音楽活動のヒント音楽でプロを目指す基礎知識>音楽CDの売上分配~1枚売れるといくらもらえる?

音楽CDの売上分配~1枚売れるといくらもらえる?~

代表:武藤
著者 ムトウ企画:武藤

CD1枚の配分

お客さんが1000円を出して1枚のCDを買うと、そのお金はどこに行くのでしょうか。 そして、アーティストはいくら受け取れるのでしょうか?

契約によって異なりますが、以下が大手レコード会社のレーベルからCDを販売したときの売上分配の一例です。

インディーズレーベルや、自分でCDを作って売る場合はまた異なりますので、注意してください。

CD1枚の売上分配

【典型的なCD売上分配例】
レコード会社 50%
CDショップ 26%
CDプレス会社 17%
音楽出版社 3%
JASRAC 1%
作詞者 1%
作曲者 1%
アーティスト 1%

広告

アーティストの収入となる印税

印税とは何か

「印税」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

アーティストの作品が売れたり、利用されたりするたびに、アーティストに入るお金を印税といいます。 音楽の世界だけではなく、出版の世界などでも使われる言葉です。

税金の一種ではない

「税」という漢字が入っているため、印税は税金の一種であると誤解されることが多いですが、そうではありません。

「税」という漢字には、「収穫に対して一定のものを納める」という意味で使われています。CD売上という「収穫」の一定額が、アーティストに納められる、という仕組みです。

広告

印税収入の詳細

CDが1枚売れるごとの印税収入

CDが1枚売れるごとに、歌唱や演奏をするアーティスト=「演奏者」がもらえる金額は、レコード会社との契約内容によって異なりますが、売上の1%が相場です。

つまり、1000円のCDが1枚売れると10円、100枚売れてやっと1000円受け取れます。

なお、演奏者といっても、ソロ歌手のバックミュージシャンや、バンドの正式メンバー以外の演奏者はここには含まれません。

彼らの報酬は印税から出るのではなく、レコード会社が別途に負担しています。

この額は、アーティストが1人でソロ活動しているのであれば、本人がすべてを受け取ることができますが、グループやバンドであれば全員で分けなければいけないので、1人あたりの取り分はメンバーが多いほど少なくなります。

作詞者や作曲者にも印税が入る

作詞者や作曲者にも、CD1枚が売れるごとに印税が入ります。

このため、自分で作詞や作曲はしないアーティストと、作詞作曲も自分で行うアーティストを比較すると、作詞作曲も行う方が、CD1枚が売れるごとにもらえるお金は大きくなります。

しかし、バンドなどでは「メンバーの誰か1人が作詞作曲をして、他のメンバーは演奏するだけ」という場合も多いです。 この場合、作詞作曲を行うメンバーとそうでないメンバーと印税収入で差がついてしまいます。

このことがメンバーの不仲の原因となり、解散につながってしまうケースもあります。

→→音楽でプロを目指す基礎知識にもどる

秘伝の集客講座 登録
プロアーティスト育成塾

ライブ出演者募集情報(東京)



広告

あわせて読みたい「音楽でプロを目指す基礎知識」記事

プロとアマチュアの違い

バンドや歌手としてプロアーティストになる2つの方法

音楽でプロになるために必要な唯一の条件

最初は集客だけを考え、所属か独立かは後から選ぶ

メジャーデビュー・インディーズデビューする方法

デビューすれば必ずプロになれるわけではない

メジャーデビューしても音楽収入で生活できない理由

メジャーアーティストが売り上げの99%を持っていかれる理由

アーティストとファンを仲介する音楽業界の仕組み

デビューしなくても音楽で稼げる時代

無所属アーティストは起業家である

音楽活動で黒字が出るまで税金の勉強は必要ない

事務所やレーベルを名乗る悪徳組織の実態

お金を払えば誰でもライブが出来る時代

レーベルの仕組み:デビューするとどうなるのか

「レコード会社」と「レーベル」の違い

「メジャー」と「インディーズ」の違い

CDの売上配分

プロになるために集客が絶対に必要な理由

メジャーへのアピールに必要な最強の実績とは

音楽で稼ぐ未来の自分をイメージする

音楽活動のヒント」管理人:武藤