ボイストレーナーの年収や給料は?儲かる?講師に聞いた収入の実情


ボイストレーナーの年収や、給料を知りたい人は多いと思います。また、「正直儲かるのか?」という実情も、気になりますよね。

僕は音楽の仕事をしているので、ボイストレーナーと知り合う機会があります。その中で、収入の実情を教えてもらうことができました。

この記事では、ボイストレーナーは儲かるのか、年収や給料の実態を紹介します。

2種類のボイストレーナーの年収や給料

ボイストレーナーには、2つのタイプの人がいます。

1つは、ボイトレの教室に所属する講師です。この場合、アルバイトという形で雇われることになります。

もう1つは、自分で教室を開く講師です。自宅やマンションの一室、音楽スタジオなどを使ってレッスンを行います。

ここからは、それぞれの年収における目安を解説します。

教室に所属するボイストレーナーの講師の年収

まずは、教室に所属するボイストレーナーの年収から解説します。結論を言うと、100万円以下の人が大半です。

ボイストレーナーのほとんどは、正社員ではありません。アルバイトや個人事業主として、給料をもらう形となります。この時給は、1,000円前後が相場です。

多くの教室には、複数のボイストレーナーが所属しています。そして、生徒が希望する講師を選ぶシステムです。

生徒から選ばれないと、教える相手がいません。よって、シフトに入ることができません。こうなると、年収はなかなか上がりません。

人気の講師になれば、300万円以上の年収を稼ぐ人もいます。しかし、ほとんどの講師はそうなれません。よって、ボイストレーナーの収入だけでは、食べていけない人がほとんどです。

自分で教室を開くボイストレーナーの年収

次に、自分で教室を開くボイストレーナーの年収を解説します。

この場合、「レッスンの価格×生徒数」がそのまま収入となります。工夫次第で、価格と生徒数の両方を増やせます。

こちらは、人気度やシステムによって、大きな格差があります。生徒が集まらず、年収が100万円にも満たない講師もいます。一方で、1,000万円以上の年収を稼ぐ人もいます。

ここからは、儲かる年収の格差が開く要因について解説していきます。

オンラインレッスンを提供するかで年収が変わる

年収の低いボイストレーナーは、教室だけで指導を行います。逆に、年収の高いボイストレーナーは、全国に向けてオンラインレッスンを提供しています。

ボイトレというと、生徒に教室へ来てもらうシステムが一般的です。しかし、これだと遠くに住んでいるお客さんを獲得できません。よって、生徒が増えにくく、年収も上がりにくいです。

オンラインレッスンをすれば、日本中に生徒を獲得できます。これにより、年収の限界を突破することができます。

例えば、次のようなサービスを使うことで、遠くの生徒をテレビ電話で指導できます。パソコンやスマートフォンがあれば、誰でも無料で使えます。

・Skype(スカイプ)

・ZOOM(ズーム)

・チャットワーク

僕自身も、これらを利用した指導の経験があります。レッスンの風景は、以下のようになります。

お互いの様子を、パソコンやスマートフォンのカメラで映します。お互い自宅にいながら、会っているのと同様に指導ができます。通う必要がなくなるため、生徒からも喜ばれます。

このように、年収の儲かるボイストレーナーは、オンラインレッスンを提供しています。

1対1以外のレッスンを提供するかで年収が変わる

年収の低いボイストレーナーは、1対1のレッスンしか提供していません。一方で、年収の高いボイストレーナーは、それ以外のレッスンも提供しています。

ボイトレというと、1対1で教える形式が一般的です。これだと、すぐに生徒数の限界が訪れます。このため、朝から晩までレッスンが入っていても、年収が低い講師は多いです。

1対1以外のレッスンも提供すれば、指導できる生徒の数が増えます。よって、収入も上がりやすくなります。

この具体的な方法としては、「グループレッスン」「自主学習」の2種類があります。

グループレッスンは、一度に複数の生徒を指導するものです。テレビ電話のサービスでも、複数の生徒と同時に話せます。

また、生徒が自主学習できるサービスを提供する講師もいます。サイト上に授業動画を並べ、それを順番に再生してもらうのです。

僕自身も、このシステムを構築しています。例えば、次のようなものです。

一度動画を撮影してしまえば、生徒が自分で学習してくれます。よって、いくら生徒が増えても、時間を取られることがありません。

また、生徒はちょっとした時間に、場所を選ばずボイトレを受けられます。よって、生徒からも喜ばれます。

生徒に質問があれば、メールやLINEで受け付けるようにします。空き時間に返信をすれば、さらに満足度が上がります。

このように、グループレッスンや自主学習を取り入れることで、生徒数の限界を突破できます。これにより、高い年収を実現しているボイストレーナーは多いです。

生徒を集める方法で年収が変わる

生徒の集め方は、ボイストレーナーの儲かる年収を大きく左右します。

年収の低い講師は、教室のホームページを作るだけで終わります。レッスンの内容や教室の場所を掲載し、集客を図ろうとします。

しかし、これだけで生徒は集まりません。アクセスは集まらず、「ぜひこの先生から教わりたい」と思わせることもできません。

一方で、年収の高い講師は、ホームページを作るだけでは終わりません。ボイトレに必要な知識や練習法を、ネットで大量に発信します。これには、ブログまたはYouTubeが効果的です。

こうした情報を発信することで、歌が上手くなりたい人から見てもらうことができます。少しずつ時間をかけて、大量のファンを獲得できます。

その中には、「お金を払ってでもこの先生に教わりたい」と考える人が必ずいます。そして、全国から申し込みが入るようになります。

オンラインでもレッスンを提供するため、日本中の生徒に対応できます。これにより、高い年収を実現することができます。

まとめ:ボイストレーナーは儲かる?年収や給料の実情

今回は、ボイストレーナーは儲かるのか、年収や給料の実情を解説してきました。

教室に所属する講師の場合、ほとんどが年収200万円以下です。給料だけでは生活できず、仕事を掛け持ちしているケースが大半です。

自分で教室を運営する講師の場合は、「レッスンの価格×生徒数」が年収となります。指導方法やシステムによって、大きな格差があります。

高い年収を実現している講師には、共通点があります。教室での個別指導だけではなく、グループやオンラインでの指導も提供しています。また、ボイトレの知識や方法について、情報発信をすることで集客を実現しています。

このような講師になるための方法については、一般公開していない全15話・5時間23分を超える無料動画レッスン(準備中)でより具体的に解説しています。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

関連ページ