音楽活動のヒントライブイベントの基礎知識>ライブハウスのドリンク代の仕組みと徴収理由

ライブハウスのドリンク代の仕組みと徴収理由

ライブハウスは入場するお客さん全員から、チケット代とは別に「ドリンク代」を徴収します。 「ワンドリンク制」と呼ばれるこのシステムの解説と、なぜライブハウスはドリンク代を徴収するのか?について掘り下げて行きます。

代表:武藤
著者 ムトウ企画:武藤

ワンドリンク制とは

多くのライブハウスは、入場するすべてのお客さんから、チケットの代金とは別に一定のドリンク代を必ず徴収するワンドリンク制を取っています。

お客さんは受付でドリンク代を払う代わりに、ドリンク引換券をもらうことができ、この引換券をドリンクカウンターに持って行くと好きな飲み物1杯と交換ができます

広告

ワンドリンク制をとる理由

ライブハウスがなぜドリンク代を取るのかという話については、いろいろな説がありますが、実際にライブハウスを経営している人から聞いた話を書きます。

ライブハウスは飲食店である

ライブハウスは飲食店として届け出をしています。そして、飲食店として営業するためには、お客さんに飲食物を提供しその対価としてお金を得る必要があるのです。

逆に言えば、飲食物を提供し対価を得ない場合は、飲食店としての届け出ができなるということです。飲食店ではなくなると、営業許可をもらう際の広さなどの条件がとても厳しくなってしまい、小規模ライブハウスのほとんどは、飲食店扱いでなくなった途端に営業できなくなるとのことです。

ですから、ライブハウスが今の形で営業を続けるためには、飲食店という要件に当てはまるように営業しなければいけないそうです。

ドリンク代の支払いは拒否できない

入場の際、お客さんは「飲み物はいらないから」と言ってドリンク代の支払いを拒否することができません。

ドリンク代の支払いを拒否できないのは、飲食店として営業する限り、必ずお客さんに飲食物を提供して対価を得る必要があるからです。たとえば居酒屋やレストランに行って、飲み物も食べ物も何も注文しないで居座ろうとすればお店を追い出されてしまうと思いますが、これと同じことだと考えてください。

広告

ドリンク代はなぜ500円なのか

多くのライブハウスでは、入場時のドリンク代は500円です。入場後に注文する飲み物がソフトドリンクであっても、お酒であっても、500円であることが多いです。

ほとんどのライブハウスのドリンク代が500円なので、もう少し安い、あるいは高いドリンク代を取るライブハウスがほとんど無いのはなぜなのかと思い、調べてみました。

お釣りの渡す際の時間を短縮する

ドリンク代が500円である理由は、お釣りを出す枚数が少なくて済むという事だそうです。500円玉をぴったりもっていない場合、お客さんは高い確率で1000円を出します。お釣りは500円玉一枚を渡せば済みます。

仮にドリンク代が300円や700円のような値段であれば、お釣りを渡す際の小銭の数が増えます。ドリンク代が500円であることによって、お釣りの小銭の枚数が1枚で済み、受付にかかる時間が短縮できます。このような理由で、ドリンク代を500円に設定するライブハウスが増えたのだそうです。

受付時間の短縮で混雑を防ぐ

このように書くと、お店側が楽をしようとしているように思えるかもしれませんが、実はそうとも言えません。ライブハウスの受付にはたくさんのお客さんが並ぶことも多いので、1人のお客さんにお釣りを渡すのにかかる時間が少し長くなっただけで、後ろの方に並んでいるお客さんの待ち時間はかなり増えてしまうのです。だからこそ、お客さん1人あたりの受付にかかる時間を出来る限り短くする必要があります。そのために、ドリンク代は500円なのだそうです。

事情を考えるとドリンク代は仕方ない?

私も初めてライブハウスに行ったときは、ドリンク代というシステムを知らず、「チケット代も払っているのに、どうしてさらにドリンク代も強制なのか」「ソフトドリンクを飲むときでも500円なのは高いなあ」と思ったことを覚えています。ですが、ここに書いたような事情を理解すると、仕方ないと考えるしかないのかなとも思っています。

→→「ライブイベントの基礎知識」にもどる

秘伝の集客講座 登録

ライブ出演者募集情報(東京)


プロアーティスト育成塾

広告

ライブ出演者募集
ライブ出演者募集

あわせて読みたい「ライブイベントの基礎知識」記事
ライブに出るという一歩を踏み出す
ライブハウスに行ったことはあるか
ライブハウスの対バン形式
ライブハウスにおける入場や退場
ライブハウスのチケットの取り扱い
ライブハウスにおける座席と服装
ライブハウスイベントの分類:ブッキングライブ
ライブハウスイベントの分類:イベンター主催ライブ
ライブハウスイベントの分類:自主企画
ライブ出演のお金の流れのイメージ
チケットノルマ制
参加費制
ライブハウスの機材費(機材使用料)
ライブハウスのキャンセル料
ライブの録画録音
事前に伝えられていないお金を払う必要はない
ライブ出演日時の決まり方
ライブが行われる時間帯
ライブハウスにおける演奏時間(持ち時間)
ライブ必要な機材

音楽活動のヒント」管理人:武藤