音楽活動のヒント音楽でプロを目指す基礎知識>音楽でプロになるために必要な唯一の条件

音楽でプロになるために必要な唯一の条件

代表:武藤
著者 ムトウ企画:武藤

プロになるための条件

音楽でお金を稼げるようになる、すなわちプロアーティストになるために必要な条件とは何でしょうか。

少し考えてみてください。

…。

ある人は「演奏がうまいこと」と言うかもしれません。あるいは「才能やセンスがあること」と答えるかもしれません。

しかし、難しく考えなくても、「これさえ出来ればプロになれる」というたった一つの条件があります。

それは何でしょうか。

…。

答えを言ってしまうと、その条件とは「ファンを獲得すること」です。これさえ実現できれば、必ずプロになれます。この記事では、その理由を解説していきます。

広告

なぜ音楽でお金を稼ぐことが可能なのか

ここで、なぜプロアーティストと呼ばれる人たちは音楽でお金を稼ぐということが可能なのかを考えます。

歌や楽器を演奏したからといって、空からお金が降ってくるわけではありません。

お金を出してでも彼らの音楽作品(CD・DVD・音源・ライブなど)を求めてくれるファンがいるから、音楽活動を行うのと引き換えにお金を受け取ることができるのです。

あなたも、お金を出してでもあなたの作品を求めてくれるファンを獲得することができれば、彼らに音楽を届けるのと引き換えにお金を稼ぐことができます。

広告

ファンを獲得すれば必ずプロになれる

プロアーティストになる方法としては、レーベルと契約する道と、無所属で自ら稼ぐ仕組みを作る道の2つがあります。

いずれにせよ、「ファンを獲得する」ということさえ実現できれば、必ずプロになれます。お金を出してあなたの音楽作品を求めてくれる人を増やすことができれば、必ず音楽でお金を稼ぐことができます。

ただ、いくら私が「ファンの獲得さえできればプロになれる」と言っても、ファンを簡単に獲得できるのであれば誰も苦労しません。

なので、今はどこにも所属しないアーティストが、自分の力でファンをつけていくための知識やヒントを提供するためにこのサイトを立ち上げました。ぜひ他の記事もぜひ読み進めていただき、あなたの役に立てれば嬉しいです。

→→音楽でプロを目指す基礎知識にもどる

秘伝の集客講座 登録
プロアーティスト育成塾

ライブ出演者募集情報(東京)

広告



あわせて読みたい「音楽でプロを目指す基礎知識」記事

プロとアマチュアの違い

バンドや歌手としてプロアーティストになる2つの方法

音楽でプロになるために必要な唯一の条件

最初は集客だけを考え、所属か独立かは後から選ぶ

メジャーデビュー・インディーズデビューする方法

デビューすれば必ずプロになれるわけではない

メジャーデビューしても音楽収入で生活できない理由

メジャーアーティストが売り上げの99%を持っていかれる理由

アーティストとファンを仲介する音楽業界の仕組み

デビューしなくても音楽で稼げる時代

無所属アーティストは起業家である

音楽活動で黒字が出るまで税金の勉強は必要ない

事務所やレーベルを名乗る悪徳組織の実態

お金を払えば誰でもライブが出来る時代

レーベルの仕組み:デビューするとどうなるのか

「レコード会社」と「レーベル」の違い

「メジャー」と「インディーズ」の違い

CDの売上配分

プロになるために集客が絶対に必要な理由

メジャーへのアピールに必要な最強の実績とは

音楽で稼ぐ未来の自分をイメージする

音楽活動のヒント」管理人:武藤