音楽活動のヒントバンド・アーティストマーケティング>あなた自身やファンの行動にこそマーケティングの答えがある

あなた自身やファンの行動にこそマーケティングの答えがある

代表:武藤
著者 ムトウ企画:武藤

マーケティングのヒントがある場所

音楽活動でファンを獲得し、お金を稼ぐ仕組みを作るマーケティングを行う際には、本屋に行って難しい経営理論書を読んで勉強する必要はありません。

かといって「どうすれば新規ファンを獲得できるのか」と頭の中で必死に考えても、なかなか答えは見つかりません。

必死に考えて答えが見つかったとしても、自分の頭の中だけで考えた答えというのは、大抵的外れであることが多いです。

例えば私も、このサイトの記事を書く際、「こんな記事を書けばみんな読むだろう」と思ってアップした記事がほとんど読まれないことや、逆に自分で書いていても完成度が低いと思っていた記事が人気記事になることがあります。

イベント運営でも、「これをやればみんな喜ぶだろう」と思って考えたアイデアが不評であることもあれば、小さなことだと思っていたことを「これは嬉しい」と絶賛されることがあります。

バンド/アーティストがマーケティングを行う上で重要なのは、消費者の心理を分析することです。

そして、消費者心理を分析するためには、一人の音楽好きの消費者としての自分の過去や、今現在ついているファンの行動を冷静に分析することが必要です。

まさに、答えはあなた自身や、今現在ついているファンの中にあるのです。

広告

自分自身の過去の行動に答えがある

マーケティングにおいては、普段自分が行っている行動を冷静に分析することによって、大きなヒントを得ることができます。

例えばあなたにも好きなバンドや歌手がいると思います。このバンドや歌手にとって、あなたは一人のファンであり、一人の消費者です。

このとき、「自分がそのアーティストを好きになったキッカケは何か」「なぜ何年も飽きずにファンを続けているのか」などを冷静に考える時間を持つことが大切です。

もちろん、一般の音楽好きはこのようなことをいちいち考えません。しかし、あなたは自分の音楽を売ろうとする以上、消費者としての過去の自分を冷静に分析しなければなりません。

「自分がそのアーティストを好きになったキッカケは何か」を必死で考えると、今度はあなたが誰かに好きになってもらうキッカケを作る方法が見えてきます。

「なぜ何年も飽きずにそのアーティストのファンを続けているのか」を必死で考えると、今度はあなたが今いるファンに何年もファンで居続けてもらうための方法が見えてきます。

このように、消費者としての自分を冷静に分析することで、音楽ファンの消費者心理が理解できるようになります。すると今度は、あなた自身が自分の音楽を売り出す際にも大いに役立ちます。

広告

今いるファンの中に答えはある

新しいファンを獲得したいと考えたとき、「一体どうすれば新しいファンを獲得できるのだろう」と頭の中で必死に考えるよりも、今ついてくれているファンに「私のどこが好きなのですか」と訊く方が早いです。

会話の中でさりげなく聞いてみるのも良いですし、ライブ会場やメルマガ内でアンケートを実施してみるのも良いです。

あなたというバンド/アーティストのどこが好きなのか聞いてみた結果、例えば「歌詞に共感ができる」と言う人が多いのであれば、歌詞を今よりも全面に押し出していけば新規ファンを獲得できるのではないか、というアイデアが浮かびます。

「バラードが泣ける」という声が多いのであれば、今は1曲しか作っていないバラード曲を何曲か新しく作ってみれば反響があるのではないか、というアイデアが浮かびます。

「ブログに書いてある『音楽をはじめたキッカケ』の話に共感した」という声が多いのであれば、音楽を始めたキッカケのストーリーをより深く掘り下げてブログに書いてみたらどうか、というアイデアが浮かびます。

このように、今現在ついているファンに対して「私のどこが好きなのか」を訊くことで、自分でも見えていなかった、人を強く惹きつけるあなた自身の魅力が見えてきます。

また、今現在ついているファンに「あなたはどういう人ですか」と聞いてみるのも良いことです。

今現在ついているファンの年齢層や、好きなバンドや歌手、どういう性格の人が多いかを分析するだけで、あなたが今後どのような属性の人たちをターゲットにすれば良いかが見えてきます。

今現在ついてくれているファンというのは、あなただけが持つ貴重な「ファン獲得成功例」なのです。彼らに話を聞き、彼らを分析するだけで、さらなる成功のために必要なマーケティングのアイデアが浮かんできます。

→→バンド・アーティストマーケティングにもどる

秘伝の集客講座 登録
プロアーティスト育成塾

ライブ出演者募集情報(東京)

広告



あわせて読みたい「バンド/アーティストのマーケティング」記事

バンド・アーティストのマーケティングとは何か

バンドやアーティストが稼ぐための売り物を決める

あなた自身やファンの行動にこそマーケティングの答えがある

アーティストビジネス収益化の3ステップ

3ステップを点検すれば課題が見つかる

「ファン化」の重要性:売り込みを行う前にファン化を行う

ターゲットを絞ることで周知活動を効率化する

将来ファンになってくれる可能性が高いのはどんな人たちか

周知活動のターゲットを絞った後にやるべきこと

周知すべきは「商品」ではなく「存在」である

無名のアーティストが存在を広めるための手段

ライブ出演を通じた周知活動が非効率な理由

周知活動にネットを活用するメリット

集客におけるリピーターの重要性

リピーターと新規顧客を獲得コストで比較する

あなたにリピーターがつかない本当の理由

バンド/アーティストビジネスを成功に導く「リスト」の重要性

バンド/アーティストの周知活動のゴールはリストの回収である

単にお願いするだけではリストが集まらない理由

リスト集めを加速させる究極の武器とは

無料プレゼントは出し惜しみしてはならない

音楽活動のヒント」管理人:武藤