ボイストレーナーに資格はある?ボイトレ講師資格・勉強について解説


歌を仕事にしたい人が目指す職業に、「ボイストレーナー」があります。このとき、「資格」のことを考える人がいます。

例えば、「ボイストレーナーの資格ってあるの?」「ボイトレの講師をするには資格が必要なの?」という疑問を持つ人は多いです。

今回は、ボイストレーナーの資格について解説します。

ボイストレーナーに資格は不要

ボイストレーナーに、資格は必要なのでしょうか。答えを言ってしまうと、資格は一切必要ありません

世の中には、資格がなければ行ってはいけないビジネスもあります。例えば、「弁護士」や「税理士」が当てはまります。資格がないのに、これらの業務をすると法律違反になります。

しかし、ボイストレーナーはこれに該当しません。僕は音楽の仕事をしているため、何人ものボイストレーナーと話したことがあります。しかし、資格を持っている人は誰もいませんでした。

まずは、「ボイストレーニングに資格は必要ない」ということを理解してください。

ボイストレーナーの資格取得は無意味な理由

複数の業者が、ボイストレーナーの資格を発行しています。このため、取得を考える人は多いです。

しかし、これらの取得は無意味です。ボイストレーナーの資格が、成功に繋がることはありません。

それでいて、受験には「検定料」を徴収され、その後は資格の「更新料」を取られます。よって、あなたはお金を失うだけで終わります。

ここから、これについて解説していきます。

資格は誰でも発行できるから

ボイストレーナーの資格が無意味な理由に、誰でも発行できることがあります。

資格というと、「しっかりとした組織が発行しているのだろう」というイメージを持つ人は多いです。以前の僕も、そう思っていました。

しかし、実際にはそうではありません。ボイストレーナーの資格は、民間資格です。法律の規定がなく、誰でも発行できてしまいます

極端な話、あなたにも発行できますし、僕にも発行できます。

また、資格を発行する団体は、「一般社団法人」を名乗ることが多いです。こちらも、何だかすごい組織のように思えます。しかし、一般社団法人も、簡単に作れてしまいます。

このため、多くの業者が使い物にならない資格を発行し、受講料や会費で儲けているのが実情です。これは、「資格商法」と呼ばれます。

資格の知名度がなく、集客に結びつかないから

ボイストレーナーの資格が無意味な理由に、集客に結びつかないことがあります。なぜなら、資格が全く知られていないからです。

有名な資格であれば、集客に多少の効果はあります。「資格を持っているこの講師に習おう」と思ってもらえるわけです。

しかし、ボイストレーナーの資格は知られていないため、効果は期待できません。

あなたも、この記事を読むまで、ボイストレーナーの資格について知らなかったと思います。習いに来る人は、ボイストレーナーについてもっと知識がありません。よって、資格についても知らない可能性が高いです。

よって、ボイストレーナーの資格は、生徒の集客に繋がりません。

集客のやり方を教えてくれないから

ボイストレーナーの資格が無意味な理由に、集客のやり方を教えてくれないことがあります。

資格を取得する中で、ボイトレの教え方は学べます。しかし、いくら教え方が上手くても、生徒は集まりません。なぜなら、誰もあなたというボイストレーナーを知らないからです。

そこで、「ボイストレーナーとしての知名度を上げていく方法」「インターネットを使った集客のやり方」などを勉強する必要があります。こうしたことは、資格の勉強をしても、学習することはできません。

このため、資格を取得しても、生徒が集まることはありません。「教え方は分かるが、教える相手がいない」という状況になってしまいます。よって、ボイストレーナーとしての成功もありません。

集客力と教え方を同時に高める方法があるから

「生徒の教え方を勉強したい」という理由で、ボイストレーナーの資格を取ろうとする人は多いです。

ただ、わざわざ教え方を勉強をする必要はありません。なぜなら、教えるスキルと集客力を、同時に高める方法が存在するからです。

この手段としては、「ブログ」または「YouTube」が有効です。ここに、あなたのボイトレに関する知識や、練習方法を投稿していきます。

すると、それを必要とする人たちが集まってきます。そして、少しずつファンが増えてきます。そこから、「ぜひこの人に教えてもらいたい」という問い合わせが来るようになります。

このことは、あまり信じられないかもしれません。ただ、僕も講師業をしていますが、すべての生徒をブログ・YouTubeから獲得しています。僕だけではなく、アドバイスをさせていただいた講師の方も同様です。

投稿を進めていくうちに、教え方が格段に上達していきます。なぜなら、次のようなことを常に考えるからです。

・読者がボイトレに関して悩んでいることは何か?

・何から説明すれば、読者にとって分かりやすいのか?

・どのように説明してあげれば、初心者からも理解されるのか?

こうした作業を通じて、「何をどのように、どの順番で教えれば良いのか」が見えてきます。よって、集客力と同時に、教えるスキルも体得できるのです。

このように、集客力と教えるスキルは、同時に高めることができます。よって、わざわざ資格を取得して、教え方を勉強する必要はありません。

まとめ:ボイストレーナーの講師資格について

今回は、ボイストレーナーの資格について解説してきました。

ボイトレ講師をするのに、資格は必要ありません。法律に違反することもないため、安心してください。

複数の業者が、ボイストレーナーの資格を発行しています。しかし、これらの取得は無意味です。成功には結びつかず、「受講料」や「会費」を徴収されるだけで終わります。

無意味な資格を取得する暇があるなら、「集客」の心配をした方が良いです。

ブログとYouTubeを使うことで、最終的には生徒を自動で集客できるようになります。投稿を重ねる中で、教え方も格段に上達していきます。

現在、この集客の方法をすべて解説した、全15話の動画を無料でプレゼント(準備中)しています。こちらも活用しながら、少しずつ進んでいってください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連ページ