詐欺や悪徳商法と、まっとうな音楽ビジネスの違い

Pocket

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

Twitter:@ongakuhint

「音楽でお金を稼ぎましょう」と言われたとき、あなたは何を想像するでしょうか。もしかしたら、「人を騙す」「商品を無理やり売りつける」などの行為を想像するかもしれません。つまり、詐欺や悪徳商法です。

しかし、私は一切このような行為を推奨していません。むしろ、良い音楽を提供することでお客様に喜んでもらい、その対価としてお金を受け取るまっとうな音楽ビジネスだけを薦めています。

そして、お金儲けの悪いイメージとしてたびたび連想されるブラックなビジネスと、まっとうな音楽ビジネスは全く違います。そして当然、あなたはまっとうな音楽ビジネスだけを行うようにしてください。

詐欺や悪徳商法で稼げるのは一瞬だけ

ブラックなビジネスと、まっとうな音楽ビジネスは、そもそもその社会的な価値が全く異なります。そして、「お金を稼ぐことができる期間」にも大きな違いがあります。

詐欺や悪徳商法などのブラックなビジネスを行えば、あなたは大きく稼ぐことができます。しかし、稼ぐことができる期間は一瞬だけです。

なぜなら、あなたに関する悪い評判がすぐに広まり、商品を買おうとする人が誰もいなくなるからです。さらに、法に反する行為をして逮捕されてしまう可能性すらあります。

アマチュア音楽業界にも、数多くの悪徳業者が存在します。例えば、「出演費用を前払いさせて音信不通になるイベンター」「メジャーレーベルとの関係を偽装し数百万円を騙し取る音楽事務所」などがあります。

確かに、彼らは短期的には大きく稼ぐことができます。しかし、悪評はすぐに広まり、誰もが彼らから距離を置くようになります。さらには、代表者が逮捕されるという事態に発展することすらあります。

このように、「悪い金儲け」の一例としてたびたび連想される詐欺や悪徳商法では、稼ぐことができるのは一瞬だけです。最初は大きく稼げたとしても、人が離れていったり逮捕されたりすることで、すぐに稼げなくなります。

それでは、あなたが「本当に価値があるものを提供し、対価としてお金を頂く」というまっとうな音楽ビジネスをすればどうでしょうか。

本当に価値があるものだけを提供するため、一度商品を買った人の多くがリピーターになってくれます。また、あなたの良い評判が口コミでどんどん広がっていきます。

このため、あなたのもとには絶えることなくお客様が集まり続けます。したがって、10年・20年という長期間にわたってお金を稼ぎ続けることが可能になります。

このように、ブラックなビジネスとまっとうな音楽ビジネスでは、稼ぐことができる期間が全く異なります。詐欺や悪徳商法で稼ぐことができるのは一瞬ですが、健全な音楽ビジネスでは何十年にもわたって稼ぐことができます。

まっとうな音楽ビジネスを行い、長期にわたってお金を稼ぐ

お金儲けに対する悪いイメージを持っていると、なかなか音楽でお金を稼ぐことができません。このため、悪いお金儲けとしてたびたび連想される「ブラックなビジネス」と、お客様に感謝される「まっとうな音楽ビジネス」は、全く違うということを理解する必要があります。

もちろん、これを読んでいるあなたは「ブラックなビジネスをしよう」とは最初から思っていないはずです。この場合であれば、まっとうな音楽ビジネスだけを行い、長きにわたってお金を稼ぐことが可能です。

詐欺や悪徳商法を行う人は、短期的な目線しか持っていません。このため、稼ぐことができるのは一瞬であり、すぐに商品を売ることが出来なくなってしまいます。

私はすでに10年近く、アマチュア音楽業界に身を置いています。そして、多くのミュージシャンやバンド、さらには業者を見てきました。その中でずっと生き残っているのはやはり、まっとうな音楽ビジネスをしている人ばかりです。

したがって、あなたもまっとうな音楽ビジネスだけを行うようにしてください。それこそが、あなたが長期にわたって音楽でお金を稼ぐ唯一の方法です。

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント