音楽活動のヒントバンド・アーティストマーケティング>無名のアーティストが存在を広める方法

無名のアーティストが存在を広める方法

代表:武藤
著者 ムトウ企画:武藤

個人でもできる広報手段とは

音楽以外に何か活動をしている場合は別として、アーティストは全く無名の状態からスタートします。今まで何も活動経歴が無いため、存在を知られていなくて当然です。

なので、ファンを獲得する道のりの第一歩は、自分の存在を多くの人に知ってもらう活動(=広報活動)になります。

存在を広めるといっても、メジャーのアーティストのようにテレビCMや広告、音楽番組に出演することは現実的ではありません。

自分を広める活動は、ネット上と、リアルの場(=ネット以外の現実世界のこと)の両方で行うことができます。無名のアーティストが、個人で出来る方法について書きます。

ネット上での広報活動

アーティストにとってホームページブログツイッターアカウントを作って情報発信をすることは一般的になりましたが、これらもすべてネット上での広報活動と言えます。

ネット上は距離の制約を受けないので、あなたの近くに住んでいる人はもちろん、日本中・世界中に住んでいる人たちに向けて存在をアピールしていくことができます。

また、「情報」をアップするだけではなく、SoundCloudYouTubeなどで演奏の音源やライブ映像をも無料公開することができます。

ただしこのサイトでも解説していきますが、ただ単にネットに情報や音源をアップしているだけではお客様は集まりません。

そこに人を呼び込む仕組みを作らなければ、人通りの無い路地に貼られたチラシと同じで誰にも見てもらえません。

広告

リアルの場での広報活動

ライブを通じた広報活動としては、不特定多数の前で演奏できる路上ライブや、共演者が集客したお客様の前で演奏できる対バン形式のライブへの出演があります。

これらは、まだあなたのことを知らない人たちに向けて演奏を披露することができるため、新たに存在を広めていくことにつながります。

また、広報活動は必ずしも「ライブ」という形に囚われる必要はありません。ライブハウスやスタジオ、飲食店などにフライヤー(チラシ)や無料のCDを置いてもらうように頼むという広報活動もあります。

広告

リアル・ネットでの広報活動

このように、組織のバックアップを受けていない個人のアーティストでも、ネット空間およびリアルの場のそれぞれにおいて広報活動を行う手段が存在します。

どのような広報手段が良いのかについてはサイト内でも解説していきますが、まずはネット・リアルにおいて個人でも広報活動が可能であることを認識してください。

→→バンド・アーティストマーケティングにもどる

秘伝の集客講座 登録
プロアーティスト育成塾

ライブ出演者募集情報(東京)

広告



あわせて読みたい「バンド/アーティストのマーケティング」記事

バンド・アーティストのマーケティングとは何か

バンドやアーティストが稼ぐための売り物を決める

あなた自身やファンの行動にこそマーケティングの答えがある

アーティストビジネス収益化の3ステップ

3ステップを点検すれば課題が見つかる

「ファン化」の重要性:売り込みを行う前にファン化を行う

ターゲットを絞ることで周知活動を効率化する

将来ファンになってくれる可能性が高いのはどんな人たちか

周知活動のターゲットを絞った後にやるべきこと

周知すべきは「商品」ではなく「存在」である

無名のアーティストが存在を広めるための手段

ライブ出演を通じた周知活動が非効率な理由

周知活動にネットを活用するメリット

集客におけるリピーターの重要性

リピーターと新規顧客を獲得コストで比較する

あなたにリピーターがつかない本当の理由

バンド/アーティストビジネスを成功に導く「リスト」の重要性

バンド/アーティストの周知活動のゴールはリストの回収である

単にお願いするだけではリストが集まらない理由

リスト集めを加速させる究極の武器とは

無料プレゼントは出し惜しみしてはならない

音楽活動のヒント」管理人:武藤