ミュージシャン・バンドマンが謙遜すると、お客様に失礼な理由

Pocket

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

Twitter:@ongakuhint

ミュージシャンやバンドマンとして人気を集めていきたい場合、お客様に絶えず良い印象を与えていく必要があります。

しかし、無意識のうちに悪い印象を与えてしまう人がいます。それは、自分のことを謙遜するミュージシャンやバンドマンです。

ミュージシャンやバンドマンが謙遜してはならない理由

音楽活動でお客様からお金を頂こうとするとき、あなたは自分を謙遜してはいけません。

ミュージシャンやバンドマンの中には「まだまだ下手くそですが...」「未熟者ですが...」と口癖のように言う人が多くいます。ただ、ファンやリスナーの前では、このような言葉は使わないようにする必要があります。

ミュージシャンやバンドマンは、良質な音楽を提供してくれると思われています。そして、ファンやリスナーは「下手」や「未熟」な演奏者に対してお金を払いたくありません。質の高い音楽を提供してくれると思うからこそ、お客様は貴重なお金と時間をあなたに対して使ってくれるのです。

これを無視して、ライブのMCやネット上などで「下手くそですが...」などと謙遜するのは、お金や時間を使ってくれるファンやリスナーに対して失礼です。

例えばあなたが、お金を出してギター教室に申し込んだとします。このとき、講師が「僕みたいな未熟者のレッスンを申し込んでくれてありがとうございます」などと言ったら、あなたは申し込んだことを後悔するでしょう。

そうではなく、「僕が必要なすべての技術を教えるので、練習さえすれば必ず上達できます」と力強い言葉を発してくれた方が、「申し込んでよかった」と感じるはずです。

あるいは、あなたが好きな歌手のCDを購入したとします。その後、その歌手が雑誌のインタビューで「今回のCDにはあまり自信がなくて...」と言っていたら、購入したあなたは失望するでしょう。

むしろ、「今回のCDは自信を持てる最高の出来になった」と頼もしい言葉が聞きたいはずです。それでこそ、「CDを買って本当に良かった」と思うはずです。

このように、あなたも「最高の音楽をお届けします」と、堂々と自信を持ってお客様と接するようにしましょう。

あなたを選んでくれるお客様への礼儀とは

謙遜するミュージシャンやバンドマンは、悪気があってそれを行っているわけではありません。むしろ、謙虚さを示すことで、お客様にプラスの印象を与えようとしていることが多いです。

事実、謙遜をすることで相手に好印象を与えられることは多々あります。しかし、商品やサービスを提供してお金を頂く側の人間が謙遜をしてしまうと、かえって相手を不快にさせてしまう可能性があります。

お客様からお金や時間を頂いておきながら「未熟ですが...」と言ってしまうのは、お客様に対して「あなたは未熟者に対してお金と時間を使っています」と言っていることと同等であり、とても失礼なことです。

お客様から時間とお金を頂く以上、過度に自分を謙遜してはなりません。むしろ「最高のものをお届けします」と自信に満ちた態度を示す必要があります。

例えば、ライブの冒頭であいさつをするとします。このとき、「自信はまだ無いのですが…」と言うのと、「最高のライブを約束します」と言うのでは、どちらがわざわざ来てくれたお客様を喜ばせることができるかは明白です。

心の中では自分のことを「下手」で「未熟」だと思っていたとしても、自分を謙遜せず堂々と振る舞ってください。それがあなたというミュージシャン・バンドを支持してくれるお客様に対する、最低限の礼儀です。

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント