ミュージシャンやバンドマンが、事実だけの文章を書く問題点

Pocket

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

Twitter:@ongakuhint

ミュージシャンやバンドマンが書く文章は、事実だけを述べている場合が多いです。例えば、「ライブをした」「スタジオに入った」「何を食べた」という内容のものです。

ブログやメルマガなどに事実を書くこと自体は問題ありません。ただ、事実だけを書くのには問題点があります。それは、「現時点であなたのことを好きではない人からは読まれない」ということです。この問題点について、詳しく説明します。

事実だけを書いた文章の価値とは

あなたが、心の底から憧れている有名人を想像してみてください。おそらくあなたは、「彼が今朝何を食べたのか」「今日はどこにいるのか」などを知りたいはずです。

このため、もし彼がブログやメルマガなどで「今朝はパンと卵焼きを食べました」「今日は新作アルバムのレコーディングを横浜でしています」と書けば、それはあなたにとって価値のある情報となります。

このように、事実だけを書いた文章は、その著者のファンからは「面白い」と感じてもらえると言えます。実際のところ、人気のある芸能人のブログを見てみると、事実だけが述べられている場合がほとんどです。

ただし、事実だけを発信するのには問題があります。それは、さほど著者のことを好きではない読者にとっては、事実だけが書かれた文章は面白くないということです。

例えば、あなたがたまたま道ですれ違った他人を想像してみてください。あなたは、彼が今朝何を食べ、今どこにいるのかを知りたいと思うでしょうか。

おそらく、全く興味が湧かないはずです。このように、事実だけを書いた文章は、著者に対する興味が無い人にとっては全く面白くないのです。

したがって、これからファンを獲得していきたい無名のミュージシャンやバンドマンは、事実だけを述べた文章を書いてはいけません。これを行ってしまうと、アクセスや読者はほとんど集まらなくなってしまいます。

意見が共感を生み、読者をファン化していく

それでは、まだあなたのことを好きではない人からも面白いと思われる文章を構築するには、どうすれば良いでしょうか。それは、事実に対するあなたの意見を付け加えた文章を書くことです。

例えば、多くの人があるミュージシャンのCDを買ったとします。このとき、ブログやSNS上に「●●のCDを買った」としか書かない人がほとんどです。

このように事実だけを述べている限り、100人が書いても「CDを買いました」という全く同じようなつまらない文章になります。それでは、ここにあなたの意見を付加すればどうでしょうか。

(例1)

すべてのサビで「~」という歌詞が繰り返し出てくる。●●さんは意図して作詞したのだと思うけれど、僕は少しくどいように感じられた。せめて2番のサビだけ歌詞を変えるとか、他に方法があったんじゃないか。

(例2)

3 曲目の、「~」という歌詞が、とても印象に残っている。僕は小学校5年生のとき、いじめを受けていた。今まで仲が良かったクラスの友達が、一瞬にして自分を無視するようになったときの恐怖感は、今でも昨日のことのように覚えている。そのときの、行き場の無い気持ちを、●●さんの歌詞は怖いくらいに思い出さ せてくれた。

このように、体験した事実を通じて「どう思ったか」「何を感じたか」という自分の意見を付け加えることが大切です。これにより、あなたの独自の考え方が前面に現れます。

そして、自分の意見を述べた文章を発信し続けていると、「わかる!」「その通りだ!」とあなたに共感してくれる人が必ず現れます。この共感により、読者をファン化していくことが可能になります。

このように、無名のミュージシャンやバンドマンは、事実だけを並べた文章を書いてはいけません。必ず、事実に対する独自の意見を付加するようにしてください。これを行ってはじめて、ブログやメルマガの文章を通じてファンを増やしていくことが可能になります。

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント