しか集客できません。このため、どんなに頑張ってもすぐに限界が訪れます。

教室を開くためのテナント料が必要

教室を開くためには、部屋を借りる必要があります。しかし、これは住む家と同じように、毎月家賃がかかります。この家賃は、「テナント料」と呼ばれます。

駅から近いなど、便利な立地になるほどテナント料は上がります。もしレッスン料を稼ぐことができても、その多くが毎月の支払いに消えていくのです。

生徒が少ないと、テナント料を支払うだけで赤字になってしまいます。この苦しみから、教室を廃業してしまうギター講師も多いのです。

指導できる生徒の数に限界がある

仮に、あなたが大量の生徒を集めることに成功したとします。

僕の知り合いにも、早朝から夜中までレッスンが入っている人気講師もいます。しかし、これでも収入は低い場合が多いです。

なぜなら、教えられる生徒の数に限界があるからです。これは、ギター講師が基本的にマンツーマンで指導を行うことが原因です。

例えば、生徒1人につき1時間のレッスンを提供するとします。仮に、講師が寝ずにレッスンを提供したとしても、1日に最大で24人しか指導できません

実際には、寝ずに教えるなんてことは不可能です。また、睡眠以外にも食事や入浴は必要です。そして、新たな生徒の募集など、指導以外にやらなければいけない仕事もたくさんあります。

このため、実際に教えられる生徒の数は、もっと少なくなります。これが、人気の講師でもすぐ収入に限界が来てしまう理由です。

高収入を実現するギター講師の共通点とは

ここまで述べたように、ギター講師の多くは低収入にあえいでいます。しかし、その数は少ないものの、高収入を実現しているギター講師もいます。

彼らは教室に所属するのではなく、独立して仕事をしています。そして、次に紹介する4つのポイントを守ることで、成果をあげています。

オンラインで全国にレッスンを提供している

高い収入を得るギター講師は、ほぼ全員がインターネット上でレッスンを提供しています。

先ほど、ギター講師は近くに住んでいる生徒しか集客できないと書きました。しかし、インターネット上でレッスンを提供すれば、この限界を突破することができます。また、遠くに住んでいる生徒からも感謝されます。

例えば、ZOOMという無料のビデオ通話アプリを使ってレッスンを提供する講師がいます。これを使うと、パソコンやスマートフォンのカメラでお互いの様子を映すことができます。

生徒にその場でギターを弾いてもらえば、お互いどこに住んでいても、会ってレッスンをしているのとほぼ同じ状態を作ることができます。

また、生徒に演奏の動画を撮影して送ってもらい、それを見て指導を行う講師もいます。このようにすることで、全国に向けてレッスンを提供できます。

ブログやYouTubeで全国から生徒を募集する

高収入を実現するギター講師は、例外なくインターネットを使って集客をしています。

このとき、お金をかけて広告を出すことはしません。ブログやYouTubeという無料の手段を使って、費用をかけないようにしています。

インターネットの集客というと、TwitterやFacebookなどのSNS(=ソーシャルメディア)を想像する人が多いです。しかし、SNSでは新しい投稿が上に来て、古い情報はどんどん埋もれていきます。

このため、集客をするためには、常に新しい投稿をし続ける必要があります。これでは、いくら時間があっても足りません。

しかし、ブログやYouTubeはそうではありません。過去に投稿した内容でも、「検索」を通じて見つけてもらうことができます。

さらに言うと、投稿してから経過した時間が長い情報の方が検索に表示されやすいです。このため、一度コツコツと大量に投稿すれば、後は何もしなくても見つけてもらうことができます。

これにより、何年も全国から自動的に生徒を集めることが可能になります。よって、生徒募集に時間を使う必要がなくなります。

マンツーマン以外のレッスンが充実している

先ほど、マンツーマンのレッスンだけでは、指導できる生徒の数に限界があると書きました。

高収入を実現している講師は、この点をしっかりと理解しています。そして、マンツーマン以外のレッスンを充実させています。

ある講師は、会員サイトに大量のレッスン動画を用意しています。そして、それを見て自主的に練習してもらうスタイルを取っています。

もちろん、大量のレッスン動画を用意するのは大変です。しかし、一度用意してしまえば、生徒が自動的に学習を進めてくれるようになります。

このように書くと、講師だけが得をするように思えます。ところが、実際には生徒からも喜ばれるのです。

例えば、学校や仕事が忙しく、まとまった時間を取れない生徒は多いです。マンツーマンのみでレッスンを提供する場合、時間を合わせてもらうのが大変です。

実際、僕の知り合いでも「ギターを習っていたけれど忙しくてやめてしまった」という人は多いです。しかし、動画であれば、短い空き時間に学習してもらうことができます。

また、動画であれば、繰り返し再生してもらうことができます。知識やテクニックを、何度も復習しながら練習してもらうことができるのです。

そして、専用のフォームから生徒の質問を受け付けるのも有効です。メールで回答をすれば、待たせることなく疑問を解決してあげられます。

さらに、その質問内容と回答を共有すれば、生徒全員に喜んでもらうこともできます。

他にも、レッスンの教材化やグループレッスンなど、マンツーマン以外のレッスンを充実させている講師は多いです。

「マンツーマン以外で生徒に満足してもらう方法はないか」と考えると、高収入なギター講師への第一歩を踏み出すことができます。

教室は借りず自室からレッスンを提供する

オンラインでレッスンを行う講師は、家賃を払って部屋を借りる必要がありません。パソコンやスマートフォンを使って、自宅からサービスを提供できるからです。

これだけで、毎月安くても数万円、高くて数十万円になるテナント料を負担する必要が一切なくなります。

ただ、生徒と直接会ってレッスンを提供したい場合もあると思います。この場合は、その時間だけ音楽スタジオを借りてレッスンを行なう講師が多いです。

こうすれば、高くても1回数千円の負担で部屋を借りられます

このように、指導の大部分はオンラインで行い、生徒と会う場合はスタジオを借りる形を取ることで、毎月のテナント料を負担せずに、ギター講師としての活動ができます。

まとめ

ここまで述べたように、一般的なギター講師の収入・給料は低いです。年収は200万円に満たない場合も多く、正社員ではないため不安定な職業です。

ただ、インターネットをうまく活用して、高収入を実現している講師も存在します。

彼らの共通点として、全国にレッスンを提供していることや、ブログやYouTubeで集客していること、マンツーマン以外のプログラムを充実させていることなどがあります。

オンラインでギター講師になるためのさらに具体的な方法については、一般公開していない全15話・5時間23分を超える動画レッスンを無料でプレゼントしています。

ぜひ下のバナーをクリックしてプレゼントを受け取ってください。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント