音楽活動のヒントバンド・アーティストマーケティング>ターゲットを絞ることで周知活動を効率化する

ターゲットを絞ることで周知活動を効率化する

代表:武藤
著者 ムトウ企画:武藤

無所属アーティストの周知活動

無所属のアーティストは、メジャーレーベルがプッシュしているアーティストのように、誰かが勝手に宣伝をしてくれるということはありません。

なので、自分の力だけで多くの人に存在を知ってもらう周知活動が、ファンを獲得していくための最初のステップとなります。

このとき、多くのアーティストが、目の前にいる人に対して無差別に自分をアピールしようとします。しかし、無差別に相手にアピールしたところでほとんど反応は無く、興味を持ってもらえることもありません。

反応率を高めるためには、ただやみくもに目の前の人にアピールをするのではなく、「ターゲットを絞る」という工夫を行う必要があります。

例:バンドメンバーの集め方

例えばあなたがゼロから新しくバンドを作ることになり、メンバーを募集するとします。そこで、あなたはやりたい音楽のジャンルや、希望する将来の方向性、募集するパートの一覧などを書いたポスターを作りました。

それでは、早くバンドメンバーを集めるためには、このポスターをどうすれば良いのでしょうか。

正解は、スタジオや楽器店にお願いして店内にポスターを貼ってもらうことです。スタジオや楽器店には、「楽器を演奏する」という属性を持つ人が集まっています。よって、メンバー募集に対する反応がいち早くあり、メンバーが早く集まります。

しかし、人通りの多い街中で「バンドメンバー募集」のポスターを無差別に配布したり、音楽と関係ない普通のレストランや店舗を1件1件回ってポスターを貼ってもらったとしても、ほとんど反応は得られません。

なぜなら、「街を歩く人」や「一般のレストランや店舗のお客」という集団の中には、「楽器を弾ける」という属性を持つ人の割合が極めて少ないからです。

このように考えると、全く同じ情報発信をしても、ターゲットを絞って情報発信をするのと、何も考えず不特定多数に向けて情報発信を行うのでは、反応率が全く違うということが理解できると思います。

広告

ターゲットを絞る重要性

あなたがバンドやアーティストとしての存在を広める際も、必ずターゲットを絞ってから行わなければなりません。

つまり「自分の音楽に興味を持ち、反応を示してくれそうなのはどんな属性の人たちか」を考え、その属性の人たちにターゲットを絞って周知活動をしなければなりません。

例えばあなたがロックを演奏するなら、ロック好きにターゲットを絞ってアピールする。あなたが●●というアーティストに影響を受けたなら、●●のファンに向けてアピールする。

アーティストの周知活動では、このように「反応を示してくれそうな人たち」「興味を持ってくれそうな人たち」に向けて周知活動を行うという考え方が重要です。

相手の属性を無視して、ただやみくもに目の前にいる人に存在をアピールしても、ほとんど反応や興味を得られず効率が悪いです。

広告

反応率を高め、興味を持ってもらうために

周知活動で反応が得られないとき、アーティストは「まだまだ周知活動が足りない」「自分の音楽には魅力が無い」などの思考に陥りがちです。

しかし、反応率を高めるために実際に必要なのは周知活動の強化や音楽性の向上ではなく、「ターゲットを絞って周知活動を行う」という考え方です。

この考え方ができるかによって、同じ内容の周知活動をしても結果に大きな差が生まれます。相手の属性を見極めてターゲットを絞ることで、反応率を爆発的に上昇させることができます。

→→バンド・アーティストマーケティングにもどる

秘伝の集客講座 登録
プロアーティスト育成塾

ライブ出演者募集情報(東京)

広告



あわせて読みたい「バンド/アーティストのマーケティング」記事

バンド・アーティストのマーケティングとは何か

バンドやアーティストが稼ぐための売り物を決める

あなた自身やファンの行動にこそマーケティングの答えがある

アーティストビジネス収益化の3ステップ

3ステップを点検すれば課題が見つかる

「ファン化」の重要性:売り込みを行う前にファン化を行う

ターゲットを絞ることで周知活動を効率化する

将来ファンになってくれる可能性が高いのはどんな人たちか

周知活動のターゲットを絞った後にやるべきこと

周知すべきは「商品」ではなく「存在」である

無名のアーティストが存在を広めるための手段

ライブ出演を通じた周知活動が非効率な理由

周知活動にネットを活用するメリット

集客におけるリピーターの重要性

リピーターと新規顧客を獲得コストで比較する

あなたにリピーターがつかない本当の理由

バンド/アーティストビジネスを成功に導く「リスト」の重要性

バンド/アーティストの周知活動のゴールはリストの回収である

単にお願いするだけではリストが集まらない理由

リスト集めを加速させる究極の武器とは

無料プレゼントは出し惜しみしてはならない

音楽活動のヒント」管理人:武藤