音楽活動のヒント音楽でプロを目指すための考え方>告知や宣伝を喜んで受け取ってもらう方法

告知や宣伝を喜んで受け取ってもらう方法

代表:武藤
著者 ムトウ企画:武藤

告知や宣伝は嫌われる?

多くの人は「告知や宣伝は嫌がられるものだ」と考えます。もちろんある意味、それは正しいです。誰でも、しつこく告知や宣伝をされたら嫌になります。

そのため、告知や宣伝をする作業が嫌いなアーティストは多いです。

例えば、友人や知人にライブ告知を送る際、「しつこいと思われてないだろうか」「反応が無かったら嫌だな」と思いながら恐る恐る告知をしているという人も多いと思います。

そして、実際に「100通告知メールをしたのに1通も返信が来ない」などの事態が起こります。こうしてますますアーティストは自信を失い、告知を行うのが嫌になってしまいます。

広告

告知や宣伝を喜んで受け取ってもらうには

しかし、「告知や宣伝を喜んで受け取ってもらう方法がある」と聞いたらどう思うでしょうか。

世の中にはアーティストの告知や宣伝を嫌がるどころか、喜んで受け取りたいと考える人たちがいます。アーティストの新作が出るなら絶対に欲しいと思い、アーティストがライブをやるなら絶対に行きたいと考える人たちがいます。

答えを言ってしまうと、それは「アーティストのファン」です。

例えばあなたの好きなアーティストを想像してください。そのアーティストの新作情報やライブ情報なら、すぐにでも欲しいと思うのではないでしょうか。

人は興味の無いアーティストの告知や宣伝は嫌がります。しかし、好きなアーティストの告知や宣伝であれば喜んで受け取ろうとします。

つまり、告知や宣伝を喜んで受け取ってもらう方法とは、「ファンを獲得すること」です。

広告

ファンは喜んで宣伝を受け取ってくれる

告知や宣伝は嫌わるものです。しかし、一つ例外があり、「お客様の好きなもの」に関する告知や宣伝は嫌われません

例えばゲームに全く興味がない人が、新作ゲームの宣伝をしつこくされれば嫌になりますが、ゲーム好きな人であれば、新作ゲームの情報はむしろ進んで欲しいと思うはずです。

アーティストもこれと同じです。あなたが宣伝や告知をするとき、あなたのことを好きでは無い人たちには嫌がられるかもしれません。しかし、あなたのことを好きな人たちは、喜んであなたの宣伝や告知を受け取ってくれます

なので、あなたも「自分のことを好きな人たち」=「ファン」を作り、彼らに向けて堂々と宣伝や告知を行うことができるようになる必要があります。

→→音楽でプロを目指すための考え方にもどる

秘伝の集客講座 登録
プロアーティスト育成塾

ライブ出演者募集情報(東京)

広告



あわせて読みたい「音楽でプロを目指すための考え方」記事

プロになるために必要な努力の量とは

人と違うことをしなければ勝てない

必死に行動しているのに成果が出ない理由

長く活躍するためには本質を学ぶ必要がある

集客やビジネスを学ぶだけでは成功しない

集客が増えないのは演奏が下手だからではない

集客を増やすために重要な技術以外の要素

私の演奏でお金をもらうのはまだ早い?

アーティストが自分の演奏を過小評価しがちな理由

バンド/アーティストは謙遜してはならない

ファン獲得に必要な「戦略」とは何か

告知や宣伝を喜んで受け取ってもらう方法

周囲のアーティストの真似をすると失敗する

友達はなぜライブに来てくれるのか

音楽を仕事にするか趣味にするかの違い

「お金を稼ぐ=悪」という常識から抜け出す

資金をかけない活動の重要性:赤字の活動とアルバイト

ビジネスで大切な「利益」を正しく理解する

音楽活動のヒント」管理人:武藤