作曲で副業から収入を稼ぐには?作曲家として稼ぐ方法を詳しく解説!

Pocket

こんにちは、武藤です。

tccfmswt

「作曲で収入を稼ぐことはできないか?」と考える人は多いです。

作曲をするのが好きな人が、それで稼ぐことを考えるのは自然です。自分の好きなことで、収入を得られたら嬉しいですよね。

ただ、どうすれば稼ぐことができるのか、見当がつかない人がほとんどだと思います。

そこで今回は、作曲家として収入を稼ぐ方法を紹介します。また、どのようにして仕事の依頼を受ければ良いのかも解説します。

どのやり方も、副業からスタートすることができます。収入が増えてくれば、本業にすることも夢ではありません。ぜひとも、あなたの作曲人生に役立ててください。

作曲家として副業から収入を稼ぐ3つの方法

まずは、作曲で副業からお金を稼ぐ手段からお伝えします。これには、大きく分けて3つの方法があります。

作曲した音楽を販売する

副業から作曲で稼ぐ方法の1つは、音楽を販売することです。これは、誰でもイメージできる方法だと思います。

曲の制作は、空いた時間に少しずつ進めることができます。よって、副業にも向いています。

ただ、一言で「音楽を販売する」といっても、誰に向かって販売するかによって、考え方が2つに分かれます。

販売するターゲットは、「自分のファン」と、「音楽を使いたい人」の2種類に分かれます。

自分のファンに向けて販売する

作曲をした音楽は、自分のファンに向けて販売できます。

あなたも、好きなミュージシャンの音楽を購入したことがあると思います。これとは逆に、あなたがファンに音楽を販売することができます。

CD形式で販売しても良いし、ダウンロードで販売してもOKです。いずれにせよ、音楽が売れるごとに収入を稼ぐことができます。

この場合、料金は1曲あたり数百円が相場となります。現代は、安価なCDレンタルや、ダウンロード販売などが充実しています。よって、これ以上の金額を頂くのは難しいです。

このように、ファンに向けて音楽を販売をすることで、収入を稼ぐことができます。

音楽を使いたい人に向けて販売する

音楽を購入するのは、あなたのファンだけではありません。あなたが作曲したものを、「使いたい」という人たちにも販売できます。

例えば、世の中には次のような需要があります。

・イベントを開催予定で、そのテーマソングを作曲してほしい

・ゲームを制作していて、そのBGMとなる音楽を作曲してほしい

・ネットに動画を投稿しており、オリジナルのBGMを作曲してほしい

もしあなたがこれらを満たせれば、とても感謝されます。それと同時に、収入を稼ぐことができます。また、ファンに対して販売する場合よりも、高い値段が相場となります。

販売価格は、1つの音楽をたくさんの人に向けて販売する場合と、1人の相手だけに販売する場合で、大きく違ってきます。

例えば、1つの音楽を、購入者全員が自由に使えるようにした場合を考えます。この場合、1曲あたり数百円〜数千円程度が相場です。

一方で、1人の依頼者のためだけに、1つの音楽を販売する場合は、より値段が高くなる傾向があります。少なくとも、1万円以上で取引される場合が多いです。細かい要望に答えれば、数十万円で販売できる可能性もあります。

このように、作曲した音楽を使いたい人に向けて販売し、副業から稼ぐことが可能です。

作曲を教える

作曲で副業から稼ぐ2つ目の方法は、指導者になることです。つまり、生徒に作曲を教えることで、収入を稼ぐのです。

指導者の仕事も、副業からスタートできます。

個人指導やグループ指導を行う

最も一般的な方法は、生徒に対する個別指導です。あるいは、グループレッスンという形で、複数の生徒を同時に指導することも可能です。

このとき、生徒と直接会って教える指導者が多いです。しかし、これには落とし穴があります。それは、近くに住んでいる生徒にしか教えられないことです。

よって、あなたは生徒を増やしにくく、収入を稼ぎにくいです。また、生徒も時間や場所によっては通えないため、悲しい思いをします。

そこで、テレビ通話ができるアプリを使うと良いです。パソコンやスマートフォンがあれば、遠く離れた生徒と顔を見て話したり、画面を共有したりできます。

僕にも、テレビ通話を使った指導の経験があります。その様子は、次のようになります。

これを使えば、遠く離れた相手にも作曲を教えられます。よって、あなたの稼ぐ収入は上がり、生徒からも喜ばれます。

テレビ電話ができるアプリでは、複数の相手とも同時にやりとりが可能です。したがって、グループレッスンも提供できます。

1回30分や1時間のレッスンであれば、副業からでも十分にスタートできます。教室を構える必要もないため、初期費用もかかりません。

このように、テレビ電話アプリを使った指導を行うことで、副業から稼ぐことができます。

オンラインスクールや教材販売

また、生徒が動画で自習をできるサービスを作るのもオススメです。これは、「オンラインスクール」と呼ばれる形式です。

これを書いている僕も、オンラインスクールを運営しています。まず、授業動画やテキストを並べたサイトを作ります。そして、そのURLを生徒だけに教えます。

生徒は、動画を順番に再生するだけで、学習を進めることができます。講師と時間を合わせる必要もないため、とても便利です。

僕のオンラインスクールは、次のようなものになっています。

また、メールやチャットを使って、生徒からの質問も受け付けています。そして、それに対する回答を行なっています。よって、たくさんの喜びの声をいただいています。

対面やテレビ電話で指導する場合、生徒の人数には限界があります。よって、稼ぐ収入には限界が訪れやすいです。

しかし、オンラインスクール形式であれば、生徒が自分で学習を進めます。よって、指導できる生徒の人数が、時間に制約されません。よって、収入の限界が訪れにくいです。

ここまで書いたような方法で、作曲を教えることでも、収入を稼ぐことができます。

作曲の技術を提供する

作曲で副業から稼ぐ3つ目の方法は、ミュージシャンに技術を提供することです。

音楽に詳しい人や、演奏ができる人はたくさんいます。しかし、作曲ができる人は少ないです。このため、次のような悩みを抱えているミュージシャンは多いです。

・演奏や作詞はできるものの、作曲ができない

・断片的なメロディは作曲ができるが、音楽を完成させることができない

作曲ができるあなたは、これらの悩みを解決することができます。これにより、感謝されながら収入を稼ぐことが可能です。

作業は、空き時間に少しずつ行えます。よって、副業にも適しています。

このように、ミュージシャンに技術を提供することでも、作曲で収入を稼ぐことができます。

作曲家が最も高く安定した収入を稼ぐには

ここまで、副業から作曲で稼ぐ方法を紹介してきました。それでは、どの方法が最も高く安定した収入を稼ぐことができるのでしょうか。

作曲指導を行うと安定した収入が見込める

結論から言うと、作曲の指導が最も収入を稼ぎやすいです。なぜなら、月謝制を適用しやすいからです。

月謝制とは、毎月決まった指導料金を頂くシステムのことです。作曲に限らず、習い事のほとんどが月謝制です。したがって、生徒からも受け入れられやすいです。

例えば、あなたが月謝を1万円に設定したとします。生徒を1人獲得すれば、毎月1万円の副業収入を得られます。5人になれば、毎月5万円の収入が稼ぐことができます。

その収入は、一回きりで終わることはありません。月謝制を採用する限り、来月からもずっと続くのです。

もちろん、生徒が途中で辞める可能性もあります。しかし、全員がいきなり辞めることはあり得ません。よって、半年後や1年後の収入が予想しやすくなります。

このように、指導者になることで、最も安定して高い収入を稼ぐことができます。

作品販売や技術提供だけでは収入が安定しない

逆に、技術提供や作品販売だけでは、収入が安定しにくいです。なぜなら、ほとんどが1回きりの仕事だからです。

作品を販売する場合、「1曲◯円」という形が一般的です。技術提供をする場合も、「1回の仕事につき、◯円の報酬」という形式が取られます。作曲指導と違って、毎月同じ金額を受け取ることはできません。

例えば、これらの仕事で今月5万円を稼げたとします。しかし、来月も同じ金額を得られる保証はありません。もしかしたら、収入はゼロかもしれません。

したがって、収入の安定性を考えるのならば、作曲指導をメインにすることをオススメします。そこで安定収入を稼ぎつつ、作品販売や技術提供をサブ的に行うと良いです。

どうすれば副業から仕事の依頼を受けられるのか

ここまで、副業から作曲で稼ぐ方法と、収入の安定性を比較してきました。ここからは、どのようにして仕事の依頼を受ければ良いのかを教えます。

作曲の技術を磨くだけでは収入に繋がらない

作曲で収入を稼ぐために、技術を磨くことだけを考える人は多いです。もちろん、技術を磨けば、より質の高いものを提供できるようになります。

しかし、これ「だけ」をやっていても、収入には繋がりません。なぜなら、誰もあなたの存在を知らないからです。

お客さんは、知らない作曲家の音楽を購入することはできません。もちろん、指導や技術提供を頼むこともできません。したがって、あなたの商品は売れず、1円も稼ぐことができません。

このため、「どのようにすれば多くの人に知ってもらうことができるか」を考える必要があります。これによって、初めて作曲で稼ぐことができるチャンスが生まれます。

音楽販売やクラウドソーシングのサイトを使う

作曲家が知ってもらう方法として、外部のサイト(ホームページ)の活用があります。

インターネット上には、作曲家が音楽を販売するためのサイトが存在します。

例えば、「audiostock(オーディオストック)」というサイトでは、あなたが作曲した音楽を販売できます。

登録が完了すると、あなたの作品がサイト上に並ぶことになります。次のようになります。

そして、音楽が売れるたびに、収入を稼ぐことができます。

他にも、「クラウドソーシング」と呼ばれる、仕事の依頼を受けられるサイトもあります。

例えば、「ココナラ」というサイトでは、作曲・指導・技術提供のサービスを販売できます。登録をすると、次のように情報を掲載できます。

これらのサイトに登録し、依頼が来るのを待ちます。仕事を取れれば、あなたは収入を稼ぐことができます。

ただ、これらの方法には難点もあります。それは、ライバルが非常に多く、競争に巻き込まれやすいことです。

多くの作曲家が、これらのサイトに登録しています。副業目的の人もいれば、すでに本業にしているライバルもいます。

あなたは、彼らと比較され、選ばれる必要があります。しかし、それは極めて難しいです。よって、サイトを利用して稼げるのは、ごく一部の作曲家だけです。

もし商品が売れたとしても、サイトに販売手数料を支払う必要があります。よって、稼ぐことのできる収入は伸びにくいです。

ブログやYouTubeを活用する

そこで、別の方法をオススメします。それは、自分のブログやYouTubeチャンネルを運営することです。

ここで、あなたの作曲知識を情報発信したり、作品を披露していくのです。すると、それらを求める人が集まってきます。そして、彼らに対して商品を販売するのです。

作曲家のうち、この方法で集客をしている人は少ないです。よって、ライバルが少ないです。また、販売手数料を払う必要もありません。このため、より大きな収入を稼ぐことが見込めます。

さらに、記事や動画が検索結果に表示されれば、更新を止めても自動で集客が可能です。これにより、絶え間なく商品が売れていき、収入が安定しやすくなります。

僕自身も、音楽の仕事をしています。副業からのスタートで、今では本業になっています。そして、ほぼすべてのお客さんをブログやYouTubeから獲得しています。僕がアドバイスをした人でも、この方法で作曲で収入を得ている人がいます。

このように、副業から作曲で稼ぐ場合は、ブログやYouTubeでの集客がオススメです。

さらに詳しいやり方については、全15話・5時間43分以上の動画レッスンで無料解説を行っています。ぜひとも、こちらもご活用ください。

まとめ:作曲で副業から収入を稼ぐ方法

今回は、副業から作曲家として稼ぐ3つの方法を解説してきました。また、最も稼ぎやすい方法や、具体的な集客方法も紹介しました。

作曲で収入を稼ぐ方法には、作品販売・指導・技術提供の3つがあります。このうち、作曲指導は月謝制を採用しやすいです。したがって、収入が安定しやすいです。

依頼を受けるには、大きく分けて2つの方法があります。1つは、販売やクラウドソーシングのサイトを使う方法です。ただ、これだとライバルが多く、比較されやすいです。また、手数料を取られてしまうため、稼ぐ収入が伸びにくいです。

もう1つは、ブログやYouTubeを使う方法です。この方法はライバルが少なく、チャンスが大きいです。また、手数料を取られることがないのも、大きな魅力です。

紹介した方法を使うことで、副業から作曲で稼ぐことができます。収入が上がれば、本業にすることも夢ではありません。

また、この集客方法の流れをすべて解説した、全15話・5時間43分以上の動画レッスンを無料でプレゼントしています。ぜひ、こちらもお受け取りください。

この記事を読んだあなたが、作曲家として収入を稼げますように。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント