YouTubeに自作オリジナル曲アップロードする利点と再生回数の上げ方

Pocket

こんにちは、武藤です。

tccfmswt

音楽活動では、オリジナル曲(自作曲)を作る人もいますよね。それを、YouTubeにアップロード(投稿)してみたらどうか、と考える人は多いです。

YouTubeへのアップロードは、ぜひともやるべきです。なぜなら、数多くのメリット(利点)が存在するからです。

今回の記事では、YouTubeに自作のオリジナル曲を投稿するメリットを解説します。また、再生回数を増やす方法も教えます。

YouTubeに自作曲をアップロードするメリット

まずは、YouTubeにオリジナル曲をアップロードすべき理由から解説します。

世界中の人にオリジナル曲を聴いてもらえる

オリジナル曲をアップロードするメリットは、たくさんの人に聴いてもらえることです。特に、日本全国はもちろん、海外の人にも聴いてもらえるのは大きいです。

YouTubeは、世界中で使われているサービスです。また、文字や会話と違い、曲には言語があまり関係ありません。よって、外国語を話せなくても、海外の人から聴いてもらえるチャンスがあります。

僕の生徒にも、海外からオリジナル曲を聴いてもらうことに成功している人がいます。コメント欄には、次のように外国語が飛び交っています。

このように、オリジナル曲をYouTubeに投稿することで、世界中の人に聴いてもらうことができます。

1円もかけずにファンを獲得できる

YouTubeに投稿するメリットに、ファンを獲得できることがあります。

もちろん、ファンを増やす方法は他にもあります。しかし、その多くはお金がかかります。例えば、「広告を出す」「ライブに出演する」などです。

しかし、YouTubeへの投稿には1円もかかりません。それでいて、世界中にファンを獲得できます。再生回数が伸びたり、コメントがついたりすると、そのたびに嬉しくなります。

また、YouTubeで知ってくれた人がCDを買ってくれたり、ライブに来てくれたりすることもあります。僕の生徒にも、そのような事例がいくつもあります。これにより、感謝されながら収入を得ることができます。

このように、YouTubeに自作曲を投稿することで、ファンを増やすことができます。

仕事の依頼が来るようになる

YouTubeにオリジナル曲を投稿すると、仕事の依頼が舞い込むことがあります。僕の生徒でも、「地元のお祭りに出演依頼をされた」「他のミュージシャンから作曲やアレンジをお願いされた」などの事例があります。

もちろん、引き受けるかどうかはあなたの自由です。もしOKすれば、感謝されながら収入を得ることができます。

このように、オリジナル曲をアップロードすることで、仕事の依頼が舞い込むようになります。

デビューの可能性が生まれる

近年、YouTubeへの投稿がキッカケで、メジャーデビューを果たす音楽家が増えています。つまり、業界関係者からスカウトされるということです。

かつては、路上ライブやライブハウスでスカウトされるのが一般的でした。しかし、現代はインターネットが当たり前の時代です。よって、スカウトはYouTubeにも目を光らせているのです。

YouTubeを通じたメジャーデビューについては、以下の記事で詳しく解説しています。

YouTubeから歌手がメジャーデビューする理由とスカウトされる方法

オリジナル曲やMVの再生回数が伸びない原因と対処法

ここまで、YouTubeにオリジナル曲をアップロードすべき理由を解説してきました。

しかし、ここで1つ悲しいお知らせがあります。それは、自作曲を投稿しても、再生回数は伸びないということです。普通のやり方では、再生数が1桁で終わる人も珍しくありません。

これは、オリジナル曲のMV(ミュージックビデオ)を投稿する場合も同じです。こちらも、再生回数は伸び悩むことになります。

再生回数が伸びないのは曲が悪いのではない

再生回数が伸びないとき、大半の人が自作曲の質に原因があると考えます。例えば、「もっと良い曲を作らないといけない」などと思う人が多いです。

しかし、これは誤解です。再生回数が伸びないのは、曲自体の質が原因ではありません。そうではなく、視聴者があなたのオリジナル曲に辿り着けないことが問題です。

視聴者はあなたのオリジナル曲に辿り着けない

あなたも、YouTubeで誰かの曲を検索したことがあると思います。そして、再生をした経験があると思います。このときのことを、よく思い出してみてください。

検索をするには、その曲をすでに知っている必要がありますよね。逆に、知らない曲を検索することは、絶対にできません。

自作曲の再生回数が伸びない原因は、ここにあります。つまり、視聴者はあなたのオリジナル曲を知らないので、検索することができないのです。よって、あなたのオリジナル曲にたどり着くことができません。

オリジナル曲に辿り着くキッカケを作ってあげる

これを解決するには、オリジナル曲を見つけてもらうキッカケを作ることが必要です。これには、2つの方法が存在します。具体的には、「カバー動画の投稿」または「解説動画の投稿」です。

カバー動画の投稿

有名な曲をカバーして投稿することで、オリジナル曲を見つけてもらうキッカケを作れます。なぜなら、多くの視聴者がカバーの動画を検索するからです。

好きな曲や、影響を受けた曲をカバーしてみてください。そして、動画のタイトルに「アーティスト名」と「曲名」を入れて、アップロードすると良いです。

すると、多くの人が検索からそれを見つけてくれます。それを再生した人の一部は、「この人は他にどんな動画を投稿しているのだろう」とチェックをしてくれます。

そして、自作曲の存在に気づいてくれます。「オリジナル曲も聴いてみよう」と考え、再生してくれる視聴者は多いです。

ちなみに、著作権を侵害しないか心配になるかもしれません。ただ、あなた自身が演奏や打ち込みをする限り、全く問題はありません。よって、堂々とカバー動画をアップロードしてください。

このように、有名な曲のカバーを投稿することで、オリジナル曲やMVの再生回数を増やすことができます。

解説動画の投稿

もうひとつの方法は、音楽の知識やテクニックを解説した動画の投稿です。これも、オリジナル曲を見つけてもらうキッカケとなります。

YouTubeで、音楽の知識やテクニックを検索する人は多いです。よって、多くの視聴者から見てもらうことができます。

視聴した人の一部は、あなたがアップロードした他の動画にも興味を示します。そして、自作曲の投稿に気づいてくれます。こうなれば、オリジナル曲の再生回数が伸びていきます。

このように、音楽の知識やテクニックの解説動画も、オリジナル曲の再生回数を上げるキッカケとなります。

まとめ:YouTubeに自作曲を投稿すべき理由と再生回数の上げ方

今回は、YouTubeにオリジナル曲をアップロードすべき理由と、再生回数の上げ方について解説してきました。

自作曲を投稿すべき理由として、世界中の人に聴いてもらえる・ファンが増える・仕事の依頼が来る・デビューの可能性が生まれることがあります。

なお、普通に自作曲をアップロードしても、再生回数は増えません。なぜなら、視聴者はあなたの自作曲に辿り着けないからです。

そこで、オリジナル曲に辿り着くキッカケとなる動画を投稿してください。例えば、有名な曲のカバーや、音楽知識を解説した動画などが有効です。

これをすることで、アップロードした自作曲を見つけてもらえます。そして、再生回数が伸びていくようになります。

僕の発信が、ほんの少しでも役に立てば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント