音楽業界におけるメジャーとインディーズの意味とその違い

Pocket

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

Twitter:@ongakuhint

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

音楽業界に興味がある人なら、誰でも「メジャー」や「インディーズ」という言葉を聞いたことがあると思います。

しかし、それらの言葉が持つ正しい意味は、ほとんど知られていません。

そこで、「メジャー」と「インディーズ」という言葉の定義、さらに両者の違いについて、以下のYouTube動画で解説します。

メジャーレーベル・メジャーデビューの意味

メジャー(major)という単語を英和辞書で調べると、「大きい」「主要な」という意味であることが分かります。

音楽業界におけるメジャーとは、「大きな」「主要な」レコード会社のことを指します。日本においては、日本レコード協会」に入会している大手レコード会社のことを「メジャー」と呼びます。

メジャーのレコード会社が、その傘下に持つレーベル(ブランド)のことをメジャーレーベルと呼びます。そして、メジャーレーベルと契約して作品をリリースすることを、メジャーデビューと言います。

「日本レコード協会」の会員となっているレコード会社の一覧は、インターネットで「日本レコード協会 会員」と検索することで確認することができます。おそらく、あなたの聞いたことがあるレコード会社の名前が、たくさん並んでいるはずです。

インディーズレーベル・インディーズデビューの意味

インディーズ(indie)という単語は、independent(独立したもの)という単語を短縮したものです。

つまり、インディーズレーベルとは、大手に属さない独立したレーベルという意味です。日本においては、日本レコード協会に所属していないすべてのレーベル、インディーズレーベルと呼ばれます。

日本レコード協会に入会するためには、その会社のレーベルがリリースした作品の売り上げにおいて、ある程度の大きな実績が必要です。このため、そこに入会していないインディーズレーベルは、メジャーレーベルと比較して規模が小さいと言えます。

メジャー・インディーズのメリットとデメリット

majorindies

次に、メジャーデビュー・インディーズデビュー、それぞれにおける利点(メリット)と短所(デメリット)を整理します。

資金と流通網

メジャーレーベルは、資金と流通網において優れています。このため、所属アーティストはメディアに露出したり、作品を全国的に取り扱ってもらったりしやすくなります。

したがって、より多くの人から作品を買ってもらえる確率が高くなります。

これに比べると、インディーズレーベルは資金や流通網の面でメジャーに劣ります。このため、作品が売れる確率は低いと言えます。

アーティストの収入印税と活動の自由度

次に、音楽作品が売れるごとにアーティストが得られる収入(=印税)について考えます。これは、インディーズの方が圧倒的に大きいです。

なぜなら、会社の規模が小さいため、売り上げから宣伝費や人件費があまり引かれずに済むからです。例えば、1枚のCDが売れるごとにアーティストに配分される収入は、メジャーの数倍以上になることもあります。

続いて、アーティストの活動における自由度を考えます。メジャーレーベルは規模が大きいため、1組のアーティストの活動に大量のスタッフが関与します。このため、活動のペースから音楽性に至るまで、非常に大きな制約が課せられます。

しかし、インディーズの場合、これらの制約があまり課せられません。インディーズで活動する場合、アーティスト本人の意思を、より大きく活動に反映することが可能です。

好きなアーティストがインディーズからメジャーに移籍したとき、「方向性が変わってしまって残念だ」と言うファンは多いです。これは、メジャーデビューすることにより、活動に課せられる制約が大きくなることが原因です。

ここまで述べたように、メジャーとインディーズの違いは、「日本レコード業界に所属しているかどうか」の違いです。そして、メジャーレーベル・インディーズレーベルで活動するのには、それぞれメリットとデメリットが存在します。

これらをきちんと理解した上で、将来進みたい方向を考えるようにしてください。

私の記事を読んでくださった、あなたの成功を心から祈っています。

音楽活動のヒント 管理人:武藤

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント