音楽活動で成果を残すためには「素直さ」が重要

Pocket

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

Twitter:@ongakuhint

102562cadea6427e6d8b855521b8c8f3_s

音楽活動で成功したいとき、そのための知識をどのように学ぶことが効果的でしょうか。

方法は数多くありますが、その中に、指導者から直接教えてもらうことがあります。

 

すでに成果を残した人や、誰かに成果を残させた人の知恵を借りるのが、あらゆる分野で成功するための秘訣です。

逆に、自分なりのやり方だけで成果を出そうとしても、必ず壁にぶち当たります。

結局のところ、目標を達成するために無駄な時間やお金をかけてしまいます。

 

「集客を増やす」「音楽の道でプロになる」と考えたとき、多くのミュージシャンが自分なりのやり方で結果を残そうとします。

しかし、音楽活動で結果を残すまでの過程には落とし穴が無数に存在するため、なかなか成果を出すことができません。

 

そのため、まずは「集客」をマスターしている指導者から直接教えてもらうことが成功への近道です。

ただ、同じ指導者からアドバイスを受けても、成果を残せる人とそうでない人がいます。

この原因の1つに、指導を受ける側の素直さが関係しています。

成果を出す人と出さない人の違い

2fdf064992604f65aa1c6dcea6718f56_s

私はこれまで多くのミュージシャンにアドバイスを行ってきましたが、順調にファンを増やせる人とそうでない人に分かれます。

そして、順調にファンを獲得できる人は、全員素直に私が言ったことを実践します

 

では、成果を残せない人はどんな人でしょうか。その特徴として「素直ではない」ということがあります。

実際のところ、彼らが持つ悩みに対して私がアドバイスをすると、ほぼ必ず「でも私は~なので無理だ」という答えが返ってきます。

また、なかなか行動を起こそうとしません。

 

彼らがする代表的な言い訳として、「時間がない」「自分には合わない」「本当に成果が出るのか」などがあります。

そして、これらが口癖になっている人は、私がいくらアドバイスをしようとしても新たな言い訳を思いつきます。

 

いかに優秀な指導者であっても、習う側が指導内容を実践しなければ成果を残させることができません。

したがって、このように「実行に移せない言い訳」を並べられてしまうと、私も「それでは、あなたは音楽活動でファンを獲得することはできませんね」と言うしかありません。

「できない理由」より「できる理由」を考えれば成功する

1cc0a6200f88c3b3236934914a09081e_s

一方、私のアドバイスで成果を出す人は、「このようにしてください」と言われたとき、「やります」とすぐに答えます。

つまり、私の助言に素直に従い、実践をします。

 

こういったミュージシャンの中には、音楽に集中するのが困難な状況下にいる人もいます。

例えば、「実家からの仕送りが無く長時間アルバイトをしている学生」や、「朝早くから終電間際まで働いているサラリーマン」などもいます。

 

しかし、彼らは決して言い訳はしません。

むしろ、厳しい状況の下で「どうすれば音楽活動に時間を充てられるか」に焦点を当てます。

つまり、「できる」を前提に物事を考える人です。

 

私は、その姿勢にいつも心を打たれます。

そして、こういった人だけが、音楽活動の成果を着実に伸ばすことができます。

 

このことは、音楽の世界に限りません。

例えば、私は人生の中で「語学」や「スポーツ」で成果を出す人も見てきました。

 

このとき、指導者が言うことを素直に実践している人ほど成長が早いです。

逆に、いろいろと言い訳してアドバイスを実践に移さない人は、なかなか思うように結果を残せず悩んでいることが多いです。

 

もしあなたが音楽活動でなかなか成果を出せないと感じているのであれば、その原因はあなたの考え方にあるかもしれません。

無意識のうちに、できない言い訳だけを考えていないでしょうか。

そして、学んだことをきちんと実践しているでしょうか。

 

一度「この人から習う」と決めたら、そこにあるアドバイスを100%素直に実践することが成功への近道です。

そして、「実践しない理由」をすべて消し去り、「どうすれば実践できるか」という思考で活動に取り組んでください。

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント