ライブハウスからの出演依頼を喜ばず、冷静に対処すべき理由

Pocket

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

Twitter:@ongakuhint

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

ミュージシャン・バンド活動をしていると、ライブハウスやイベンターからライブへの出演依頼が来ることがあります。

最近では、メールやSNSのメッセージで依頼が来ることが多いようです。

また、一度出演した会場で、「次も出演してください」と依頼をされることもあります。

ライブへの出演を誘われると、ミュージシャン・バンドマンは嬉しく感じるものです。

もしかしたら、「自分の音楽活動が認められた」と感じるかもしれません。

そして、「せっかく誘ってくれたのなら」と考え、「ぜひ出演させてください」と言ってしまいます。

しかし、出演依頼が来るのは、あなたの演奏や活動が評価されたからではありません

このため、出演依頼が来ても、それを喜んで受けてはいけません。

なぜ出演依頼を喜んではいけないのか、その理由を解説します。

記事の内容を、動画でも話しました。中央の再生ボタンを押してご覧ください。

ライブ主催者はあなたのノルマで稼いでいる

DSCN0394

出演依頼について考えるとき、重要な視点があります。

それは、「ライブ主催者はどのようにしてお金を稼いでいるのか」ということです。

多くの人は、彼らはお客様の支払うチケット代やドリンク代で主な収入を得ているのだと考えています。

しかし、そうではありません。

ライブハウスやイベンターの主な収入源は、あなたが支払うチケットノルマなどの出演費用です。

 

チケットノルマ制では、集客がノルマに届かなくても、出演者が不足分の自腹を切ります。

このため、出演者がお客さんを呼べても呼べなくても、主催者の収入はほとんど変わらないのです。

したがって、出演者が増えれば増えるほど、彼らの収入は大きくなります。

 

彼らは、ビジネスとしてライブを主催しています。

彼らがあなたに出演依頼をするのは、単なる営業活動と同じです。

決して、あなたが特別だから誘っているわけではありません。

パン屋がパンを売ろうとするのと同じように、ライブ主催者は出演枠を売ろうとしているだけなのです。

 

ただし、出演を依頼する際、彼らの多くはあなたの演奏を褒めてきます。

「かっこよかったから、またうちに出てよ」

「演奏を聴いて感動したので、ぜひ出演してほしい」

もちろん、彼らが100%お世辞を言っているとは言いません。

私たちもライブを主催していますが、出演者の良かったと思う点は素直に伝えるようにしています。

 

しかし、出演者の演奏を持ち上げて、何とか出演してもらおうとする主催者が多いのもまた事実なのです。

ただ、多くの人はこの内情を知らないため、「あの主催者さんは私のことを評価してくれているから…」と勘違いしたまま、ライブに出演し続けます。

 

また、「せっかく誘ってくれたから」と考え、依頼されたライブにはすべて出演してしまう人もいます。

しかし、出演を依頼されたライブにすべて出演するのは、店員にすすめられた商品をすべて購入するのと同じです。

このようなことをしていては、お金がいくらあっても足りなくなってしまいます。

ライブへの出演を依頼されたときは、「彼らがどのようにして稼いでいるのか」を思い出し、冷静に対処するようにしましょう。

出演の場は自分の意志で慎重に選ぶ

DSCN5081

プロを目指す人であれば、誘われるままにライブ活動をしてはいけません。

出演依頼は無限に来るため、すべてを承諾していては、時間もお金も奪われてしまいます。

ライブをする場所はもちろん、本数、ペースに至るまで、自らの意思で選ぶ必要があります。

 

・共演者の集客力はどうか

・立地、設備、音響はどうか

・ジャンルや系統の近い人と共演できるか

・出演者やお客様に対する接客姿勢はどうか

 

このような判断基準から、出演価値を冷静に見極めるようにしてください。

自分から申し込むか、出演依頼を受けたかは、まったく関係ありません。

あなたにとって価値があると思えば、出演をすれば良いだけです。

そうでないと思う場合は、出演しなければ良いだけです。

 

ここまで述べたように、ライブへ出演依頼をされるのは、あなたの活動が評価されたからではありません。

このため、出演を依頼されたからといって喜ばず、出演の場を冷静に選ぶ必要があります。

これにより、プロを目指すライブ活動で成功することができます。

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント