仕事がないミュージシャンが仕事を獲得する新時代の手法とは

Pocket

「仕事がない」と嘆くミュージシャンは多いです。「音楽で生きていくなんて厳しいのでは」と、弱気になるのも無理はありません。

ただ、あなたというミュージシャンを必要とする人はたくさんいます。彼らにきちんと知ってもらうことができれば、仕事がない状態を変えることが可能です。

特に、インターネットを正しく活用することで、さまざまな仕事が舞い込むようになります

今回は、仕事がないミュージシャンが、その状況を変える方法を解説します。読み終えてすぐ実践できる内容なので、楽しみにしていてくださいね。

仕事がないミュージシャンは音楽にこだわろう

仕事がないミュージシャンに対して、音楽以外の仕事を勧める人は多いです。例えば、次のような感じです。

・株やFXをやってみるのはどうか?

・転売やアフィリエイトをやってみたら?

・音楽以外の仕事に就いたらいいんじゃない?

しかし、これはオススメしません。なぜなら、興味のない仕事に取り組もうとしても、長続きしないからです。

もしお金を稼げたとしても、音楽に使える時間が減ります。これでは、ミュージシャンが幸せを感じるのは難しいです。

ミュージシャンが最も情熱が持てることは「音楽」です。であれば、その仕事を獲得することを考えていきましょう。そうすれば、十分なお金を稼ぎながら、幸せな人生を手に入れることが可能です。

音楽の仕事を獲得する方法は、以下の無料動画レッスンでも詳しく解説しています。

音楽の仕事を獲得する全15話・5時間49分の無料動画レッスン

仕事がないミュージシャンが獲得できる仕事

仕事がないミュージシャンは、どんな仕事を獲得すれば良いでしょうか。これには、大きく分けて「演奏活動」「サポート」「講師業」の3つがあります。

ミュージシャンとして演奏活動をする

ミュージシャンが獲得できる仕事に、「演奏活動」があります。

ファンを獲得すれば、ライブやコンサート、CD販売、ファンクラブの運営などを行い、その対価としてお金をもらえます。

また、バー・ホテル・レストランなどから、演奏の依頼をされる可能性もあります。

他のミュージシャンをサポートする

ミュージシャンは、サポートとしての仕事も獲得できます。サポートとは、主役となる他のミュージシャンを助けることです。

例えば、次のようなものです。

・他のミュージシャンのライブで伴奏をする

・他のミュージシャンのレコーディングに参加する

・他のミュージシャンが作った歌詞に曲をつけてあげる

「自分のスキルは大したことがない」と思っているミュージシャンは多いです。

しかし、あなたにとっては当たり前のことでも、それを必要する人はたくさんいます。彼らから感謝されながら、お金を頂けるのがサポートの仕事です。

このように、他のミュージシャンをサポートすることでも、仕事がない状況を脱却できます。

ミュージシャンとして講師業をする

ミュージシャンは、音楽を教える仕事をすることもできます。歌や楽器、作曲などのやり方を、初心者に指導するのです。

講師というと、教室で教えるイメージがあります。しかし、音楽スタジオを借りたり、ネットを使ったりすれば、教室を作らなくても指導は可能です。

以下の画像は、僕がインターネットのテレビ電話で個人レッスンをしている様子です。

講師業のメリットとして、収入を安定させやすいことがあります。なぜなら、生徒を獲得すれば、毎月同じレッスン料を払い続けてくれるからです。

例えば、月2万円のレッスン料を払う生徒を5人獲得すれば、毎月10万円の収入が入ってきます。

演奏活動やサポートの場合、どうしても単発の仕事が増えます。このため、仕事がない期間が生まれやすく、不安定になりやすいです。

このように、講師業をすることでも、仕事がないミュージシャンを脱却できます。

仕事がないミュージシャンが仕事を取る方法

それでは、どのようにすれば仕事を獲得できるのでしょうか。ここからは、有効な方法を3つ紹介します。

クラウドソーシングサイトの活用

仕事がないミュージシャンにオススメなのが、「クラウドソーシングサイト」の活用です。ここでは、自分が持つスキルを求める人を募集し、仕事の依頼を受けることができます。

例えば、次のような募集を行うことが可能です。

このように、「ギターを演奏します」「楽器の録音をします」「ピアノの伴奏をします」など、多くのミュージシャンが自身のスキルを「出品」しています。

クラウドソーシングサイトは、無料で使うことができます。有名なものは、次の3つです。

・ココナラ

・ランサーズ

・クラウドワークス

こうしたクラウドソーシングサイトでスキルを提供することで、感謝されながらお金を稼ぐことが可能です。

ここで解説したように、クラウドソーシングサイトを活用することで、仕事がないミュージシャンを脱却できます。

ミュージシャンとしての演奏動画投稿

また、演奏動画を投稿することでも、仕事の依頼をもらうことが可能です。自分のファンを獲得したり、演奏依頼が届いたりするようになります。

このとき、最初は有名な曲のカバーから投稿してください。あなたのオリジナル曲は、誰からも知られていません。よって、検索されることがなく、聴いてもらうキッカケがないからです。

逆に、カバーをたくさん投稿していくにつれて、「この人のオリジナル曲も聴いてみよう」と思ってもらえるようになります。

インターネットの魅力は、日本中の人に聴いてもらえることです。また、投稿した動画はずっと残るので、24時間365日再生され続けます。

よって、路上やライブハウスで演奏するよりも、遥かに多くの人に聴いてもらえるのです。当然、仕事の依頼をもらえるチャンスも増えます。

このように、演奏動画を投稿することで、仕事がないミュージシャンを脱却することが可能です。

こうした投稿を通じて仕事を獲得する方法は、以下の無料動画レッスンでさらに詳しく解説しています。

音楽の仕事を獲得する全15話・5時間49分の無料動画レッスン

ミュージシャンとしての知識の発信

さらに、ミュージシャンとしての知識を発信していくのも効果的です。練習法や上達法、テクニックなどを紹介していくのです。

ネット上には、音楽の知識を求める人がたくさんいます。あなたが発信をすることで、多くの人に見てもらうことが可能です。

あなたが読んでいるこのブログも、その一例です。僕のブログには、毎月4万人以上・年間50万人近くの読者が訪れます。以下のグラフは、過去12ヶ月間の読者数推移です。

このように、音楽の知識を発信することで、多くの人に存在を知ってもらえます。そこから、たくさんの仕事の依頼が舞い込むようになるのです。

もちろん、必ずしもブログを使う必要はありません。YouTube・SNS・アプリなど、方法は無限に存在します。

「知識を発信する」というと、「自分には大した知識がない」と考えるミュージシャンは多いです。もちろん、その気持ちはよく分かります。

しかし、高度な知識など誰も求めていません。なぜなら、世の中に多いのは初心者だからです。中級者・上級者になるにつれ、その数はどんどん減っていきます。

僕のブログでも、初歩的な内容に関する記事が圧倒的に読まれます。逆に、高度な知識を発信しても、ほとんどアクセスが集まりません

このため、極めて初歩的な知識を、分かりやすく説明すれば問題ありません。これだけで、あなたというミュージシャンの存在が知れ渡り、仕事の依頼が舞い込むようになります。

ここで解説したように、ミュージシャンとしての知識を発信することで、仕事がない状態を脱することが可能です。

発信を通じて仕事を獲得する方法は、以下の無料動画レッスンでさらに詳しく解説しています。

音楽の仕事を獲得する全15話・5時間49分の無料動画レッスン

まとめ:仕事がないミュージシャンが仕事を取るには

今回は、仕事がないミュージシャンが、その状況を変える方法を解説してきました。

仕事がないミュージシャンが獲得できる仕事には、次のようなものがあります。

・演奏活動

・サポート

・講師業

これを獲得する方法は、次の3つです。

・クラウドソーシングを利用する

・演奏活動をインターネットに投稿する

・ミュージシャンとしての知識を発信する

この記事を読んだあなたが、仕事がない状況を脱することができますように。応援しています!

また、インターネットで音楽の仕事を獲得するための、全15話・5時間49分の無料動画レッスンをプレゼント中です。ぜひ、活用してみてください。

音楽の仕事を獲得する全15話・5時間49分の無料動画レッスン

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ

動画レッスン全15話を無料プレゼント