音楽活動のヒントバンド・アーティストマーケティング>リスト集めを加速させる究極の武器とは

リスト集めを加速させる究極の武器とは

代表:武藤
著者 ムトウ企画:武藤

メルマガ登録への心理的ブロックを破壊する

アーティストがファンをつけるためには、まずは第一段階として、自分に興味を持ってくれた見込み客のリスト(=メールアドレス)を集める必要があります。

しかし、「メールアドレスを書いてください」と呼びかけるだけでは、お客様はメールアドレスをなかなか書いてくれません。

このときのお客様の心理を正しく理解する必要があります。メールアドレスを書いてくれないのは、あなたに魅力が無いからではありません。

お客様は、会って間もない相手であるあなたに個人情報を教えることを心配しています。もしくは、「宣伝ばかりの迷惑メールのようなメルマガが届くのではないか」と心配しています。

なので、お客様が抱くこれらの心配を破壊する必要があります。それさえできれば、お客様は次々にメールアドレスを記入してくれるようになり、リスト集めが加速していきます。

無料の登録特典を用意する

お客様のメールアドレス記入に対する心配や警戒感を破壊するために、あなたが用意しなければならないのが「無料プレゼント」です。

あなたの音楽活動と関係があり、なおかつお客様に無料でプレゼントできるものであれば、内容は何でも良いです。例えば、「自作のCDを無料プレゼント」が考えられます。「次回ライブへの無料招待」も無料プレゼントの一種です。

写真や映像もプレゼントになり得ます。アイドルであれば「チェキ(一緒に写真を撮ること)1枚無料」などでも良いかもしれません。

そして、この無料プレゼントをどう活用するかというと、ただ単にお客様に無料でプレゼントを渡すのではありません。メールアドレスを書いてもらう代わりに、お礼として無料プレゼントを渡すのです。

広告

レストランや居酒屋の「無料プレゼント」戦略

お客様のリストを回収する代わりに、無料でプレゼントを渡すというやり方は、実はいろいろなビジネスにおいて取られている手法です。

例えば、レストランや居酒屋などで「当店のメールマガジンに登録すると、ドリンク1杯を無料でプレゼントします」という案内を見たことはないでしょうか。

これこそまさに無料プレゼント戦略です。「ドリンク1杯」という無料プレゼントを用意する代わりに、メルマガに登録させて顧客リストを入手しようとする戦略です。

このとき、「当店のメールマガジンに登録してください」と呼びかけるだけではお客様はほとんど反応しません。しかし、「ドリンク1杯」という無料プレゼントを用意することにより、「それなら登録しよう」という気にさせます。

無料プレゼントを用意し、それと引き換えにお客様のリストを手に入れる」という方法は、実は多くの企業で取られている手法です。あなたもリスト集めを加速する為に、アーティストビジネスにこれを応用する必要があります。

広告

相手のメリットを提示しなければリストは集まらない

お客様は自分にメリットが無ければ動きません。単純に「メールアドレスを書いてください」と呼びかけたところでほとんど書いてもらえないのは、お客様にメリットが無いからです。

何のメリットも無いわりに、「個人情報を他人に教えてしまうことへの抵抗感」や「宣伝ばかりの迷惑メールのようなメルマガが届く心配」というデメリットばかりが存在します。

これでは、お客様はメールアドレスを書いてくれるはずがありません。結果、リストはなかなか集まりません。

なので、無料プレゼントという形でメリットを用意し、お客様にメールアドレスを書こうという気になってもらう必要があります。

リストを集める必要性については気づいているアーティストも多いのですが、このように無料プレゼントを用意することでリスト集めを加速させる手法を実践しているアーティストはごく一部です。

レストランや居酒屋など、ビジネスの世界において幅広く活用されているリスト回収法を、あなたのアーティストビジネスにいち早く応用する必要があります。

→→バンド・アーティストマーケティングにもどる

秘伝の集客講座 登録
プロアーティスト育成塾

ライブ出演者募集情報(東京)

広告



あわせて読みたい「バンド/アーティストのマーケティング」記事

バンド・アーティストのマーケティングとは何か

バンドやアーティストが稼ぐための売り物を決める

あなた自身やファンの行動にこそマーケティングの答えがある

アーティストビジネス収益化の3ステップ

3ステップを点検すれば課題が見つかる

「ファン化」の重要性:売り込みを行う前にファン化を行う

ターゲットを絞ることで周知活動を効率化する

将来ファンになってくれる可能性が高いのはどんな人たちか

周知活動のターゲットを絞った後にやるべきこと

周知すべきは「商品」ではなく「存在」である

無名のアーティストが存在を広めるための手段

ライブ出演を通じた周知活動が非効率な理由

周知活動にネットを活用するメリット

集客におけるリピーターの重要性

リピーターと新規顧客を獲得コストで比較する

あなたにリピーターがつかない本当の理由

バンド/アーティストビジネスを成功に導く「リスト」の重要性

バンド/アーティストの周知活動のゴールはリストの回収である

単にお願いするだけではリストが集まらない理由

リスト集めを加速させる究極の武器とは

無料プレゼントは出し惜しみしてはならない

音楽活動のヒント」管理人:武藤