ライブ会場で「告知しても売れない」人が勘違いしていること

Pocket

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

Twitter:@ongakuhint

DSCN0856 - コピー (2)

こんにちは、武藤です。

 

対バンライブや路上ライブなどで、チケットや物販の告知をする人は多いです。

しかし、その多くが、「きちんと告知しているのに売れない」と嘆いています。

さらには、その理由を「自分の演奏には魅力がないからだ」と考えます。

 

しかし、実はそうではありません。

そもそも、今日初めてライブを見てくれた相手が、商品を買ってくれるという認識自体が間違っているのです。

 

この記事では、なぜこれが間違いなのかを解説します。

そして、どのように認識を変えていかなければならないかも話します。

 

*以下のYouTube動画でも、私:武藤がカメラの前で話しています。

出会って30分で、告白しますか?

738059e7a4a9668bb72a950925fed494_s

あなたが、普段CDを買ったり、ライブに行ったりするなどしてお金を使う対象のミュージシャンを想像してみてください。

おそらく、あなたは彼(彼女)に対して、かなりの好きな気持ちを持っているはずです。

少なくとも、多少興味がある程度では、わざわざお金を出して商品を買うことはないでしょう。

 

このことを考えると、あなたがチケットなどを販売する際も、相当あなたのことを好きになってもらう必要があることが分かります。

ただ、あなたがどんなに魅力的なミュージシャンだったとしても、ライブ会場で初対面の相手からここまで好きになってもらうことは難しいです。

 

もちろん、あなたのライブを見て興味を持ってくれる人はたくさんいます。

しかし、それはまだ単なる興味に過ぎません。

この段階で、「物販を買ってください」「チケットを買ってください」という売り込みをしてしまうと、「確かに興味はあるけどお金を出すほどではないなあ」と思われてしまうのです。

 

これは、恋愛とも似ています。

例えば、あなたが目の前の相手に一目惚れし、交際を申し込みたいとするでしょう。

それではこのとき、相手と初めて会って30分後に、交際を申し込むでしょうか?

 

おそらく、ほとんどの人が申し込まないと思います。

なぜなら、まだ出会ってからの時間が短すぎるからです。

もちろん、相手も偶然あなたに一目惚れしてくれれば問題ないですが、その可能性はとても低いです。

たとえ、相手があなたに好印象を持ってくれていたとしても、「まだ会ったばかりだし…」と断られてしまうでしょう。

 

そこで、「相手に自分を好きになってもらうにはもっと時間がかかる」と考えます。

そして、交際を申し込む前に、一度はデートや食事に誘います。

いきなり告白するのではなく、時間をかけて自分を好きになってもらってから交際を申し込んだ方が、成功率が上がるからです。

 

恋愛であれば、「出会って30分で自分を好きになってもらうのは難しい」ことを、誰でも理解できるはずです。

しかし、なぜかこれが音楽活動になると、この視点が抜け落ちてしまいます。

たった30分ほど始めて演奏を聴いてくれた相手が、商品を買うほど自分のことを好きになってくれると勘違いしてしまいます。

 

ただ、ここに大きな間違いがあります。

初対面から30分で商品の売り込みをするのは、出会って30分で交際を申し込むのと同じです。

ライブ会場で告知をしても売れないのは、あなたの演奏や商品に魅力がないからではありません。

単純に、あなたがお客様と出会ってからの時間が短すぎるからです。

このことから、「ライブ会場で会ったばかりのお客様に商品を買ってもらうことは難しい」ということを認識しておく必要があります。

連絡先を聞き、少しずつファンになってもらう

06ec7687f19297f9aa08068971eb5225_s

それでは、ライブ会場で新規ファンを獲得することは難しいのでしょうか。

確かに、その場でファンになってもらい、商品を買ってもらうのは難しいでしょう。

しかし、相手の連絡先を聞き、時間をかけて少しずつ好きになってもらうことは可能です。

 

ちなみに、恋愛でも相手に興味を持ったら、連絡先を聞くと思います。

連絡先を聞かないと、二度と会うことはできないかもしれません。

しかし、連絡先を聞くことでそこから仲良くなったり、デートに誘ったりできる可能性が生まれます。

音楽活動で自分を好きになってもらう際も、これと同じことをしなければなりません。

 

現在では、LINEやSNSなどの連絡手段が主流です。

しかし、私はメルマガに登録してもらうことをおすすめします。

他の記事で詳しく解説していますが、メルマガが最も商品を売りやすいです。

 

ライブで新規ファンを獲得する際には、事前にメルマガを用意します。

そして、登録者プレゼントを用意し、そこに登録してもらうようにライブ会場で呼びかけます。

 

登録後はいきなり売り込むのではなく、徐々に関係性を構築していくようにします。

そして、しばらくしてからようやく「ライブに来ませんか」などと売り込みをするようにします。

これにより、初めて商品が売れていくようになります。

 

ここまで述べたように、ライブ会場ではその場でファンになってもらうことは難しいです。

そこで、お客様の連絡先を手に入れ、徐々に関係性を構築していくようにします。

 

まずは、「ライブ会場で告知をすれば商品が売れる」という考えを捨ててください。

そして、ライブ会場は、自分に興味を持ってくれたお客様の連絡先を手に入れる場所であると考えてください。

これだけでも、告知ばかりしては売れないと嘆いている、世の中のほとんどのミュージシャンと大きく差をつけることができるでしょう。

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント