歌手を目指すならオーディションを受けるべきでない4つの理由

Pocket

こんにちは。ライブイベント制作者・音楽プロデューサーの武藤です。

tccfmswt

Twitter:@ongakuhint

歌手を目指す人の多くが、オーディションを受けます。そして、音楽事務所への所属を目指します。

しかし、オーディションを受けるほど歌手になれないという現実を、あなたは知っているでしょうか?

この記事では、オーディションを受けるべきではない4つの理由を紹介します。そして、歌手になるために本当にやるべきことも教えます。

記事の内容を動画でも話しました。中央の再生ボタンを押してご覧ください。

あまりにも選ばれる確率が低いから

オーディションを受けるべきではない理由として、合格できる確率があまりにも低いということがあります。

歌手オーディションに受からない理由

オーディションを受けるというのは、誰でも思いつく行動です。そして、一定の条件さえ満たしていれば、誰でも応募することができます。

このため、非常に競争率が高くなります。

僕は、2011年からライブハウスでイベントを企画してきました。この中で、何年オーディションを受け続けても、全く結果が出ない人たちをたくさん見てきました。

あなたは、「たくさん歌を練習すれば合格できる」などと思うかもしれません。

しかし、歌が上手い人など、いくらでもいます。なぜなら、歌手を目指す人なら、たくさん練習するのは当たり前だからです。

このような人の中で、合格を果たすのは「運」です。オーディションを受けるのは、宝くじを買うのと同じようなものだと認識してください。

合格率0%の歌手オーディション?

オーディションの中には、最初から合格者が決まっているものがあります。つまり、形式だけのオーディションです。

事務所は、あらかじめ合格者を決めています。そして、話題性を作るために「数万人のオーディションを勝ち抜いた」ということにするのです。

これは、真剣にオーディションを受ける歌手に対する大きな裏切りです。オーディションでは、このようなことが平然と行われています。

歌手からお金を奪う悪徳業者が多いから

あなたは、オーディションに合格した暁には、

「音楽業界のしっかりとした事務所が、自分をプロの歌手に育ててくれるんだ」

などと考えていないでしょうか。

これは、全くの勘違いです。オーディションを開催する事務所には、大量の悪徳業者が紛れ込んでいます。

悪徳業者は、歌手になりたい人の気持ちにつけ込み、多額のお金を奪います。

音楽事務所は、誰でも作ることができます。資格などもありません。

多くの悪徳業者が「私たちは音楽事務所です」と名乗っています。そして、彼らが大量にオーディションを開催しているという現実があります。

音楽事務所が歌手からお金を取るのはおかしい

本来の音楽事務所は、歌手自身からお金を取ることはしません。

歌手の育成や宣伝を行い、チケットやグッズを販売しようとします。これらにかかる費用は、すべて事務所が負担します。

そして、それが売れた場合にのみ、その売り上げを歌手と分け合います。

しかし、悪徳業者は異なります。歌手を育てる気も、宣伝する気もありません。

所属料、登録料、レッスン料、チケットノルマなど名目で、歌手に対して次々に金銭を要求します。

悪徳オーディションの手口とは

こうした悪徳業者は、オーディションの段階で見抜くことは難しいです。なぜなら、オーディションの募集要項には、

「登録料・所属料・レッスン料などは一切かかりません」

などと堂々と記載している場合が多いです。

彼らが行うオーディションは、形式だけのものです。多くの場合、オーディションを受けた歌手は全員合格します。

なぜなら、歌手を売り出す気など全くないからです。何の知識も無い歌手を集めて、お金を奪うことができればそれで良いのです。

それならば、所属する人は多ければ多いほど良い、という考え方です。

しかし、歌手自身はそのことに気づきません。むしろ、「自分はオーディションで選ばれた」と喜びます。

合格をすると、契約手続きのために事務所へ呼ばれます。ここでようやく、次のような名目でお金が必要であることを、いきなり伝えてきます。

・所属料や登録料として、月に4万円が必要

・CDを全国流通させるため、150万円が必要

・チケットノルマ4万円の事務所ライブに、2年間・合計24回毎月出演するように

そして、契約書へのサインを要求されます。

多くの場合、契約は2年以上の長期にわたります。途中で解約する場合は、数百万円の違約金を要求するような内容になっている場合も多いです。

いきなり費用が必要だと告げられた歌手は、違和感を覚えます。

しかし、オーディションで選ばれた歌手は気持ちが舞い上がっています。また、悪徳オーディションの業者は、言葉巧みに歌手を誘導します。

例えば、「君には才能がある」と持ち上げてくることもあります。

逆に、「その年齢とルックスではもうチャンスはない」「今のレベルではレッスンを受けないと歌手になれない」などと、不安を煽ることもあります。

こうした言葉に負けて、契約書にサインをしてしまうのです。

長期の契約書にサインをしてしまうと、後から解約をすることは非常に難しくなります。

所属してしまうとどうなるのか?

歌手に金銭を要求する悪徳事務所は、きちんと仕事をしてくれるのでしょうか?

残念ながら、そうではありません。まともなレッスンも提供しませんし、歌手を宣伝してくれることもありません。

このような業者のレッスンは、質がとても悪いことが多いです。

通常のボイストレーニング教室であれば、生徒は辞めたいときにいつでも辞められます。

このため、生徒が継続してくれるよう、質の高いレッスンを提供しようと努力します。

しかし、悪徳業者は所属歌手を何年も契約で縛ります。そして、期間中はずっとお金を取り続けることができます。

よって、レッスンの質には力を入れていないのです。

また、CD制作やライブのチケットノルマなどの名目で、お金を要求してくることがあります。

しかし、CD制作やライブ活動は、事務所に所属しなくても可能です。そして、そこまで多額の費用をかける必要もありません。

結局、このような悪徳オーディションに引っかかると、時間とお金を無駄にするだけで終わることになります。

悪徳オーディションを見抜くたった1つのポイント

悪徳なオーディション業者を見抜く方法は簡単です。それは、歌手であるあなたからお金を取るかどうかです。

「所属料」「登録料」「チケットノルマ」という話が出てきた時点で、すぐにその場を去るようにしてください。

あなたからお金を取る時点で、それは事務所ではありません。

「歌手からお金を取るのは悪徳業者」。これさえ覚えておけば、悪徳オーディションの被害にあうことはありません。

オーディションよりも高確率で歌手になる方法があるから



あなたは、オーディションよりも高い確率で、きちんとした音楽事務所に所属する方法があることを知っているでしょうか?

それは、「集客実績」を作ることです。集客実績とは、例えば次のようなものです。

・自分でライブを開いて、200人の人を動員した

・自分で作ったCDを、1000人の人に買ってもらった

このような実績を作れば、あらゆる音楽事務所が向こうからあなたを誘ってくるようになります。

集客実績があれば100%声がかかる理由

当たり前ですが、音楽事務所はお金を儲けるために仕事をしています。全く夢のない言い方ですが、これは本当のことです。

音楽事務所は、歌手のCDやグッズが売れることで収入を得ます。そして、それらがたくさん売れるほど儲かります。

そこで、なるべく「売れる確率が高い」歌手を所属させたいと考えます。それでは、彼らはどのように「売れる確率が高い」歌手を判断するのでしょうか?

この条件は、「歌が上手い」「ルックスが良い」などではありません。

歌が上手い人も、ルックスが良い人もたくさんいます。しかし、これらの条件を兼ね揃えていても、ほとんど売れない歌手はたくさんいます。

よって、これらの条件は間違いです。正しくは、所属する前からどれくらいの集客があるかで判断されます。

例えば、あなたが音楽事務所のスカウトだとします。次のようなA・Bという2人の歌手がいたとき、どちらを「売れる確率が高い」と判断するでしょうか。

A:歌が上手いが、ライブの集客は毎回2・3人

B:歌はそこそこだが、ライブの集客は100人以上

答えは、「B」です。事務所に所属する前からファンがいるのだから、所属させればもっと売れるだろうと判断されます。

このように、歌が上手いかどうかなどよりも、「現時点でどれだけのファンがいるのか」という数字の実績で判断される世界なのです。

もちろん、集客やお金以上に大切なものがたくさんあることは、僕だってよく知っています。

しかし、歌手になりたいなら、この厳しい現実を受け入れなければいけません。

自分でファンを増やして実績を作る

あなたに必要なことは、自分の力でファンを増やしていくことです。そして、集客の事績を作ることです。

これこそ、最も確実に音楽事務所へ所属する方法です。

もちろん、ファンを増やすことは大変です。しかし、オーディションのような運の世界ではなく、努力すれば確実に結果を出すことが可能です。

これには、さまざまな方法があります。ただ、中でもオススメなのが、インターネットを活用した方法です。

インターネットを使えば、ほとんどお金をかけずにファンを増やすことができます。また、地方に住みながらでも、全国にファンを獲得できます。

当サイトでは、その具体的な方法を解説しています。例えば、以下のような記事が参考になると思います。

ライブ集客を成功させるマーケティングの具体的方法

これらをぜひ活用して、1人ずつファンを増やしていってください。

事務所に所属しない方が、歌手になりやすいから

集客実績を作った歌手は、あることに気づきます。それは、「事務所に所属しなくても歌手として食べていける」ということです。

実績があるということは、自分でCDやチケットを売ることができるということです。

したがって、すでに歌手活動による収入があります。そして、これを増やしていくこともできます。

つまり、事務所に所属しなくても、歌手活動だけで食べていくことが可能なのです。

事務所に所属した場合、歌手としての収入は減少します。なぜなら、チケットやグッズの売り上げは、ほとんどが事務所のものになってしまうからです。

大手事務所に所属していても、音楽で食べていけない歌手はたくさんいます。テレビに出ていても、何千人の会場でライブをしていてもです。

彼らは、歌手活動と同時にアルバイトをして、何とか食いつないでいます。

歌手は、ファンから憧れられることが重要な職業です。ですから、このような情報が表に出ることはありません。

ただ、あなたが歌手を目指すのなら、このような現実を知っておく必要があります。

しかし、事務所に所属しなければどうでしょうか。ファンが支払ったお金は、100%あなたのものなります。

この結果、歌手が得られる収入は多くなります。すなわち、自分の力でファンを獲得できるなら、事務所に所属しない方が歌手活動だけで食べていくのは簡単になるのです。

歌手オーディションを受けるべきではない理由:まとめ

ここまで、歌手のオーディションを受けるべきではない理由を話してきました。

まとめると、次の通りです。

・オーディションに合格できる確率は低く、時間だけが過ぎていくから

・悪徳業者が開催するオーディションが大量に存在するから

・オーディションを受けるより、集客実績を作った方が事務所に所属しやすいから

・そもそも、事務所に所属しない方が歌手の収入が大きいから

歌手になりたい多くの人は、このような事実を知りません。ですから、今日この記事を読んだあなたはとてもラッキーです。

ライバルが気づいていないうちに、ぜひ1人ずつファンを増やしていってください。

また、集客実績を作る具体的な方法を解説した、全15話・5時間43分超えの無料動画レッスンを公開しています。

ぜひ、そちらもご覧になってみてください。

この記事をキッカケに、あなたが歌手へと近づけますように。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント