音楽活動のヒント音楽でプロを目指すための考え方>集客を増やすために重要な技術以外の要素

集客を増やすために重要な技術以外の要素

代表:武藤
著者 ムトウ企画:武藤

ラーメン屋の店主

演奏力と集客力は比例すると思われがちですが、実は両者は全くの別物です。そして、演奏力を高める作業と、集客力を高める作業もまた、全くの別物です。

例えば「美味いラーメンを作ればお客さんは増える」と信じ、昼も夜も店にこもって、スープの味を研究している店主がいるとします。

しかし、お客さんはなかなか増えません。店主はその原因を「うちのラーメンはまだまだ美味しくないんだ」と考え、来る日も来る日もお店にこもって、ますますスープの研究に没頭します。

しかし、お客さんが来ない本当の理由は、店が人通りの少ない場所にあって、存在を知られていないからかもしれません。店内が汚れていて、清潔感が無いのかもしれません。

近くのライバル店にお客さんを奪われているのかもしれません。あるいは、接客が下手なのかもしれません。

しかし残念なことに、お店にこもって「うまいラーメンを作る」=「良い商品を作る」ことにばかり集中していると、このような「うまいラーメンを作る以外にやるべきこと」には全く気付くことができないのです。

ラーメン屋の商品はラーメンです。バンドやアーティストの場合、商品は演奏や作品といった「音楽」となります。

集客を増やすためには音楽そのものの質も大切ですが、それ以外にもたくさんの大切なことがあるのです。

「演奏力でファンを増やす」「作品でファンを増やす」という考え方にばかり傾いてしまうと、他にやるべきことが見えなくなってしまいます。

広告

集客を高めるために他にやるべきこととは

バンドやアーティストの商品である音楽作品の質を高める以外にも、集客を増やすためにやるべきことは山ほどあります。

例えば、自分の存在をまず多くの人に知ってもらう努力が必要です。どれだけ良い音楽をやっていても、それを知ってもらわなければ、ファンが増えるはずがありません。

さらに、知ってくれた人たちにより自分を好きになってもらうための作業も必要です。お客さんは「一目惚れ」のように、アーティストの存在を知ってすぐにファンになるわけではなく、少しずつ好きになっていくものです。

これは、あなたが今現在好きなバンドやアーティストを好きになった過程を思い出してみると、よく理解できると思います。

練習や作品作りなどの「音楽の質を高める作業」ももちろん大切ですが、それと同時にこのような「集客を増やすための作業」を戦略的に行わなければ、ファンは増えません。

広告

良い音楽をやればお客さんは増えるという嘘

「良い音楽をやればお客さんは増える」という考え方は捨てる必要があります。また「集客が増えないのは演奏や作品の質が低いせい」という考え方も捨ててください。

「もっとうまくならなきゃ」と言って練習ばかりしていても、集客が増えていくことは永遠にありません。

集客を増やすための作業というのは、演奏技術を磨くのとは全く別の作業である」という事実を認識してください。

それがファンを増やすための第一歩であり、これらの考え方を捨てると、音楽の質を高める以外にもやるべきことがたくさんあることが見えてきます。

集客力を高めるための作業として何をしなければならないのかという具体的な中身やヒントは、このサイトの記事を通じてお話ししていきます。

→→音楽でプロを目指すための考え方にもどる

秘伝の集客講座 登録
プロアーティスト育成塾

ライブ出演者募集情報(東京)

広告



あわせて読みたい「音楽でプロを目指すための考え方」記事

プロになるために必要な努力の量とは

人と違うことをしなければ勝てない

必死に行動しているのに成果が出ない理由

長く活躍するためには本質を学ぶ必要がある

集客やビジネスを学ぶだけでは成功しない

集客が増えないのは演奏が下手だからではない

集客を増やすために重要な技術以外の要素

私の演奏でお金をもらうのはまだ早い?

アーティストが自分の演奏を過小評価しがちな理由

バンド/アーティストは謙遜してはならない

ファン獲得に必要な「戦略」とは何か

告知や宣伝を喜んで受け取ってもらう方法

周囲のアーティストの真似をすると失敗する

友達はなぜライブに来てくれるのか

音楽を仕事にするか趣味にするかの違い

「お金を稼ぐ=悪」という常識から抜け出す

資金をかけない活動の重要性:赤字の活動とアルバイト

ビジネスで大切な「利益」を正しく理解する

音楽活動のヒント」管理人:武藤