「興味の移動」を理解し、あなたの音楽活動に興味を持ってもらう方法

Pocket

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

Twitter:@ongakuhint

ミュージシャンやバンドマンがファンを獲得する過程では、「誰も自分の音楽には興味がない」という前提で臨まなければなりません。厳しいようですが、これは紛れもない事実です。

その証拠に、ホームページや無料音源をネットに掲載しても、ほとんどアクセスは集まりません。また、ライブハウスなどに無料CDを設置しても、手に取る人はほとんどいません。

このように、誰もあなたの音楽になど興味はないのです。ただ、簡単に諦めてはいけません。大切なのは、「どうすれば興味を持ってもらうことができるのか」という発想です。

情報発信の順番を変える

あなたが、いきなり「私はこんな音楽活動をしています」という情報発信をしても、ほとんどの人は興味を示しません。ほとんどのミュージシャンやバンドマンがファンを獲得できないのは、ここに理由があります。

それではどうすれば良いかというと、情報発信の順番を変える必要があります。いきなり自分の音楽活動について発信しようとするのではなく、まずは相手が興味を持つ情報だけを発信することを考えます。

例えば、あなたが「●●という有名歌手のファン」をターゲットにするとします。このとき、●●のファンは基本的に●●にしか興味がありません。したがって、あなたの音楽活動をいきなりアピールしても無駄です。

ここで発想を変え、まずはターゲットが興味を持つ情報を発信するようにします。例えば、「●●の楽曲をカバーして動画サイトに公開する」「●●のライブDVDを見た感想をブログに書く」などをすればどうでしょうか。これにより、●●のファンをあなたのコンテンツに誘導することができます。

このように、「相手が興味がある情報」を繰り返し発信し、満足してもらうことだけを考えます。これを繰り返すうちに、ようやく相手は情報発信者であるあなたに興味を持つようになります。

例えば、あなたの好きなブログなどを想像してみてください。そのブロガーは、あなたが興味を持てる内容を毎日のように投稿して楽しませてくれます。

このとき、あなたは「この面白いブログを書いている人はどんな人だろう」という気持ちになると思います。つまり私たちは、興味深い情報を提供されると、その情報発信者に対しても興味を持つようになるのです。

あなたも、これの逆を行わなければなりません。つまり、相手が興味のある内容だけを繰り返し発信することで、相手が発信者であるあなたに興味を持つように仕向けるのです。

これにより、はじめてあなたの音楽活動に対して関心を向けてもらうことができます。

あなたの音楽に興味を持たせる順番

あなたが、自分の音楽活動に対して興味を持ってもらいたいとき、お客様の興味対象は必ず次の順番で移動していきます。

(1)相手の興味があるコンテンツ

(2)発信者(あなた)

(3)あなたの音楽活動

お客様は基本的に、「自分が興味があること」にしか興味を示しません。そこで、あなたはまず相手が興味を持つ情報だけを大量に発信する必要があります。

これを継続していると、お客様の興味がようやく情報発信者であるあなたに向いてきます。「いつも面白い情報を提供してくれるこの人は何者だろう」という感覚です。これにより、やっとあなたの音楽活動に興味を持ってもらえるようになるのです。

このように、お客様の興味対象が、(1)→(2)→(3)の順番で移動することを、「興味移動の法則」といいます。

この法則を理解すれば、自分の音楽活動に対して関心を向けてもらう方法が見えてきます。ネット・リアルを問わず、ファンを獲得するプロセスにおいては、必ずこの法則を意識するようにしてください。

これにより、お客様の興味をあなたに向けさせることが可能になります。

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント