盛り上がるライブパフォーマンスをする2つのコツ

Pocket

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

Twitter:@ongakuhint

「手を左右に振る」「拳を振り上げる」「客席を指差す」など、ライブパフォーマンスには様々な動作があります。しかし、同じ動作をしても客席を盛り上げられる人と、盛り上げられない人がいます。

この違いは、ライブパフォーマンスにおける動きの硬さにあります。盛り上げられる人の動きは自信に満ちているように見えます。逆に、盛り上げられない人の動作はどこか硬く、ぎこちなく映ることが多いです。

動きの硬さは素人の目で見てもすぐに分かるため、それが伝わってしまった途端にライブは盛り上がりづらくなります。逆に、堂々とパフォーマンスをしているように見せることができれば、さらに客席を盛り上げることができます。

動きの硬さを取り除き、堂々としたライブパフォーマンスを行うためのポイントは2つあります。それは、「あらかじめ場面ごとのパフォーマンスを決めておく」ことと、「動きを大きくする」ことです。

広告

あらかじめ場面ごとのパフォーマンスを決めておく

ライブパフォーマンスで客席を盛り上げられないミュージシャンのパターンとして、「ライブのどの場面でどのパフォーマンスを行うかを、練習段階からはっきりと決めていない」というものがあります。

つまり、歌や楽器に関してはきちんと練習を重ねてライブに臨む反面、ライブパフォーマンスについてはほとんど練習を行わないのです。

しかし、あらかじめ決めていない動作を、いきなり本番で急に行おうとしても難しいです。練習段階で準備していないことを本番でいきなり行おうとするため、とても硬い動作になってしまうことが多いです。

例えば、間奏で拳を振り上げて客席を煽るパフォーマンスを行うとします。この場合は、事前に「この曲のこの間奏では拳を振り上げる」とあらかじめ決めておくようにします。そして、事前に練習も重ねておくことができれば、ライブの本番でも極めて自然にその動作を繰り出すことができるようになります。

しかし、いざ本番でその場面が来たときに、思いつきでいきなり拳を振り上げようとしても、どうしても硬くぎこちない動作になってしまいます。また、間奏の途中になってから拳を振り上げはじめるなど、自然さに欠けるライブパフォーマンスになってしまうことも多いです。

そのため、どの場面でどのパフォーマンスを行うかをあらかじめ決めておき、練習を重ねる必要があります。

例えば、練習する際、歌詞や楽譜に「手拍子を煽る」「拳を振り上げる」「手を左右に振る」など、場面ごとに行うパフォーマンスを書き込んでいくことが有効です。そして、これを見ながら、歌や演奏と同時にライブパフォーマンスの動きも練習しておくようにします。

練習段階から、歌や演奏だけではなくライブパフォーマンスもしっかり反復練習をしておくことで、本番でも自然にその動作を繰り出すことができるようになります。

このような準備と練習を行うことにより、自信に満ちたライブパフォーマンスをし、客席を盛り上げることができるようになります。

広告

あらゆる動きを大きくする

ライブパフォーマンスで客席を盛り上げることができない2つ目の要因として、全体的に動きが小さいということがあります。ステージの上にいるあなたは大きく動いているつもりでも、客席の後ろから見たら小さな動きになってしまっていることは多いです。

動きが小さいと、たとえあなたが自信満々でパフォーマンスをしていたとしても、客席からはためらったり恥ずかしがったりしているように見えてしまいます。

例えば、手を伸ばす動作を行う際は、手をまっすぐに伸ばしきるようにします。「ちょっと動きが大きすぎるのではないだろうか」と思うくらいの意識で、すべての動作を行うことが重要です。

大きな動きをすることで、自信に満ちて堂々としているように見えます。そして、それが伝わることで客席が盛り上がりやすくなります。

ライブ終了後は、ライブハウスの録画サービスを利用するなどし、自分の動きが客席から見て小さなものになっていないかを必ず確認するようにしてください。これを行うことで、毎回ライブを行うごとに、ライブパフォーマンスを向上させていくことができます。

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント