「自分には音楽の才能がない」と思ったときの考え方

Pocket

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

Twitter:@ongakuhint

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

音楽でプロになることを諦めてしまう人の中には、「自分には才能がない」と嘆く人がいます。

あるいは、音楽で成功できない人のことを、「あの人には才能がない」などと言う人がいます。

 

このように、音楽の世界では「才能」という言葉を頻繁に耳にします。

このため、あなたも「自分には音楽の才能があるのだろうか」と疑問に思ったり、「自分には才能がないのではないか」と落ち込んだりすることがあるかもしれません。

 

しかし、もしあなたが音楽で成功したいのであれば、「自分には才能があるかどうか」などと考えるのは一切やめてください

このことについて考えるのは時間の無駄です。

そこで、なぜ才能について考えることが時間の無駄であるのかを、以下の文章と動画で説明します。

 

才能について考えるのは時間の無駄

音楽に限らず、あらゆる分野で成功者になるために必要であるとされる2つの要素として「努力」と「才能」があります。

「努力すれば必ず成功できる」と言う人がいる一方で、「成功には才能が不可欠である」と言う人もいます。

 

例えば、スポーツの世界では「この選手は努力型か天才型か」という議論が頻繁に交わされます。

つまり、この選手が活躍しているのは努力によるものなのか、それとも才能によるものなのかという議論です。

 

しかし、私たちは永遠にこの議論に対する結論を出すことはできません。

例えば、ある選手が出した成果のひとつひとつを、「これは努力のおかげ」「これは才能のおかげ」と分類することは不可能です。

 

音楽の世界においても、これは同じです。

例えば、圧倒的な歌唱力を持つボーカリストがいたとします。

このとき、その技術が必死の努力によるものなのか、もしくは生まれつきの才能によるものなのかを判断する方法は存在しません。

これは、ボーカリスト本人でさえ、結論を出すことはできないはずです。

 

また、技術面だけではなく、ビジネス面での成功にも同じことが言えます。

例えば、ヒット曲を連発するミュージシャンが、努力によって売れているのか、あるいは才能によって売れているのかを、誰も判断することはできません。

 

したがって、あなたが「自分には音楽の才能があるかどうか」を考えることは、単なる時間の無駄であると言えます。

なぜなら、いくら考えたところで永遠に結論が出ないからです。

もし結論を出せたとしても、生まれ持った才能を変えることはできません。

よって、このようなことを考える暇があるのならば、その時間を使って目標に向かって努力をした方が賢明です。

 

「才能がない」ことを言い訳にしない

1ef3f317dee230bb0b0a0ad0ed5860b1_s

音楽活動で成功するすべての人に共通する点があります。

それは、「なかなか成果が出なくても絶対に諦めない」ということです。

逆に言えば、簡単に諦めてしまう人は、プロのミュージシャンには向いていないということになります。

 

このため、もしあなたが「自分には才能がない」と自覚したり、誰かに「君には才能がない」と言われたりしただけで、すぐに諦めてしまうのであれば、最初からプロのミュージシャンには向いていなかったと言わざるを得ません。

 

実際のところ、音楽活動に真剣に取り組んでも、なかなかその成果は現れてきません。

例えば、一生懸命練習してもなかなか演奏が上達しないことがあります。

また、さまざまな集客方法を必死に試しても、全く人を集められないことがあります。

 

このような壁に直面したとき、すぐに諦めてしまうのか、それとも諦めずに努力を続けることができるのかが、あなたが成功者になれるかどうかの分かれ道です。

成功する人は、たとえ自分に才能がないことに気づいたからといって、簡単に目標を諦めたりすることは絶対にありません。

 

むしろ、その悔しさを発奮材料にして、一層の努力を自分に課していきます。

「自分には才能がないから音楽の道を諦めます」という言葉は、一見とても潔いように聞こえます。

しかし実際は、「成功できない要因は自分の努力不足にあるのではなく、生まれつき才能がないから仕方がない」という言い訳をしているに過ぎません。

 

そのため、才能がないから音楽で成功できないという考え方を捨てる必要があります。

そして、まだ努力が足りていないから音楽で成功できないのだと考えることが大切です。

 

このように、音楽活動でなかなか成果が出ないとき、多くの人は「自分には才能がない」と思い込みがちです。

あるいは、周囲の人間があなたに対して「君には才能がない」と言うことがあるかもしれません。

この場合、それらの思い込みや周囲の声をすべてシャットアウトし、努力だけを愚直に重ねていくようにします。

これを行うことで、音楽活動の成功者に近づくことができます。

 

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント