チケットノルマの仕組み:ライブハウス出演のお金・費用を理解する

Pocket

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

Twitter:@ongakuhint

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

ライブハウスに出演をする際は、さまざまな形でお金が発生します。

そのなかでも、最も代表的な仕組みとして「チケットノルマ制」が存在します。

チケットノルマとは、ライブに出演するにあたって、主催者から課せられるチケットの販売ノルマです。

 

ただし、ライブ活動を始めたばかりの人にとっては、少し分かりにくい仕組みになっています。

そこで、今回の記事では、ライブハウスのチケットノルマの仕組みについて解説します。

なお、内容は下の動画でも詳しく解説しています。

チケットノルマの仕組み

01

チケットノルマを決定しているのは、ライブの主催者です。

ライブハウスが主催しているライブであれば、会場が決定しています。

あるいは、外部のイベンターが主催しているライブであれば、イベンターが決定しています。

 

チケットノルマは、多くの場合【チケットの金額】×【枚数】という形で表現されます。

例えば、チケットノルマが【1,500円】×【20枚】だとします。

これは、「1,500円のチケットを20枚売ってください」という意味です。

 

チケットの金額やノルマの枚数は、主催者によって大きく異なります。

多くの場合は、主催者のホームページなどに記載があると思いますが、無い場合もあります。

このため、出演を申し込む前に、きちんと確認をしておくことが重要です。

 

それでは、チケットをノルマの枚数まで売れなかった場合、どうなるのでしょうか。

あるいは、ノルマの枚数以上売った場合、どうなるのでしょうか。

 

まず、チケットの売り上げ枚数が、ノルマに届かなかったとします。

この場合、出演者が差額を自ら負担して主催者に支払う必要があります。

 

例えば、15枚しか売れなかった場合、不足している5枚分(=20-15)の金額7,500円(=1,500×5)を、出演者が主催者に支払います。

「手持ちのお金が足りずに払えない」ということがないよう、注意してください。

 

逆に、チケットの売り上げ枚数が、ノルマ以上になったとします。

このケースでは、出演者は報酬を手に入れることができます。

この報酬をチャージバックチケットバック、またはバックといいます。

 

そして、ノルマを上回った売り上げのうち、出演者がチャージバックとして受け取れる比率を「チャージバック率」と言います。

 

例えば、チャージバック率が100%なら、ノルマを上回った売り上げの全額を受け取ることができます。

50%の場合は、ノルマを上回った売り上げの半分を受け取れます。

 

例えば、チケットが25枚売れたとします。

このとき、出演者が手に入れるチャージバックは、次のようになります。

 

★チャージバック率100%の場合

(1,500円×25枚 - 1,500円×20枚)× 100%(=1.00) = 7,500円

 

★チャージバック率50%の場合

(1,500円×25枚 - 1,500円×20枚)× 50%(=0.50) = 3,750円

 

チャージバック率も、主催者によって異なります。

こちらも、チケットノルマと同様に、出演を申し込む前にきちんと確認をすることが大切です。

「集客」ができれば、ライブをしてお金を稼げる

a

チケットノルマ制を「ライブをするのにかかる費用」とだけ考えている人は多いです。

確かに、お客様を呼べなければ、あなたはお金を払う必要があります。

しかし、あなたが集客をすることができれば、ライブをしてお金をもらうことができます

 

ライブでお金をもらうことができれば、アルバイトをして活動費用を稼ぐ必要もなくなります。

そして、さらにうまくいけば、音楽活動で生計を立てることすら可能になるのです。

 

「良い演奏をする」ことも大切ですが、それだけで集客をするには限界があります。

だからこそ、「集客」の手法を勉強しなければなりません。

 

その手法については、当サイトの他の記事でも解説していますので、ぜひ読んでみてください。

また、無料メルマガでは、事務所やレコード会社に所属しなくても音楽で生計を立てていけるレベルまで集客できるようになる具体的手法を、動画で解説しています。

こちらもぜひご登録いただき、お役に立てていただければと思います。

無料メルマガ登録ページへ

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント