メジャーデビューするには?バンドデビューまでの方法・きっかけ

Pocket

こんにちは、武藤です。

tccfmswt

僕は、ライブの制作と音楽講師の仕事をしています。このため、メジャーデビューする方法について、バンド・アーティストから質問されることが多いです。

99%以上の人が、メジャーデビューの方法を勘違いしています。周りに経験者がいないため、これは仕方のないことです。

僕は仕事を通じて、メジャーデビュー経験者と接する機会が多くあります。また、レコード会社の人とも話すことがあります。

そこで今回は、バンドやアーティストが、メジャーデビューをする方法を解説していきます。

記事の内容を動画でも話しました。中央の再生ボタンを押してご覧ください。

99%の人がデビューする方法を勘違いしている

99%以上の人が、デビューをする方法を勘違いしています。

いくら間違った努力をしても、報われることはありません。これを防ぐためにも、「間違った方法」を最初に紹介しておきます。

オーディションを受けてもデビューできない

デビューしたいと考えたとき、多くの人がオーディションを受けようとします。しかし、これはデビューに繋がりにくいです。

競争が激しくあまりにも確率が低い

オーディションがデビューに向かない理由として、あまりにも合格率が低いことがあります。なぜなら、誰でも思いつく方法だからです。

特に、有名なレコード会社のオーディションには、数千人もが応募をします。その中で選ばれる可能性は、極めて低いです。

もちろん、「応募しないよりはした方が良い」ことは事実です。ただ、何年も応募し続け、報われない人がほとんどです。

このように、オーディションは応募者が多く、デビューには向きません。

9割以上が悪徳業者だから

また、オーディションを受けるべきではない理由に、悪徳業者の多さがあります。

彼らは、オーディションを積極的に開催します。参加者を合格させ、デビューのチャンスがあると伝えます。そうして気持ちを舞い上がらせた後に、金銭を要求してきます。

例えば、「育成費」「制作費」「レッスン料」など、さまざまな理由をつけてきます。

しかし、約束されたサポートは、極めて質が低いです。あるいは、もっと安い金額で実現できることばかりです。最悪、連絡すら取れなくなることもあります。

このような手口を、「オーディション商法」といいます。国や自治体も、たびたび注意を呼びかける悪徳商法です。

そもそも、レコード会社は、デビューするバンドやアーティストからお金を取るものではありません。また、お金がかかるのなら、オーディションを受ける前に伝える必要があります。

レコード会社は、誰でも名乗ることができます。オーディションも、誰でも開催できます。しかし、知識のない人は「自分はすごい人から選ばれた」と誤解します。そして、金銭を支払ってしまいます。

実際は、選ばれたどころか、ほぼ全員が「合格」しているケースがほとんどです。

僕の知り合いにも、過去にこのような業者に騙され、数百万円の借金を背負ってしまった人がいます。本当に、怒りしか感じません。

このように、悪徳業者の餌食にならないためにも、オーディションはオススメしません。

練習や曲作りだけ頑張ってもデビューできない

メジャーデビューを目指すとき、多くの人が練習や曲作りに力を入れます。高いお金をかけてレッスンに通ったり、ひたすら練習に打ち込んだりします。

そして、演奏が上手くなったり、良い曲を作ったりすれば、スカウトされると考えます。

しかし、これをやっていても、メジャーデビューのきっかけになることはありません。なぜなら、レコード会社は「上手いアーティスト」や「良い曲を作るアーティスト」をデビューさせたいわけではないからです。そもそも、ここがバンドやミュージシャンの勘違いです。

(どのようなバンドやアーティストを探しているのかは、次の項目で解説します)

このように、練習や曲作りばかりしていても、デビューのきっかけにはなりません。

たくさんライブをしてもデビューできない

メジャーデビューをする方法として、たくさんライブをする人は多いです。例えば、毎週のようにライブハウスに出たり、路上ライブをしたりするバンドやアーティストは多いです。

人前に出ることで、業界関係者の目に留まろうとします。「もしかしたらスカウトされるかも」などと考えて、ライブをしている人も多いです。

しかし、関係者はライブハウスにはいません。声をかけられるとしても、金銭を要求する悪徳業者です。

また、路上ライブを探すこともありません。関係者が会社帰りにたまたま通りかかる可能性があるくらいです。

なお、ライブの回数を増やすことで、ライブパフォーマンス自体は上手くなります。

ただ、レコード会社は、そもそも「ライブパフォーマンスが優れた人」を探しているわけではありません。よって、こちらもデビューのきっかけにはなりません。

このように、たくさんライブをしても、メジャーデビューまで至ることはありません。

メジャーデビューする唯一の方法

それでは、バンドやアーティストがメジャーデビューするには、どうすれば良いのでしょうか。実は、これにはたった1つの方法しかありません。

それは、「ファンを増やして販売実績を作ること」です。これ以外に、取るべき方法は1つもないと断言できます。

ここから、分かりやすく説明していきますね。

「メジャーデビューさせたい」と思わせるには

あなたをメジャーデビューさせるのは、レコード会社です。彼らと契約することで、メジャーデビューに至ります。

それでは、彼らはどのようなバンドやアーティストを、デビューさせたいと思うのでしょうか。

「上手い」「曲が良い」は勘違い

デビューの条件として、「上手い」「曲が良い」「ライブが良い」などを想像する人が多いです。しかし、これは勘違いです。

彼らがデビューさせたいのは、「売れる」バンドやアーティストです。なぜなら、バンドやアーティストが売れるほど、レコード会社が儲かるからです。

そもそも、レコード会社はビジネスです。ボランティアをしているわけではありません。このため、CDをたくさん売って儲けたいのです。

したがって、メジャーデビューするには、「売れる」と思わせる必要があります。この判断材料になるのが、販売の実績なのです。

例えば、「ライブにこれだけ集客した」「自主制作のCDがこれだけ売れた」などが、販売の実績となります。実際、近年デビューするアーティストは、デビュー前から売れていた人が大半です。

逆に、いくら演奏が上手くて、曲の質が高くても、販売実績がなければデビューはできません。なぜなら、バンドやアーティストが売れなければ、デビューさせるメリットがないからです。

実績がなければデビューできない時代

昔であれば、実績のないアーティストがデビューすることもありました。レコード会社が才能に惚れ込み、リスクを取って投資するわけです。

このような話を聞いて、「練習して良い曲を作ればスカウトされるかも!」と考える人は多いです。

しかし、今はとっくに時代が違います。具体的に言えば、CDが売れない時代です。そのような時代に、実績のないバンドやアーティストをデビューさせる余裕はないのです。

このように、メジャーデビューするには、販売実績が重要となります。

ファンを増やす重要性を理解する

したがって、バンドやアーティストは、ファンを増やす必要があります。ファンがいれば、グッズやチケットが売れます。よって、販売の実績を作ることができます。

ただ、あまりファンを増やすことに興味がない人が多いです。例えば、2・3人しか呼べないライブを、平気で繰り返します。また、「売れるより良い音楽をやることが大事」と考える人も多いです。

もちろん、売れることより大切なものがあることは、僕もよく知っています。ライブ制作の現場で、売れなくてもすばらしいアーティストをたくさん見てきました。

しかし、レコード会社はそうは思っていません。先ほども書いたように、彼らはビジネスです。実績のない人を、デビューさせようとは思いません。

したがって、デビューをしたいなら、本気でファンの獲得に取り組む必要があります。

練習・曲作り・ライブだけでファンは増えない

それでは、どうすればファンが増えるのでしょうか。このとき、「良い音楽をやればファンは増える」と考える人が多いです。

もちろん、その気持ちはよく分かります。しかし、音楽の良さと、ファンの数は全く比例しません。僕はライブ制作の現場で、1000組以上のバンド・アーティストを見てきました。これは断言できます。

ファンを増やすには、正しい集客・宣伝方法を勉強する必要があります。これを、「マーケティング」といいます。そして、それを実行に移す必要があります。

例えば、メジャーデビューしたバンドなどは、CMやテレビ出演をしていますよね。これも、マーケティングの一環です。

もし「良い音楽だけがあれば売れる」のであれば、わざわざ高いお金をかけてこのような宣伝はしません。

したがって、マーケティングの重要性を認識し、勉強・実行していく必要があります。

資金がなくてもマーケティングはできる

ただ、多くのバンド・アーティストには、資金がありません。このため、マーケティングにお金をかけることはできません。よって、テレビに出たり、広告を打ったりはできません。

しかし、安心してください。今の時代は、ネットを使うことで、ほぼ1円もかけずにファンを増やすことが可能です。

僕の生徒も、ブログやYouTubeなどを通じて、日本全国にファンを増やしています。国内にとどまらず、海外からメッセージが届く人もいます。

僕のブログでは、ファンを増やす具体的な方法を紹介しています。ただ、200を超える記事があるため、すべてに目を通すのは大変だと思います。

そこで、ファンを増やすマーケティングを解説した、全15話・5時間以上の無料動画レッスンをプレゼントしています。これを見ていただくことで、取るべき具体的な方法が分かります。

このように、インターネットを使うことで、資金をかけずにファンを増やせます。この結果、デビューのきっかけを作れます。

まとめ:メジャーデビューするには

今回は、バンドやアーティストがメジャーデビューするまでの方法を解説してきました。

9割以上の人が、「オーディションを受ける」「練習や曲作りに打ち込む」「たくさんライブをする」という方法に走ります。しかし、これがきっかけになる可能性はとても低いです。

レコード会社が探しているのは、確実に売れるアーティストです。そうなるには、デビュー前から実績を作る必要があります。具体的には、ファンを増やし、グッズやチケットなどの販売実績を作るのです。

そのためには、マーケティングを勉強し、実行に移していく必要があります。そこから背を向けている限り、ファンが増えることは永遠にありません。

逆に、ほとんどの人が取り組まないからこそ、しっかりやれば着実に結果を出せます。そして、メジャーデビューまでのきっかけを作ることができます。

僕の発信が、ほんの少しでも役に立てば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント