音楽でお金を稼ぐ上で理解すべき「売上」「経費」「利益」

Pocket

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

Twitter:@ongakuhint

すべてのビジネスには、2つのお金の流れがあります。それは、自分のもとに入ってくるお金と、自分のもとから出ていくお金という2つの流れです。

そして、音楽でお金を稼ぐには、あなたの活動におけるお金の流れをきちんと理解する必要があります。これを理解するためにあなたが理解すべき3つの言葉があります。それが、「売上」「経費」「利益」です。

売上・経費・利益を理解する

売上とは

売上とは、音楽ビジネスを通じてあなたのもとに入ってくるお金のことです。例えば、ミュージシャンやバンドマンが手にする売上には次のようなものがあります。

・5,000円のチケットが10枚売れた(5,000×10=売上5万円)

・1,000円のCDが20枚売れた(1,000×20=売上2万円)

・2,500円のバンドTシャツが4枚売れた(2,500×4=売上1万円)

経費とは

経費とは、音楽ビジネスを行う際にあなたのもとから出ていくお金のことです。つまり、「売上」の逆の意味をもつ言葉です。例えば、ミュージシャンやバンドマンの活動における経費には主に次のようなものがあります。

・10万円でライブハウスをレンタルした(経費10万円)

・5万円の機材を購入した(経費5万円)

・往復380円の電車代でライブ会場まで行った(経費380円)

・1,500円で使用できる練習スタジオを4回利用した(1,500×4=経費6,000円)

・1枚10円の宣伝フライヤーを1000枚印刷した(10×1,000=経費1万円)

利益とは

利益とは、売上から経費を差し引いたものを現します。そして、この利益がプラスであればあなたの活動は黒字、マイナスであれば赤字ということになります。

例えば、「今月の活動における利益」を知りたいとします。このとき、まずは今月の売上をすべて合計します。次に、今月発生した経費をすべて合計します。最後に、売上の合計から経費の合計を差し引きます。すると、今月の利益を知ることができます。

・利益 = 売上 - 経費

音楽ビジネスでは、利益が最も重要

音楽に限らず、ビジネスでは利益が最も重要になります。それではなぜ、売上ではなく利益が最も重要なのでしょうか。

例えば、あなたが5000円のチケットを100枚販売し、50万円の売上を手に入れたとします。「50万円の売上」というと、それだけでさもすごいことのように聞こえます。

しかし、このライブをするために必要だったライブハウスの使用料や、練習スタジオ代、そして宣伝費用などの経費が 50万円を超えていればどうでしょうか。

このとき、売上から経費を差し引くと、マイナスになってしまいます。この場合、あなたには50万円という大きな売上があったにも関わらず、1円も黒字を出せないということになります。

黒字が出せなければ、音楽活動で得たお金を生活費に充てることができません。あるいは、新たな機材を購入するなど、より良い作品を生み出すための投資に回すこともできません。

したがって、ビジネスでは利益が最も重要となります。利益を出すことができて初めて、そのビジネスで生計を立てたり、未来に向けて投資したりすることが可能となるのです。

そして、利益を生み出すためには売上を伸ばし、経費を低く抑える努力をする必要があります。つまり、「どうすればもっと売ることができるか」を考えるのと同時に、「無駄にお金を使っていないだろうか」とも自問自答する必要もあるのです。

私のサイトやメルマガでは、ほとんど経費をかけずに、大量のファンを獲得して売り上げを伸ばす手法を公開しています。ぜひあなたもこれを活用し、音楽ビジネスで大きな利益を出せるようになってください。

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント