特別動画レッスン:投稿を検索に表示させる3つのポイント

⬇︎今すぐ動画をご覧ください⬇︎

追加でさらにプレゼントを差し上げます(期間限定)

今回の動画レッスンをご覧いただいた上で、以下のアンケートに答えてくれたあなたに、さらにプレゼント動画を差し上げます。

アンケート回答者限定プレゼント

動画:記事や動画の完成度に納得いかず、不安な時の対処法

アンケート回答後、3日以内にメールでお届けいたしますので、楽しみにしていてくださいね。

万が一届かない場合は、メールまたはLINEにてお問い合わせください。

あなたに2つの質問(アンケート)

1:今回の動画を見て、投稿する上で難しそうだと思ったのはどんなことですか?

2:今回の動画を見て、どんな意識で投稿を進めていきたい思いましたか?

その他にも感想があれば、自由に書いてください。

あなたのコメントには、僕が1つ1つ目を通して、必ずお返事をさせていただきます。少しお時間がかかるかもしれませんが、楽しみにしていてくださいね。

なお、僕は真剣に情報発信をしていますので、あなたも真剣にコメントしてください。

失礼なコメントや、動画を見ずにコメントした人、「プレゼントさえもらえれば良いや」という雑なコメントをした人には、今後プレゼントやメールをお送りしませんので、あらかじめご了承ください。

なお、アンケートの提出期限は、あなたにこの動画をお届けしてから48時間以内とさせていただきます。それを過ぎるとプレゼントは受け取れませんので、ご注意ください。

お忘れにならないよう、今すぐコメントをご提出ください。

投稿日:

コメント

  1. 磯野 より:

    1:今回の動画を見て、投稿する上で難しそうだと思ったのはどんなことですか?

    将来、自分のファンになってくださるお客様が今、何に興味を持って検索されるのかわからない点です。

    2:今回の動画を見て、どんな意識で投稿を進めていきたい思いましたか?

    音楽にまったく興味のない方にも、自分のブログを読んでいただき、音楽ってこんなに奥深く、のめり込むほど一生の楽しみになる事をお教えさせていただこうと思います。

    武藤先生の動画レッスンを拝見するほど、これからの時代を生きるには、セルフプロモーションできる者でなければ生き残れないことがひしひしと伝わってきます。言い方を変えれば、セルフプロモーションできれば自分の夢を実現できるのですね。今回もすばらしい動画をありがとうございました。

    1. Muto Muto より:

      磯野さん、武藤です。コメントの提出、ありがとうございました。

      確かに、将来、自分のファンになってくださるお客様が今、何に興味を持って検索されるのかわからないですよね。

      もしファンがすでにいらっしゃる場合、「他にどんな音楽が好きか」「どんな趣味があるか」などを聞いてみると、ヒントが見つかります。

      ぜひとも、参考になれば嬉しいです。

      また、おっしゃる通り、セルフプロモーションができる者でなければ生き残れないですよね。

      そして、それさえできれば夢を実現できる、ということも間違いありませんので、ぜひ、そのまま進んでいってください。

      次回もコメントいただけることを楽しみにしていますね。

      武藤

  2. 平山 より:

    1:今回の動画を見て、投稿する上で難しそうだと思ったのはどんなことですか?

    やはり半年から一年以上は見てもらえなくとも投稿を続けるということ。そして、投稿するということはそれだけ自分と向き合い、言語化できていない気持ちなどとも向き合い形にしていかないといけないので、自分のためになると思いますが、いまはまだ難しく思ってしまいます。

    2:今回の動画を見て、どんな意識で投稿を進めていきたい思いましたか?

    半年、一年なんてあっというまだと考えます。その間の時間は、オリジナル曲制作にも使っていくなど、自分にとっても好都合だと考えます。私は、いま32歳ですが、60歳くらいまで自分に猶予を持って見てあげたいなと思います。どうせやるだけだから、安心してどれほどの時間も自分のために使ってあげようと思います。そう考えるようになって少しずつ、焦りも落ち着いてきた気がします。武藤さんにも、いつもありがとうございます。

    1. 中村英慎 より:

      こんばんは
      100本の動画、記事を上げるというハードルがとても高いということを痛感している今日この頃です笑
      ですが自分の目標と目的を確認しながら頑張っていこうと思いました

    2. Muto Muto より:

      平山さん、武藤です。コメントの提出、ありがとうございました。

      半年から一年以上は見てもらえなくとも投稿を続けるということは難しそうですよね。
      僕もそうだったので・・・。

      ただ、おっしゃる通り、言語化できていない部分などしっかり形にしていくことは、大きな財産となります。

      また、「どうせやるだけだから、安心してどれほどの時間も自分のために使ってあげよう」という考え方はすばらしいですね。

      僕も見習いたいと思います。
      温かいお言葉をいただき、ありがとうございます。

      次回もコメントいただけることを楽しみにしていますね。

  3. 奏子 より:

    歩みの遅い自分にとって、今回は特にタイムリーなテーマでした。ありがとうございます!

    1:現に難しいこと…まさに「記事の完成度に納得がいかない」
    もしくは、なかなか完成させられない(ダメダメ)
    テンプレートを意識するあまり、本末転倒だとはわかっているけど…な状態です。

    2:時間がかかってもペースダウンしても、手を止めることだけは絶対にしない!

    1. Muto Muto より:

      奏子さん、武藤です。コメントの提出、ありがとうございました。

      まさに完成度に納得がいかないことは悩みのタネですよね。

      ちょうどプレゼント動画が解決の参考になると思います。
      楽しみにご覧ください。

      また、おっしゃる通り、手を止めることさえしなければ、結果を確実に出していけます。
      ぜひ、そのまま進んでいってください。

  4. 山崎 より:

    いつもありがとうございます。

    1:今回の動画を見て、投稿する上で難しそうだと思ったのはどんなことですか?

    全体量については本当にその通りだと実感しており、努力が必要だと思います。

    以前セミナーにて、異なる2ジャンルでチャンネルを分けた方が良いが、その分動画数が半減するので、できれば1つに特化した方が良いとアドバイスいただきました。

    その通りチャンネルを分けると投稿数が半減し伸び悩んでしまい、現在は1チャンネルに特化することにより投稿数も増え、着実に登録者数も増え感謝しております。

    2:今回の動画を見て、どんな意識で投稿を進めていきたい思いましたか?

    読者・視聴者の方に役に立つ投稿を、質に拘りすぎずまずは量を重視して投稿していきたいと思いました。

    1. Muto Muto より:

      山崎さん、いつもありがとうございます。武藤です。
      コメントの提出、ありがとうございました。

      すでに結果を出されていて、すばらしいですね!
      これもしっかりと行動された結果だと思います!

      ぜひ、そのまま進んでいってください。
      応援しています!

      次回もコメントいただけることを楽しみにしていますね。

  5. タロウ より:

    いつもためになる動画ありがとうございます。

    難しいと思ったのは、初心者さんに向けての記事であっても、興味を持って精読してもらえるような質の良い記事を量産して行くことだと思いました。

    例えばギターであれば、読者さんがギターでどんな悩みを抱えているのかをしっかりリサーチして、その悩みに親切に寄り添うような記事を書いて行きたいと思いました。

    ちなみに質問なのですが、動画で解説されていた内容、とてもためになる内容ばかりでした。
    ただその内容のポイントは、他業種の方の場合、ブログ等を使って販売して行く場合、とても重要な鉄板事項とされている様子ですが、音楽というジャンルでは、まだそれほどポピュラーではないのでしょうか?

    1. Muto Muto より:

      タロウさん、武藤です。コメントの提出、ありがとうございました。

      確かに、初心者にも興味を持って精読してもらえるような記事を書くのは、難しそうですよね。

      ただ、おっしゃる通り、読者さんがどんな悩みを抱えているのかをしっかりリサーチして、その悩みに親切に寄り添うような記事を書いて行けば結果は出てきますよ。

      また、音楽というジャンルでは、まだこのやり方は全く一般的ではないですね。

      だからこそ、今のタイミングで行動することで、大きなチャンスがあります。

      逆に、このやり方に音楽の業界の多くの人が気づいてから行動を起こしても、かなり苦戦することになります。タイミングはとても大切です。

  6. ノーベル より:

    武藤さん、本日も素晴らしい動画をありがとうございますm(_ _)m

    1:今回の動画を見て、投稿する上で難しそうだと思ったのはどんなことですか?
    武藤さんの教え通りに投稿できているか、自分ひとりで判断しなければならず、結果が見えるまで不安が続くところです。
    そのため、今回のプレゼント動画は特に楽しみです。

    2:今回の動画を見て、どんな意識で投稿を進めていきたい思いましたか?
    ブログであれば、とにかく読みやすく初心者の方にも分かりやすい内容を意識して、引き続き投稿して参ります。

    以上、よろしくお願いしますm(_ _)m

    1. Muto Muto より:

      ノーベルさん、武藤です。コメントの提出、ありがとうございました。

      自分一人で判断するのは不安ですよね。
      僕も最初はそうしなければならなかったので、痛いほど分かります。

      ぜひ、読みやすく初心者の方にも分かりやすい内容を意識して、引き続き進めていってください。

      応援しています!

  7. ネリエ より:

    いつもありがとうございます。
    1.投稿の内容が難しいけれど、自分へインタビュー形式で記事を書こうかと思いました。

    2.質をあげたいです。もっと自分を客観視したいです。

    読んで下さりありがとうござます。

    1. Muto Muto より:

      ネリエさん、武藤です。コメントの提出、ありがとうございました。

      自分へインタビュー形式で記事というのも面白いですね。
      ぜひ、挑戦してみてください。

      また、おっしゃる通り、常に客観的な視点を意識することは大切ですよね。

      次回もコメントいただけることを楽しみにしていますね。

  8. K より:

    1:今回の動画を見て、投稿する上で難しそうだと思ったのはどんなことですか?
    記事の内容(文面)がわかりやすいものになっているのか、自分自身だけだと判断がつきにくいところです。
    以前質問した際に、添削の経験がある方に見ていただく必要があるとのことでしたが、まさにこれにつきます。

    2:今回の動画を見て、どんな意識で投稿を進めていきたい思いましたか?
    記事を見てくださる人にとって、有益でわかりやすい記事がかけているのかを常に考えて投稿していきたいです。
    また、マインド面では、辛い、難しい、めんどくさいと思ってもかけそうな記事があれば続けていく、やる気やモチベーションを保つことです。

    1. Muto Muto より:

      Kさん、コメントの提出、ありがとうございました。

      おっしゃる通り、記事を見てくださる人にとって、有益でわかりやすい記事がかけているのかを常に考えて投稿していくことは大切ですよね。

      そのような視点で、ぜひ、そのまま進んでいってください。

      応援しています!

  9. MARU より:

    1:今回の動画を見て、投稿する上で難しそうだと思ったのはどんなことですか?

    やっぱりみんなが知りたい、読みたいと
    長く思ってもらえる記事を書くということだと思います。
    難しく書かずにわかりやすい言葉で
    ピンポイントに書いていくと言うのはどの記事を書いても難しいと毎回 思います。

    2:今回の動画を見て、どんな意識で投稿を進めていきたい思いましたか?

    どんなに時代や流行が変わっても
    人が悩むことや困っている事って
    シンプルな事だと思うので、
    流行り言葉や専門用語など使わずに
    どの世代が読んでも 親しみを持ってもらえるように書いていきたいと思います。

    1. Muto Muto より:

      MARUさん、コメントの提出、ありがとうございました。

      おっしゃる通り、みんなが知りたい、読みたいと長く思ってもらえる記事を書くということは難しそうですよね。

      また、時代や流行が変わっても、変わらないことを意識してくのは大切ですね。
      人間の根本的な部分は変わらないですからね。
      僕もより意識していきたいと思います。

  10. 鳥之海 妙子 より:

    1:今回の動画を見て、投稿する上で難しそうだと思ったのはどんなことですか?
    自分の感覚でなんとなくやっていたことを人にわかるように伝えるのが難しそうだなと思いました。
    あと質の高い、長く読んでもらえる内容を書くのが大変そうだと思いました。
    書けることが100記事以上あるのかも不安です。

    2:今回の動画を見て、どんな意識で投稿を進めていきたい思いましたか?
    とにかくコツコツと丁寧に記事をたくさん書き続けていきたいと思いました。

    1. Muto Muto より:

      鳥之海 さん、コメントの提出、ありがとうございました。

      自分の感覚でなんとなくやっていたことを人にわかるように伝えるのは難しそうですよね。
      僕もその部分は1番苦労したことの1つです。
      ただ、そこを乗り越えたからこそ、多くの人に役立つ発信ができるようになったと自負しています。

      ぜひ、コツコツと丁寧に書いていってください。
      応援しています!

  11. 優心音 より:

    今回も素人には知り得ない貴重情報をご提供下さりありがとうございました。
    SNSよりブログ・YouTubeが強いと言われる理由が(前回のプレゼント内で仰っていた話しも含め)少しずつ見えて来ました。
    ありがとうございます。

    1:今回の動画を見て、投稿する上で難しそうだと思ったのはどんなことですか?

    自分は言葉を綴るのが苦手ではなく、2、3年前からブログを書いて来て、
    ちょうどこの動画を見たあとに数えてみたところ80以上ありました。
    ですので、100投稿はもうすぐではないか!
    と達成したような気になっていますが、
    始めた目的が「商品を売る」ではなかったため、
    日常生活や音楽活動のこと、イベント告知、そして、
    自分が一番書きたい人生全般に共通する”啓発系”のメッセージを綴って来ました。
    しかし、100記事近く、2、3年やってみても、そこまでアクセスがある方とは言えませんし、
    「自分」のメッセージが多くて、閲覧者(お客さん)が買いたい、と思うようなところへ向っているのか、わかりません。。。

    これまで続けて来た通りやっていくのは苦ではありませんが、
    このままだと今後ずっとアクセスもこのまま、
    告知して購入してもらう、というビジネスへ繋げていくのに苦労しそうです。

    2:今回の動画を見て、どんな意識で投稿を進めていきたい思いましたか?

    上記の理由から、
    どうやれば商品購入、
    つまりは閲覧者が欲しいと思うもの、
    また検索してもらえるような「購入者の顔が見える」ブログになるのか、
    常に意識することが必要だと思っています。
    マニアック過ぎないように、
    多くの人に関心を持ってもらえるように、
    でも一部の人が強烈に欲しいと思えるように焦点はブレず、、、
    なんて難しいんだ(笑)

    また、自分はSNSが苦手なのですが、
    ブログをアップしたらそれを拡散するためにSNS(Facebook・Twitter)を使用しています。
    そうすればブログに来たい人だけリンクをクリックしますし、
    また自分の全然知らない方達ではなくコミュニティにも知って頂けるので。
    これは有効なやり方でしょうか?

    1. 山下 より:

      武藤様

      いつも動画ありがとうございます。
      検索の仕組みが、はじめてわかりました。投稿してから反映されるまで時間がかかる事、まず100個の投稿する事、とても勉強になりました。
      ありがとうございました。

      1:今回の動画を見て、投稿する上で難しそうだと思ったのはどんなことですか?
      投稿してから、反映されるまでの時間を待つ事、まず100投稿作る事、期待をしない事で待つ事が難しいと感じました。

      2:今回の動画を見て、どんな意識で投稿を進めていきたい思いましたか?
      検索というコンピュータの仕組みを理解した上で、なかなか視聴されなくても、辛抱強く、自分が一番質の良いと思う動画やブログを作りながら進めて行きたいと思いました。

      次回の動画も楽しみにしております。
      よろしくお願いします。

      山下

      1. Muto Muto より:

        山下さん、武藤です。コメントの提出、ありがとうございました。

        期待しないで待つことは難しいですよね・・・。
        僕の生徒も、苦労しているところです。
        最初はアクセス数などチェックせず、とにかく前に進むことが大切かなと思います。

        ぜひ、辛抱強くそのまま進んでいってください。

        次回もコメントいただけることを楽しみにしていますね。
        ありがとうございました。

    2. Muto Muto より:

      優心音さん、武藤です。コメントの提出、ありがとうございました。

      さて、もう投稿を数多くされていて、すばらしいですね!
      確かに、最初は「商品を売る」を目的にせず始められたことかもしれませんが、過去の取り組みが全て無駄になるということは絶対にないので、そのまま進んでいってください。

      また、記事を投稿したらSNSに投稿するのは有効ですが、僕の考えではそのわずかな時間すら、新たな記事の投稿に使った方が良いですね。
      SNSが苦手なら、なおさらやらなくても良いと思います。

      とにかく、強いブログやYouTubeに、1秒でも長い時間を使っていきたいです。

  12. 久城 より:

    こんにちは。
    いつもありがとうございます!

    1:今回の動画を見て、投稿する上で難しそうだと思ったのはどんなことですか?

    自分の中の当たり前を、分かりやすい言葉にするのが、難しく思いました。
    言葉の解説だけになってしまわないように、注意してフラットなものを心がけようと感じました。

    2:今回の動画を見て、どんな意識で投稿を進めていきたい思いましたか?

    最後の方の「がんばる価値のある未来」という言葉に感銘を受けました。
    ゴールを明確にして、目的を履き違えずに、がんばった先の未来を目指し、日々の投稿を重ねていきたいと思います。

    よろしくお願いいたします。

    1. Muto Muto より:

      久城さん、いつもありがとうございます。武藤です。
      お返事をさせていただきます。

      おっしゃる通り、自分の中の当たり前を、分かりやすい言葉にするのは難しそうですよね。

      僕も大変でしたが、行動する中で少しずつ慣れていきました。
      ぜひ、そのまま進んでいってください。
      「がんばる価値のある未来」を手に入れてくださいね。

      応援しています!

  13. Yoshi より:

    1:今回の動画を見て、投稿する上で難しそうだと思ったのはどんなことですか?
    ちゃんとした記事を100記事以上書かなきゃいけないことです。

    2:今回の動画を見て、どんな意識で投稿を進めていきたい思いましたか?
    今までは僕が書きたいと思う内容(教える系は特に)が既にネットに沢山あるので大丈夫か不安でした。でも今そうやって上の方にある記事は時間は経過してるかもしれませんが、正に自分が大変そうだと思った質の良い内容と、大量の記事を書くことで超えられるかもしれないと思えました。超えられるわけないと思ってやらないんじゃなくて、努力で変えられる可能性を信じてやっていこうと思いました。

    1. Muto Muto より:

      Yoshiさん、コメントの提出、ありがとうございました。

      確かに、書きたいと思う内容が既にネットに沢山あるので大丈夫か不安ですよね。

      これは僕もそうでした。

      ただ、他に記事を書いている人たちは、検索の仕組みや、質や量の重要性など知らずにただ投稿している人たちがほとんどです。

      ということは、この仕組みに沿って正しい知識のもとに進むことができれば、必ず結果を出していけます。

      「超えられるわけないと思ってやらないんじゃなくて、努力で変えられる可能性を信じてやっていこう」という姿勢はすばらしいですね!

      ぜひ、そのまま進んでいってください。
      応援しています!

  14. さかき より:

    1:今回の動画を見て、投稿する上で難しそうだと思ったのはどんなことですか?

    →頑張って投稿しても、結果がすぐに伴わない点でしょうか。
     成果が出ないとやる気が無くなってしまいそうなので、モチベ-ション維持が難しそうです。

    2:今回の動画を見て、どんな意識で投稿を進めていきたい思いましたか?

    →地道にコツコツ投稿することですかね。
     いきなり100記事も書くのは大変だと思います。
     ちょっとずつ、ちょっとずつ、やっていたものが気づけば100も書いてたな~というくらいで
     頑張りたいと思いました。
     もちろん内容が充実してるのは前提として、まずはやることが大切ですね。

    1. Muto Muto より:

      さかきさん、いつもありがとうございます。武藤です。
      お返事をさせていただきます。

      まさに、頑張って投稿しても、結果がすぐに伴わない点は難しいところですよね。

      僕のこの動画なども、モチベーション維持のきっかけになれば嬉しく思います。

      「ちょっとずつ、ちょっとずつ、やっていたものが気づけば100も書いてたな~という」というのは、すごくいいですね!

      塵も積もれば山となるですね。
      ぜひ、そのまま進んでいってください。

      これからのレッスンも楽しみにしていてください。

  15. より:

    武藤さん、いつもありがとうございます。

    1.投稿のゴールが、ライブに来てくれるファンを増やしたい場合、具体的にどういう内容のブログにしたらいいのかまだ悩んでいます。カバー演奏の動画は出していますが、それがブログになった場合は、そのリンクを貼るとしても、演奏方法についてアドバイス的なことを書けばいいのか、曲の解説を書けばいいのか、自分が演奏で苦労した点などを書けばいいのか、、とりあえず始めてみようかとも思いましたが、これで間違った方向に行くと一生成果が出なさそうで未だに踏み出せません。
    個別な相談会などがもしあれば、詳しいアドバイスをいただきたいのですが…。

    2.武藤さんの動画を見ると、本当にモチベーションが上がります。
    やる気はあっても、油断するとすぐに素の自分が出てきてしまい、忙しさや技術不足を理由に投稿のペースが落ちてしまいがちでした。でも、人生の貴重な時間を無駄にしないためにも、もっと計画的に取り組もうとまた改めて思い直しました。

  16. 斉藤美波 より:

    武藤さん
    この度も動画ありがとうございます!

    1.難しそうだと思う点

    「内容のある、有益な」かつ「100」記事
    両方の条件を満たしたブログ制作をしなければならないこと。

    また年単位での取り組みになるとはわかっていても
    その途中でモチベーションが保てなくなったり、手を止めてしまいそうに
    絶対なってしまいそうなところです。。。(ガンバレ私!)

    2.どんな意識で投稿?

    年単位での努力、継続、時間が必要なので、最初にあまり張り切りすぎず笑
    コツコツと続けられるペースを保ってやっていくことが大事だと思いました。

    また投稿に慣れても初見の方に合わせた、親切な記事を書くことを忘れてはいけないので
    机の前に書いて貼っておこうと思いました。

  17. kk より:

    武藤さん、いつもありがとうございます!
    1:今回の動画を見て、投稿する上で難しそうだと思ったのはどんなことですか?

    自分で決めたことを守ることです。

    2:今回の動画を見て、どんな意識で投稿を進めていきたい思いましたか?

    自分を信じて進んでいくしかないんですね。そんなふうに思いました。

    投稿も自分のコンテンツを愛情持って育てていく感じですね。先が遠そうです。

  18. スイカ より:

    1:
    ブログでよく見る「初めましての方はこちら」を文章に入れたときに新しいプロフィールにしたくなった場合どうしたらいいか。

    2:毎日、コツコツブログを投稿したいです。

  19. Izumi より:

    1:今回の動画を見て、投稿する上で難しそうだと思ったのはどんなことですか?
    今回あらためて自分のブログを見直してみたところ、現在の記事数、95になるまでに1年掛かっていました。
    結果を出すことを考えると、もっとペースを上げなくてはと思うのですが文字数が少ないため滞在時間が短いのが悩みです。ペースを上げつつ文字数が多く内容も濃い記事にすることが難しいです。

    2:今回の動画を見て、どんな意識で投稿を進めていきたい思いましたか?
    投稿したては見に来る人もいないので、とりあえず先手必勝で一日でも早く投稿してから加筆修正していこうと思いました。
    ですが、そこで、疑問がわいてしまいました。最初に上げた記事の内容が薄いと、いくら投稿が早くても検索エンジンからの評価は低く、その後加筆修正しても評価は上がらないのでしょうか?だとすると最初の段階からしっかりした内容に仕上げなくてはならないし…
    これはまさに、プレゼント動画が答えになりそうで楽しみです。

  20. ナガヤマ より:

    毎回ありがとうございます。

    さて、1について…

    武藤さんの動画を見ると不思議と難しさを感じないのです。私の理解力が低いのか短絡的なのか分かりませんが、なるほどなぁ〜と思う事ばかりです。

    2について…

    記事を書くときは、どんな人に読んでもらいたいか、どんな人が検索するのか❓という事を意識しながら書いてみます。

  21. 中島 嶺 より:


    僕の今携わっているバンドがメタル系とビジュアル系なので、コアなユーザーへの発信となり投稿内容が今のとこ思いつきません。一般ユーザーへのアプローチも必要なのですがそれはそれで難しく感じます。

    僕の携わるじジャンルは視点を変えて海外に目を向けると、特にヨーロッパなどでは意外と需要があるのでその辺のニーズも視野に入れた活動をやってみようと思います。

  22. FU より:

    武藤さん、いつもありがとうございます。
    1:今回の動画を見て、投稿する上で難しそうだと思ったのはどんなことですか?
    読者の滞在時間を長くするため、質の良い記事をたくさん投稿しなければならないことです。

    2:今回の動画を見て、どんな意識で投稿を進めていきたい思いましたか?
    記事を書く大変さを実感してますが、未来のために「資産になる労働」は大きな価値を生むので、徐々にブログに慣れるよう頑張ろうと思いました。

  23. 鬼頭愛斗 より:

    1:今回の動画を見て、投稿する上で難しそうだと思ったのはどんなことですか?

    →何の記事を書こうか悩み、
    それで時間をズルズルと奪われるのが辛く、
    なかなか毎日投稿していくのが
    難しい時がある。

    2:今回の動画を見て、どんな意識で投稿を進めていきたい思いましたか?

    →小さな記事でもいいので
    可能な限り
    毎日投稿していきたい。

  24. ぐみ より:

    ① 投稿をする、という行動に踏み出すこと。この一歩を踏み出すのがチャレンジだと思います。
    ② 継続して発信をしていくということ。

  25. いちだまさみ より:

    1:今回の動画を見て、投稿する上で難しそうだと思ったのはどんなことですか?

    今回もためになる動画ありがとうございました。
    検索にかかるまで半年から一年
    かかるというのは薄々感じていましたのでそんなに苦痛にかんじかなったです。 むしろ自分が思っていた事に太鼓判を押された気がして心強かったですね、難しいと感じたのはやはりネタ数ですね。
    でもこれもやっているうちに話題が自分の中で広がると思うのであまり気にしてません。

    2:今回の動画を見て、どんな意識で投稿を進めていきたい思いましたか?

    気長にというのもありますし、思いついたらどんどん行動に移すという気もあります。
    ただ焦ってムリをして下らない情報を投稿しないように気をつけたいと思いました。
    あと質問なのですが、動画はYouTubeでいいと思いますが、
    ブログはどこを使うのがおススメですか?それともホームページを立ち上げてそこにブログや動画を貼り付けるのがいいのでしょうか?その場合のホームページのおススメがあれば教えて頂ければありがたいのですが。
    よろしくお願いいたします。

  26. ましお より:

    武藤さん今回もありがとうございました。

    1:今回の動画を見て、投稿する上で難しそうだと思ったのはどんなことですか?
    音楽なので訪れた人が聴いて楽しい投稿内容を出し続けることと、自分は少々飽きっぽいので継続して続けることですね。

    2:今回の動画を見て、どんな意識で投稿を進めていきたい思いましたか?
    自分が投稿すること自体を趣味にする(?)ように投稿することを前向きにとらえて行動できるようにセルフマネジメントすることと、投稿に対して批判や中傷があっても挫折しない心構えを持ち続けていくことだと思いました。

  27. 関口清隆 より:

    1,
    100の動画を投稿するという事が大変だと思いました。
    2,
    すぐに結果が出なくてもコツコツと続けて行きたいと思いました。

  28. Mirei より:

    武藤さま

    今回もありがとうございました。
    「世の中ラクしたい人ばかり。大変だ、キツそうだと思った時がチャンス!」という言葉が胸に響いています。
    常にこの言葉を拠り所として、前に進んでいきたいと思います!

    アンケートの対する回答です。
    1について
    →私の場合、デザインやコンセプトに対するこだわりが強いため、まず第1記事を投稿するまでが大きな山です。
    また、1つ1つの記事に対する検証や誤字脱字、言い回しなどにも時間をかけてしまうので、いかに効率的に作成するかが課題だと思っております。

    2について
    →凝り性なので、記事を書き進めるうちに、「あれもこれもお伝えしたい!」と、どんどんマニアックなものになってしまいそうです。
    「この楽器を知らない方が読んでもわかるし面白いと思ってもらえるか?」を常に念頭に置いて書いてまいりたいと思います。

    次回も楽しみしています。
    よろしくお願いいたします!

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です