音楽で売れるには?売れるミュージシャンが絶対やらないこと

Pocket

こんにちは、武藤です。

tccfmswt

「音楽で売れるには、どうしたら良いのだろう」と考えるミュージシャンは多いです。

しかし、99%以上の人が、売れるための方法を間違えてしまいます。例えば、事務所所属を目指す・ライブをたくさんする・ひたすら練習をするなどです。

残念ながら、間違った努力をしても売れることはありません。そうではなく、正しいやり方を知った上で、行動を積み重ねることが大切です。

今回は、音楽で売れるためのNG行動と、本当にやるべきことを紹介します。この記事を読むことで、あなたは必ず売れるミュージシャンへと近づけます。

記事の内容を動画でも話しました。中央の再生ボタンを押してご覧ください。

音楽で売れるには絶対やるべきでないこと

まず、音楽で売れるために「やるべきではないこと」から解説します。

ほとんどのミュージシャンが、間違った努力をしています。だからこそ、「これは絶対やらない」と決めるだけで、売れる可能性が生まれるのです。

音楽で売れるために事務所所属を目指す

音楽で売れるために、事務所(プロダクション)に所属しようと考えるミュージシャンは多いです。

もちろん、所属できれば売れるかもしれません。しかし、今から売れようとするミュージシャンが、ここを目標にしても失敗します。

なぜなら、音楽事務所は、売れる前のミュージシャンを所属させたいとは考えないからです。

売れる前から事務所に入るのは無理

音楽事務所は、ボランティアではありません。あくまで、目的はお金儲けです。売れるミュージシャンを所属させ、お金儲けをしたいと考えます。

このため、当然ながら「売れるミュージシャンを所属させたい」と考えます。なぜなら、ミュージシャンが売れるほど、たくさんのお金が儲かるからです。

それでは、事務所はどのような基準で「売れるミュージシャン」を探すのでしょうか。この答えはシンプルであり、「すでに売れているという実績があること」です。

ほとんどのミュージシャンは、「演奏や作品が認められれば事務所に所属できる」と考えています。

しかし、実際にはそうではありません。すでに売れている実績があって、初めて所属できるようになるのです。

例えば、次のような2組のミュージシャンがいるとします。事務所が「所属させたい」と考えるのは、A・Bのどちらでしょうか。

A:演奏はとても上手いが、まだファンはいない

B:演奏はそこそこだが、ライブを開くごとにチケットが100枚売れる

このとき、100%の確率で「B」が選ばれます。「所属させる前から売れているのだから、所属させてバックアップすればもっと売れるだろう」と考えるからです。

一方で、「A」を所属させようとは考えません。なぜなら、資金をかけてバックアップしても、売れるかどうか分からないからです。

もし売れなければ、事務所は大きな赤字を負います。よって、そのリスクを避けようとするのはの当然です。

こうした事情から、すでに売れているミュージシャンだけが、事務所に所属することができます。

すなわち、事務所に所属するには、自分の力で売れた実績を作ることが必要です。この実績を作る方法をまとめた動画レッスンは、以下のページで無料プレゼントしています。

実績を作る方法を解説した全15話・5時間49分の無料動画レッスン

売れる前から入れる事務所の正体

一方で、売れる前のミュージシャンでも入れる事務所も存在します。ただ、これらは悪徳業者です。引っかかると、莫大なお金を騙し取られてしまいます。

彼らは、オーディションを開催したり、SNSやライブ会場で声をかけたりして、売れる前のミュージシャンに近づきます。そして、次のように声をかけてきます。

◯◯プロダクションの者です!
あなたの音楽はすばらしい!
ぜひうちの事務所に所属しませんか?
自称プロデューサー
自称プロデューサー

するとミュージシャンは、「自分の音楽が評価された!」と錯覚します。こうして判断能力を失わせた後に、以下のような理由をつけて、金銭を要求してきます。

・所属料

・制作費

・レッスン料

・チケットノルマ

本来、音楽事務所というのは、所属ミュージシャンからお金を取るものではありません。あくまで、ミュージシャンが売れた場合にのみ、その一部を自分の収入にします。

ミュージシャンからお金を取るのは、事務所のフリをした悪徳業者です。同じ手口で片っ端から声をかけ、お金を騙し取ろうとします。

要求される金額は、合計で100万円以上に達することもあります。しかし、ミュージシャンはサポートを受けられず、売れることもありません。

しっかりとした事務所に所属するには、自分の力で売れるしかありません。その方法を解説した、無料動画レッスンは以下のページでプレゼントしています。

実績を作る方法を解説した全15話・5時間49分の無料動画レッスン

音楽で売れるためにたくさんライブする

音楽で売れるために、ライブ活動をするミュージシャンは多いです。ライブハウスやイベントで演奏して、たくさんの人に見てもらおうとします。

しかし、ライブ活動をしても、売れることはありません。なぜなら、ライブハウスやイベントに出ても、お客さんがほとんどいないからです。

例えば、次のような悲惨なイベントはたくさんあります。

・イベント全体の集客が10人以下

・客席に共演者やスタッフしかいない

売れる前のミュージシャンは、売れる前のミュージシャンと共演させられます。よって、誰もイベントにお客さんを呼べないのです。

一方で、以下の画像のように、たくさんのお客さんがいるライブも存在します。

しかし、売れる前のミュージシャンが、このようなイベントに出演できることはまずありません。

このため、「せっかくライブに出ても見てくれる人がいない」という状況に陥ります。これでは、ファンが増えることはないのです。

多くのミュージシャンが、毎週のようにライブを繰り返します。高額なチケットノルマを負担し、莫大な時間をかけて練習をします。

しかし、このような活動を繰り返して、売れていく人は皆無です。なぜなら、圧倒的に効率が悪いからです。

ライブをすると、「音楽をやっている気分」には浸れます。その一方で、時間とお金はどんどんなくなっていきます。

このように、人のいないライブで演奏したところで、ミュージシャンが売れることはありません。よって、「たくさんライブをして売れよう」という考え方は捨ててください。

音楽で売れるために技術を磨く

「音楽で売れるためには、演奏技術が全てだ!」と考えるミュージシャンは多いです。そして、ひらすら練習したり、レッスンに通ったりします。

しかし、演奏の技術を磨いても、売れることに繋がりません。なぜなら、質の高い音楽と、売れる音楽は違うからです。

僕はこのブログを通じて、音楽で売れたい人の相談に乗ってきました。その中には、次のような人もいました。

・音大を首席で卒業したものの、演奏者として食べていけない

・世界的なコンクールで入賞したが、演奏者として食べていけない

これらの人たちは、間違いなく技術が高いです。それにもかかわらず、演奏者として売れることがないと悩んでいるのです。

あるいは、毎週発表される、音楽の売り上げランキングを観察してみてください。演奏の上手さと、音楽の技術が比例していないことが分かるはずです。

音楽で売れるためには、技術だけでは不十分です。それよりも、次のような要素が重要になります。

・自分の魅力を上手に伝えられるか

・どれくらいの人から知られているか

・好みの合う人にどれだけ聴いてもらえるか

まずは、技術を磨く作業と、売れるために必要な作業は別であることを認識してください。このことが、音楽で売れるための第一歩です。

現在、「売れる方法」に特化した、全15話・5時間49分の動画レッスンを無料プレゼント中です。以下のURLから、ぜひご覧ください。

実績を作る方法を解説した全15話・5時間49分の無料動画レッスン

音楽で売れるには今日からコレをやろう

それでは、音楽で売れるには、どうすれば良いのでしょうか。それは、インターネットを使った集客をマスターすることです。

今の時代、売れるミュージシャンはほぼ全員がこれをやっています。これには、以下のようなメリットがあります。

数十万人から知ってもらえて音楽が売れる

インターネットを使うと、たくさんの人に存在を知ってもらえます。これは、音楽で売れることに直結します。

あなたの音楽が、100人に1人から好きになってもらえるものだとします。このとき、1000人に知ってもらえれば10人、1万人に知ってもらえれば100人のファンが生まれます

ネットを使えば、数十万人に存在を知られることも十分に可能です。例えば以下のグラフは、当ブログ「音楽活動のヒント」における、過去1年間の月間訪問者数推移です。

毎月4万人以上、年間で50万人近くが訪れます。あなたもこうしたブログを作れば、莫大な数の人から知られるようになります。

こうしたことが可能なのは、ブログだけではありません。YouTube・SNS・アプリなど、さまざまな選択肢が存在します。

このように、個人でも数十万人に存在を広められるのが、インターネットの強みです。あなたの音楽を知る人が増えるほど、売れるようになります。

ネット集客でたくさんの人に知ってもらう方法については、「無料動画レッスン」の第3話〜第6話で詳しく解説しています。ぜひ、以下のリンクからお受け取りください。

ファンを増やすための全15話・5時間49分の無料動画レッスン

日本全国に向けて音楽を売れる

さらに、日本全国に向けて音楽を売れるようになります。なぜなら、インターネットでは「どこに住んでいるか」が関係ないからです。

例えば、僕はこのブログを東京の自宅で書いています。それでも、北海道や沖縄の人から見てもらうことも多いです。

やり方によっては、海外にファンを獲得することもできます。以下の画像は、僕が指導している生徒のYouTubeチャンネルのコメント欄です。

英語・スペイン語・韓国語など、さまざまな国の言語が飛び交っています。たくさんの国の人に音楽を聴いてもらい、ファンを増やすことに成功しています。

このように、インターネットの集客をマスターすることで、日本全国や世界中で音楽を売れるようになります。

現在、音楽に特化したネット集客の方法を解説した、全15話・5時間以上の無料動画レッスンをプレゼントしています。以下のページから、ぜひお受け取りください。

全15話・5時間49分以上の無料動画レッスン

自己流でやっても音楽で売れることはない

ただし、自己流で売れるミュージシャンになれるほど、ネット集客は甘くありません。

現に、ブログ・SNS・YouTubeを「ただ使っているだけ」のミュージシャンは大勢います。しかし、ほとんどの人が結果を出せません。

具体的には、以下のような壁にぶち当たってしまう人が多いです。

・何を投稿すればいいかわからない

・オリジナル曲をアップしても再生されない

・アクセス、再生回数、フォロワーが増えない

歌や楽器の練習も、間違ったやり方では上達しません。集客もこれと同じであり、実際に成果を出している人から教えてもらう必要があります。

現在、僕は30人以上の生徒にネット集客を教えています。しかし、一人で運営しているため、これ以上生徒を増やせない状況です。

そこで、「無料動画レッスン」を提供しています。順番に送られてくる全15話の動画を見ることで、ミュージシャンがやるべきネット集客の全体像が分かります

努力をすれば、全国に向けて音楽を売れるようになります。以下のリンクから、ぜひお受け取りください。

インターネット集客をマスターできる全15話の無料動画レッスン

まとめ:ミュージシャンが音楽で売れるには

今回は、ミュージシャンが音楽で売れるには、どうすれば良いかを解説してきました。

多くの人が、事務所所属を目指したり、たくさんライブをしたりします。しかし、それが成果に結びつくことはありません。

そこで、インターネットを使った集客を勉強することをオススメします。数十万人以上に知ってもらい、日本全国にファンを増やすことが可能です。それでいて、ほとんどお金がかかりません。

ミュージシャンに特化した集客方法については、以下の無料動画レッスンで全体像を解説しています。ぜひ、活用してみてください。

音楽で売れるための全15話・5時間49分以上の無料動画レッスン

あなたが売れるミュージシャンになるために、この記事が役に立てば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ

動画レッスン全15話を無料プレゼント