ミュージシャンやバンドマンが、CDやグッズを制作すべきタイミング

Pocket

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

Twitter:@ongakuhint

音楽活動を始めたばかりのとき、多くの人はミュージシャンやバンドとしての商品を開発しようとします。例えば、「CD」や「グッズ」などがこれに該当します。

しかし、音楽ビジネスでは、人気のないうちからCDやグッズを制作すると必ず失敗します。これを行うと、あなたの貴重な時間とお金が奪われるだけで終わってしまいます。

ビジネス感覚:商品を開発するタイミング

音楽に限らず、ビジネスでは「商品」と「お客様」が必須となります。なぜなら、販売する商品とそれを購入するお客様がいて、はじめてお金を稼ぐことができるからです。

そして、商品を開発するのには多大な資金と時間がかかります。例えば、あなたが「CD」という商品を作るとします。このとき、あなたはレコーディングやスタジオに対して多額の料金を支払います。また、レコーディングそのものはもちろん、それに向けた練習にも多くの時間を費やすことになります。

もちろん、このように資金と時間を投入した結果、大量のファンがあなたのCDを購入してくれるのであれば問題ありません。なぜなら、商品開発に投入した資金と時間を、販売によって取り返すことができるからです。

それでは、このCDが売れなければどうでしょうか。あなたは制作のために多くの時間を奪われたうえに、多額の赤字を抱えることになります。

なぜこのようなことになってしまうかというと、あなたが「お客様がいないうちに商品を開発した」ことに原因があります。つまり、売れる見込みがないにも関わらず、大量の資金と時間を投入して商品を開発してしまったのです。

ビジネスでは、売れる見込みのない商品を制作してはいけません。商品を制作するのは、それを購入する人がいると予想される場合のみです。

これを理解している企業であれば、「売れる」と判断した商品しか制作しません。少なくとも、それを買うであろう「お客様」がほとんどいない状況で、商品開発に多大な時間と資金を投入することは絶対にありません。

なぜなら、商品が売れなければ、赤字しか残らないからです。最悪、企業は従業員の給料を払えず倒産してしまいます。

本来であれば、ミュージシャンやバンドマンもこのようなビジネス感覚を持つ必要があります。つまり、まだファンを獲得できていない時点では、CDやグッズを制作してはいけないのです。

CDやグッズの制作はファンを獲得してから

アマチュア音楽業界には、ミュージシャンやバンドマンを相手にビジネスを展開している業者がたくさんいます。例えば、レコーディングスタジオや、グッズの制作業者などがこれに該当します。

そして、彼らはあなたに対して「CDを制作しませんか」「バンドTシャツを制作しませんか」というオファーをしてきます。つまり、「ミュージシャンやバンドとしての商品を持ちませんか」という話を持ちかけてくるのです。

多くのミュージシャンやバンドは、これらの話に飛びつきます。買ってくれるであろうファンがほとんど獲得できていない状況にも関わらず、CDやグッズを制作しようとします。

その結果、売れる見込みのない商品を開発するために、多くの時間とお金を奪われます。そして、いざ販売をしてみても購入者がいないため、貴重な時間とお金を失って終わります。

多くのミュージシャンやバンドマンは、ファンをほとんど獲得していない状態で、いきなりCDやグッズを制作しようとします。しかし本来であれば、ファンを獲得して売れる見込みを作った後で商品を開発する必要があります。つまり、順番が逆です。

「商品を開発し、それからファンを獲得する」のではありません。「ファンを獲得してから商品を作る」という順番で問題ありません。したがって、ファンを獲得するまでは、商品が無くても問題ないのです。

特に活動当初は、いきなりCDやグッズを制作しようとしてはなりません。まずは、自分のファンを獲得することだけに全力を尽くしてください。商品の開発は、その後になってからでも十分間に合います。

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント