歌や楽器の練習などを習慣化する2つのコツ

Pocket

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

Twitter:@ongakuhint

6

音楽活動では、毎日少しずつ努力を重ねることが重要となります。

そして、毎日努力を積み重ねることができれば、必ず大きな成果を出すことができます。

 

例えば、1時間の練習を365日継続することができれば、あなたの技術は大きく上達するでしょう。

1日1回の情報発信をインターネット上で365日継続できれば、多くの人があなたに興味を持つようになるでしょう。

 

そして、毎日努力を積み重ねるためには、練習や作業を習慣化することがとても大切です。

あなたの練習や作業を、「歯を磨く」「シャワーを浴びる」のと同じように習慣化するのです。

行動を習慣化することで、その行動を「意識的に」行う状態から、「無意識に」行える状態へと変えることができます。

 

このため、一度習慣になってしまえば、地道な練習や作業を毎日行うのは簡単です。

ただし、一度行動を習慣化するまではとても大変です。

 

「三日坊主」と言う言葉があるように、多くの人はなかなか行動を継続できず挫折を経験します。

新しい習慣を身につけるにあたっては、2つのコツが存在します。

それは、「小さなことから習慣化する」ことと、「時間を決める」ことです。

小さなことから習慣化する

DSCN5139

新たな習慣を身につけようとするときは、必ず小さなことから習慣化するようにしなければなりません。

例えば、今までまったく楽器を練習しなかった人がいたとします。

彼が、「楽器を毎日3時間練習する」習慣を身につけようとする場合を考えます。

 

今まで練習をしなかった人にとって、3時間の練習をすることは、たった1日だけでも大変です。

さらに、それを毎日続けるとなれば、とても苦労するはずです。

したがって、すぐに挫折することは容易に想像できます。

 

このため、新たな習慣を身につけようとするときは、いきなり大きすぎる課題を自分に課してはいけません。

なぜなら、設定する目標が大きければ大きいほど、それを習慣化するのは難しくなるからです。

そこで、まずは簡単に達成できる目標を設定し、それを一定期間継続することを目指すようにします。

 

楽器の練習であれば、「楽器を毎日10分だけ練習する」など、小さな目標を設定するようにします。

そして、これがある程度の期間継続できたら、少しずつ自分に課す課題を大きくしていきます。

 

この場合であれば、「30分」「1時間」など、少しずつ練習時間を伸ばしていきます。

これにより、最終的には毎日3時間の練習でさえ、習慣化することができるようになります。

取り組む時間を決める

0273b248eab3eea5bcecca87b1553e25_s

物事を習慣づけるための2つ目のコツとして、「そのことに取り組む時間を決める」というものがあります。

取り組む時間を決めておくことで、その時間が来たら無意識に行動を起こすことができるようになります。

 

例えば、「夕飯を食べる」「歯を磨く」などの習慣も、ある程度の時間が決まっているはずです。

おおよその時間が決まっているからこそ、その時間が来たら自然にその行動を取ることができます。

「朝起きたらメールの返信をする」「学校から帰ったら楽器の練習をする」「風呂から上がったらブログを更新する」など、身につけたい習慣ごとに、おおよその時間を設定するようにします。

 

こうすることで、朝目覚めたときには「メールの返信をしなきゃ!」と思い立つようになります。

学校から帰れば、「楽器の練習をしなきゃ!」と身体が自然に動くようになります。

 

このように、あらかじめ時間を決めておくことで、1日の流れの中で自然に行動を起こすことができるようになります。

さらには、時間が来ても行動を起こさないことに、むしろ不快感を覚えるようにすらなります。

ここまで述べたように、音楽活動における練習や作業を習慣化するには、「小さなことから習慣化する」「時間を決める」という2つのコツが存在します。

これらのコツを理解すれば、地道な努力を習慣として身につけることができます。

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント