音楽仲間同士でチケットやCDを購入し合うのは無意味

Pocket

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

Twitter:@ongakuhint

あなたは、音楽仲間のライブに足を運んだことはあるでしょうか。

例えば、ライブハウスなどで共演したミュージシャンのライブに、お客様として足を運んだ経験があるかもしれません。このとき、純粋に相手の音楽が好きだったり、相手のライブを見て勉強をしたりするために足を運ぶのであれば問題ありません。

しかし、ミュージシャンの中には、「自分のライブに来てもらうために、音楽仲間のライブに足を運ぶ」という人がいます。

つまり、見返りとして自分のライブに来てもらうためだけに、他人のライブに足を運ぶのです。言い換えれば、「いつも相手にはライブに来てもらっているので、自分も相手のライブに行かないと申し訳ない」という義理で、相手を集客しようとするのです。

もしかしたら、今のあなたはこの手法で集客を行っているかもしれません。し かし、この手法で相手があなたのライブに来てくれたとしても、相手はあなたの音楽を評価しているわけではありません。

さらに言えば、行きたくないライブに仕方なく時間をお金を使っているという状況になります。このため、相手はあなたに対して嫌悪感を覚えるようになります。

相手に嫌悪感を与える集客手法をしていると、悪い口コミが広がる可能性もあります。このため、もしあなたがこのような方法で集客を行っている場合は、すぐにこれをやめるべきです。

音楽仲間同士で商品を買い合う行為

アマチュア音楽業界では、集客に困るミュージシャン同士が「お互いの集客を増やすために、ライブに足を運びあう」「CDの売り上げを伸ばすために、お互いのCDを買う」などの行為が平然と行われています。

もちろん、あなたが趣味で音楽をやっているのであれば全く問題ありません。しかし、プロを目指すのであれば、ぜひ一度考えてみてください。好きでもないのにお互いの商品を購入しあって、一体なんの意味があるのでしょうか。

それよりも、純粋に「この人のライブに行きたい」「この人のCDが欲しい」と思ってくれる人を増やしたいと思わないでしょうか。そして、このような人にだけ、あなたの作品を買ってもらいたいと思わないでしょうか

これができないのであれば、プロとして音楽で食べていくことは難しいでしょう。よって、もしあなたが、このように義理でお互いの作品を買い合うようなことをしているとしたら、心を入れ替える必要があります。そうではなく、進んであなたの商品を欲しいと思う人を増やし、その人たちを集客するにはどうすれば良いかを必死で考える必要があります。

付き合いでの商品購入は時間とお金の無駄

「音楽仲間同士でチケットやCDを買い合う」という手法は、ビジネスという観点から見ても無意味です。つまり、この手法で相手を集客できたとしても、あなたが音楽でお金を稼ぐことには全く繋がりません。

例えば、あなたが「義理」でライブに来てもらうために、相手のライブにも行かなければならないとします。このとき、あなたは相手にチケットを買ってもらい、収入を得ることができます。しかし、これと同時にお金を支出して、相手のチケットを購入しなければなりません。

お互いのチケットの料金がほぼ同じであると考えた場合、あなたの収入と支出の合計はプラスマイナスゼロということになります。このため、あなたは永遠に音楽活動で黒字を出すことはできません。

したがって、自分の集客を増やすために音楽仲間の作品を買ったり、ライブに行ったりするのは時間とお金の無駄です。あなたの貴重な時間とお金は、あなたの純粋なファンを獲得するためだけに使うようにしてください。

あなたの周囲にも、義理であなたを集客しようとする人がいるかもしれません。このような人は、「私はあなたのライブに行っているのだから、あなたも私のライブに来てください」などと平気で言います。

もちろん、あなたが相手の作品や音楽に触れたいと思うのであれば、その人のお客様になっても良いです。しかし、そうでないのであればはっきりと断りましょう。

それがあなたのためであると同時に、相手のためにもなります。あなたの貴重な時間とお金は、純粋なファンを増やしていくためだけに使うべきなのです。

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント