音楽活動で、かっこいいデザインのサイト(ホームページ)を作成する際の注意点

Pocket

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

Twitter:@ongakuhint

こんにちは、武藤です。

ミュージシャン・バンドマンで、デザインがかっこいいサイト(ホームページ)を作成しようとする人は多いです。

 

ただし、デザインがかっこいいサイトを作る際には、注意すべき点が2つあります。

それは、「かっこいいサイトを作ってもアクセスは伸びない」ということと、「綺麗なサイトは見る人にストレスがかかりやすい」ということです。

かっこいいページを作ってもアクセスは集まらない

デザインがかっこいいサイトを作成しようとするとき、ミュージシャン・バンドマンが勘違いしていることがあります。

それは、「かっこいいサイトを作れば見る人が増える」という誤解です。

しかし、綺麗なデザインのサイトを作ったところで、アクセスは全く伸びません

 

この理由は、普段インターネットを使うときのことを考えれば分かります。

私たちは基本的に、自分にとって有益な情報を探すためにインターネットを活用します。

決して、綺麗なホームページやブログを探しているわけではありません。

つまり、内容が最も大切であり、デザインの重要性は二の次です。

 

最近は、ミュージシャン・バンドマン向けのサイト作成業者も多いです。

そして、彼らに数万円~数十万円を支払えば、メジャーアーティスト顔負けの綺麗なサイトが完成します。

しかし、それによってアクセスが伸びることを期待すると、痛い目にあうことになります。

 

したがって、デザインを改良することでアクセスを伸ばそうとするのは誤りです。

つまり、「デザインがかっこいいサイトを作れば見る人が増える」という考え方は捨てる必要があります。

綺麗なサイトは見る人にストレスがかかりやすい

綺麗なデザインのサイトを作成する際には、気をつけるべきことがあります。

それは、綺麗なデザインを追求するほど、ユーザーにとっての見やすさが犠牲になりがちであるということです。

 

例えば、あなたが誰かのサイトを見ているとしましょう。

「デザインが見づらい」「何がどこにあるのか分からない」などと思った瞬間、そのサイトを去りたくなったことはないでしょうか。

 

このように、ネットユーザーはストレスを感じた途端に、あなたのサイトを去ります。

この結果、将来ファンになってくれるかもしれない人を大量に逃すことになります。

これを防ぐためにも、サイトデザインでは、ストレスを感じないことを最優先させる必要があります。

 

例えば、サイトのメニューを「HOME PROFILE LIVE CONTACT」などと英語表記している人は多いです。

中には、フランス語などを使う人すらいます。

もちろん、外国語表記にした方が、洗練されたイメージを与えます。

 

しかし、これでは「何がどこにあるのか」を判断するのに時間がかかってしまいます。

そして、分かりにくいと思われた瞬間、多くのユーザーがあなたの媒体を去ります。

このため、私であれば、単純に「ホーム 自己紹介 ライブ お問い合わせ」と表記するように指導します。

 

また、サイトを開くと、いきなり音楽が流れる仕様にすることもやめてください

例えば、職場や学校、図書館など、静かにしなければならない環境で見ている人もいます。

演奏を聴いてもらおうとする姿勢は大切ですが、ユーザーが意図しないタイミングで音声を流すのはやめてください。

 

あるいは、訪れるたびに映像が流れ、「スキップ」ボタンを押さないと先に進めないサイトは多いです。

はじめて訪問する場合は良いとしても、何度もサイトを訪れるユーザーにとって、この作業はとてもストレスになります。

メジャーのアーティストにもよく見られる手法ですが、これもすぐにやめてください。

 

このように、サイト作成の際は、見る人にストレスをかけないことを最優先する必要があります。

このことを意識したうえで、はじめてかっこいいデザインを追求するようにしてください。

 

ここまで述べたように、デザインが綺麗なサイトを作る際は、それだけではアクセスが伸びないこと、ユーザーの見やすさが犠牲になりがちであることに注意する必要があります。

これらの点に十分留意したうえで、サイトを作成するようにしてください。

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント