音楽活動で成果を得るために最も学び取るべき本質とは

Pocket

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

Twitter:@ongakuhint

あなたが音楽活動で成果を出すまでの過程は、すべて次のような3つの段階に分けることができます。

思考 → 行動 → 成果

例えば、ファンに向けてライブのお知らせをする場合を考えます。

 

まず、頭の中で「ファンに向けてライブのお知らせをしたい」と頭の中で思考します。

次に、「メルマガを書く」「SNSに投稿する」などの行動を実際に取ります。

そして、「●●人がライブに来てくれた」という成果を得ます。

 

あなたも、音楽活動で何らかの「成果」を得たいと思っているはずです。

例えば「ワンマンライブに100人を集客したい」「音楽活動で月収20万円を達成したい」など、何らかの獲得したい成果があるからこそ、このサイトやメルマガを読んでくださっているのだと思います。

それでは、あなたは私から学ぶにあたって、「思考・行動・成果」のどこを学び取ろうとしているでしょうか。

成果を出すために最も着目すべきポイント

目の前に「思考→行動→成果」という3つの段階を提示されたとき、ほとんどの人は「行動」だけを学ぼうとします

つまり、ファンを獲得するために必要な「行動」だけを知りたがります。

 

例えば、バンドマンやミュージシャンがインターネットに演奏を掲載する場合、私はカバー曲を多く掲載することを推奨しています。

このとき、多くの人は「カバーを演奏すれば良いのか!」と、私が提唱する「行動」にだけ注目します。

 

一方で、成果を出せる人は、必ず「思考」に着目します。

つまり、「なぜカバーを演奏しなければならないのか」という思考の部分を学び取ろうとします。

 

それではなぜ、「思考」に着目する人だけが成果を得ることができるのでしょうか。

 

例えば、あなたが集客に大きく成功したバンドマンやミュージシャンに会えたとします。

このとき、その人の行動をそのまま真似しても、同じように成功できるとは限りません。

 

なぜなら、人によって音楽のジャンルや方向性、ファンの年齢層などが異なるからです。

この違いがある限り、成功者の行動をそのまま真似しても、同じ成果が出るとは限りません。

結局のところ、「これさえやれば誰でも成功できる」というような魔法のテクニックは、残念ながら存在しないのです。

 

また、得意分野も人によって異なります。

例えば「文章を使った情報発信をしましょう」と言ったところで、ブログに長文を書くことが得意な人もいれば、ツイッターに短文を投稿することが得意な人もいます。

 

ただ、どんなバンドやミュージシャンであっても、「どのような考え方をすればファンを獲得できるのか」という「思考」の部分は同じです。

つまり、「誰でも成果を出せるテクニック」は存在しないものの、「誰でも成果を出すための思考法」は存在するのです。

 

その「思考」さえ体得すれば、そこから「自分の場合はどうすれば良いだろうか」と考えることができるようになります。

そして、成果を出すために最適化された「行動」を自ら導き出すことができるようになります。

「思考」に着目し、最適な「行動」を導き出す

音楽活動で成功するためには、「思考」に着目しなければなりません。

成果を出す人は全員「思考」を学び取り、そこから自分が取るべき「行動」を編み出そうとします。

 

このことを念頭に置いて、私のサイトやメルマガを読むようにしてみてください。

すると、私が提供する情報はすべて「思考→行動→成果」という順番に基づいていることに気づくはずです。

 

例えば、私はいきなり「これを行いましょう」と行動の部分から話し始めることはありません。

その前に、「なぜそれを行う必要があるのか」という「思考」の部分を必ず説明するようにしています。

 

私のサイトやメルマガでは、具体的な行動も数多く紹介しています。

しかし、「なぜそれを行わなければならないのか」という部分にこそ、最も学び取るべき本質があります。

 

「思考」さえ体得できれば、あとはそれを自分に当てはめるだけで、成果を出すために最適な「行動」を自ら編み出すことができるようになります。

これが、あなたが音楽活動で成果を得るための必須条件です。

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント