バンドメンバー全員が「集客」への高い意識を持つべき理由

Pocket

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

Twitter:@ongakuhint

DSCN2396

こんにちは、武藤です。

私は、プロになるために最も重要なものは「集客」であると説いています。そして、私が指導している人は全員、集客の重要性について理解しています。

しかし、バンドなど、複数人数で音楽活動をしているミュージシャンからは「メンバーが集客の重要性について理解してくれません」という相談を受けることが多いです。

例えば、あなたが集客に力を入れようとしているとします。このとき、他のメンバーが「とにかくたくさんライブをやろう」「事務所やレコード会社のオーディションを受けよう」などという意識でいたらどうでしょうか。

メンバー全員が向いている方向がバラバラであれば、グループ全体として大きな成果を出すことはできません。これは、会社組織やスポーツチームと全く同じです。

バンドで活動している場合、メンバー全員が集客に対する意識を共有する必要があります。あなただけが高い意識を持っていてもダメですし、他のメンバーに任せきりにしてもいけません。ここには、2つの理由が存在します。

メンバーが多いほど、より大きな収入を得る必要がある

5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_s

音楽の世界でプロを目指すとき、毎月の収入目標を考えます。あなたが一人で活動するのであれば、月額20万円の収入があれば生活していくことができるでしょう。

それでは、あなたが4人組のバンドを組んでいるとしたらどうでしょうか。バンド全体で月額20万円の収入があっても、全員が音楽で食べていくことはできません。このとき、バンド全体で月額20万×4人=80万円の収入が必要です。

つまり、人数が多いミュージシャンほど、グループ全体で目標とすべき収入金額は大きくなります。そして、集客しなければならないお客様の数も大きくなります。

これは、他のビジネスで考えると分かりやすいです。例えば、社員が多い企業ほど、稼がなければならない総額は大きいです。なぜなら、そうでなければ全員の給料を払えないからです。

このため、「自分だけが集客を学べば良い」と思っているとしたら、それは間違いです。なぜなら、メンバーが3人であれば3倍、メンバーが5人であれば5倍の収入が必要になるからです。

そして、収入を3倍にするためには3倍の、5倍にするためには5倍の作業量が必要です。これを実現するには、メンバー全員が集客について学び、共に行動する必要があります。

例えば、「サイトやメルマガの記事を書く」「SNSを更新する」などの作業は、全員で力を合わせて行う必要があります。これを行うことで、ようやくメンバー全員が音楽で食べていける可能性が生まれます。

バンドが解散するリスクを考える

2102f1c5309f2a160f3329752a7075c4_s

バンドには、やむを得ず解散したり、メンバーが脱退したりする可能性があります。事実、私も「この人たちは解散などありえないだろう」というバンドの解散をたくさん見てきました。

メンバー同士とても仲が良かったり、お互いを尊敬しあったりしていたとしても、一日にして解散してしまうのです。このように、バンドとして活動する以上、「解散するかもしれない」というリスクは頭に入れておいた方が良いです。

それでは、バンドが解散した際、特定のメンバーだけが集客に関する知識を持っていたらどうでしょうか。解散した瞬間に、他のメンバーは音楽でお金を稼ぐことができなくなります。

このようなことを防ぐためにも、メンバー全員が集客を学ぶ必要があります。これにより、バンドが解散しても、メンバーそれぞれが音楽で食べていくための道を模索できるからです。

メンバー全員で集客への意識を共有するには

1ef3f317dee230bb0b0a0ad0ed5860b1_s

このように、メンバー全員が集客に関する高い意識を持つ共有する必要があります。それでは、集客に無関心なメンバーを説得するには、どうすれば良いでしょうか。

私がおすすめしたいのは、メンバーにも私の無料メルマガに登録してもらうことです。18本の特典動画を見終わるころには、あなたと集客に関する意識を共有できるようになっていることでしょう。

そして、メンバー全員が1つの方向を向いて行動できるようになります。これにより、全員が音楽収入で生活できる未来に向けて歩き出すことができます。

もちろん、メンバーの許可なくメールアドレスを登録することはやめてください。まずは、登録用URLを渡してください。

メルマガ登録ページ

このように書くと宣伝にしか見えませんが(笑)、無料でここまでの内容を学べる機会を用意している人は他にいないと断言できます。ぜひ、メンバーにも登録をおすすめしてみてください。

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント