音楽を売る!自分の曲を売る!自作曲・オリジナル曲販売方法

Pocket

こんにちは、武藤です。

tccfmswt

自分の音楽を作ったら、それを販売したいものです。しかし、売り方が分からない人も多いと思います。

現在の僕は、音楽ビジネス専門のスクールを運営しています。その中で、オリジナル曲の販売に成功した生徒たちの事例をたくさん見てきました。

今回は実際の成功事例をもとに、自作曲を販売する方法を解説します。これを読むことで、オリジナル曲の売り方を完全に理解できます。

自分の曲・音楽を売る方法:まずは無料で公開

音楽を売る際に必須となるのが、自作曲を無料で公開することです。ネット上でも、リアルでも良いので、お金を出さずに聴ける場を用意しましょう。

多くの人は、「無料で聴かせると売れなくなる」と考えます。しかし、実際には逆です。無料で聴かせないと、全く売れていきません

これは、あなたが曲を買う側の立場で考えれば分かることです。全く知らない人の、耳にしたこともない音楽にお金を払うでしょうか。おそらく、答えは「NO」だと思います。

無料で公開しなくても売れるのは、すでに熱心なファンがいる人だけです。この場合は、「前に買った曲も良かったので、次の曲も絶対に良いはずだ」と考える人が購入してくれます。

しかし、少なくともこれからファンを増やす段階では、良い結果には繋がらないです。よって、無料で音楽を聴いてもらえる場を用意しましょう。

確かに、無料で公開されたものを聴くだけで、お金を出さない人の方が多いです。しかし、中には次のような人も必ず現れます。

・もっと高音質で聴きたい

・音楽プレーヤーに入れて聴きたい

・作曲者であるあなたを応援したい

仮に、100人が無料で耳にして、1人が買ってくれるとします。それでも、1000人が聴けば10人に売れますし、1万人が聴けば100人に売ることが可能です。

インターネットを使えば、それだけの人に曲を届けることは難しくありません。その方法については、以下の「無料動画レッスン」ですべて解説しています。

無料:ネットで全国に向けて音楽を売る方法を解説した全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

自分の曲・音楽を売る方法:再生数を増加させる

自作曲を売るには、再生してくれる人を増やす必要があります。これができて、初めて販売できる可能性が生まれます。

このとき、以下のような行動に出る人が多いです。

・試聴サイトに投稿する

・音源を動画サイトに公開する

これだけでは、ほとんど再生されない状態が続きます。これは曲が悪いのではなく、その存在に誰も気が付かないことが原因です。

そこで、自作曲だけではなく、「音楽に興味がある人が関心をもつ話題」も投稿するようにしてください。これにより、たくさんの人から見てもらえるようになります。

このとき、以下のような場で発信をすると良いです。

・ブログ

・SNS

・YouTube

これを地道に続けていけば、たくさんの人が見てくれるようになります。

例えば、当サイト「音楽活動のヒント」にも、過去1年間で50万人以上が訪れました。以下の画像は、アクセス解析ツールで見た実際の数値です。

こうした媒体を作り、そこで自作曲を公開するようにします。こうすることで、多くの人が再生し、購入してくれるようになるのです。

このように、まずは再生してくれる人を増やすことが、音楽を売るためには重要です。この方法については、以下の「無料動画レッスン」でも詳しく解説しています。

無料:ネットで全国に向けて音楽を売る方法を解説した全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

自分の曲・音楽を売る方法:生演奏を聴かせ売る

また、音楽を生で演奏し、その場で売るという方法も有効です。

これは、路上ライブ・ライブハウス・コンサートホールなどで昔からある手法です。生演奏は、曲の魅力を最も強く伝えることができます。よって、とても売れやすいです。

この方法のデメリットは、自分で演奏ができる人しか使えないことです。また、生演奏を聴かせるためには、自分の足で動かなければなりません。

よって、効率は決して良くないです。ただ、もしあなたが演奏活動をしていて、この方法を取り入れていないのであれば、すぐに始めることをおすすめします。

このように、生演奏を聴いてもらって、その場で販売するという売り方もあります。

自分の曲・音楽を売る方法:聴き放題を売る

そして、あなたの自作曲が聴き放題になる、ファンクラブを作るという売り方もあります。

現在では、「サブスク(サブスクリプション)」と呼ばれる、月額制の音楽聴き放題サービスが増加しています。これと似たようなイメージです。

「聴き放題のサービスを作る」と聞くと、難しそうなイメージを持つかもしれません。しかし実際には、以下の3つが出来れば完成します。

1:曲を聴き放題のページを作成する

2:パスワードをかける

3:URLとパスワードを会員に連絡

また、自作曲の聴き放題に加え、さらに満足してもらえる特典をつけるようにします。例えば僕の生徒の場合、以下のようなことを行なっています。

・楽曲制作の風景を配信する

・会員限定のコラムや音声を配信する

・定期的に会員限定ミニライブを行う

こうすることで、月額3,000円程度のファンクラブに、会員が集まるようになっています。

このように、自作曲が聴き放題のファンクラブを作り、そこの会員になってもらうという売り方もあります。ファンクラブについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

ファンクラブの作り方・企画運営方法!ファンクラブビジネス最新事例

自分の曲・音楽を売る方法:1人のファンに売る

あるいは、たった1人のファンに向けた曲を売って、成果を出した人もいます。

僕の生徒は以前に、「あなたのために曲を作ります」という企画をやりました。ファンの要望を聞きながら、その相手のためだけに曲を作り上げていくというものです。

曲調・歌詞・テーマなど、ファンの意見を取り入れながら曲を作っていきます。このとき、ファンからは次のような要望があったそうです。

・私が詞を書くので、それに曲をつけてほしい

・結婚が決まったので、それをテーマにした曲が欲しい

・資格の勉強を頑張っているので、応援ソングを作ってほしい

世の中で販売される曲のほとんどは、「たくさんの人」に向けて販売されます。そして、「たくさんの人」がそれを購入します。

しかしこの企画では、自分のためだけに曲を作ってもらえるということで、非常に好評でした。1曲を98,000円で販売したにも関わらず、すぐに完売したのです

こうした企画の考え方は、「無料動画レッスン」の第10話〜第12話で詳しく解説しています。以下のリンクから、ぜひお受け取りください。

無料:ネットで全国に向けて音楽を売る方法を解説した全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

このように、たった1人のファンに向けた曲を作ることも、売るための戦略の1つです。ぜひ、取り入れてみてください。

自分の曲・音楽を売る方法:ミュージシャンに売る

あるいは、ミュージシャンに向けて曲を販売するという売り方もあります。

自作曲を売るとき、一般の人だけを対象にする人は多いです。しかし、ミュージシャンも対象とすることで、可能性が大きく広がります。

ミュージシャンの中には、オリジナル曲が欲しいものの、自分では作れないという人がたくさんいます。よって、お金を払ってでも曲を作って欲しいという人は大勢います。

こうした人をターゲットに、音楽を作って売るのです。すべて自分で作っても良いですし、相手の要望を取り入れながら作ることも喜ばれます。

このように、他のミュージシャンに対して、自分の曲を売ることも効果的です。

自分の曲・音楽を売る方法:銀行振込やPaypalで売る

自作曲を売るときは、お金の受け取り方を考える必要があります。このとき、「銀行振込」と「クレジットカード」という2つを用意すると親切です。

銀行振込については、曲を購入してくれたお客さんだけに、メールで口座情報を教えるようにします。例えば、次のような感じです。

そして、入金を確認できたら、相手に曲を送るようにします。ファンクラブの場合は、会員限定のページとパスワードをメールしましょう。

クレジットカード決済では、「Paypal(ペイパル)」というサイトがオススメです。これを使うことで、安全に支払いをしてもらうことができます。

Paypalは、無料で使い始めることができます。商品が売れた場合のみ、価格の3.6%の手数料を取られるだけです。これは他と比較しても安いため、心からおすすめできます。

また、1回限りの決済だけではなく、「毎月◯円を引き落とす」という設定も可能です。よって、ファンクラブを作る際にも非常に役立ちます。

このように、自作曲を売る際は、銀行振込とクレジットカード決済を用意すると良いです。これにより、遠く離れたお客さんからもお金を受け取れます。

無料:ネットで全国に向けて音楽を売る方法を解説した全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

まとめ:音楽を売る・自分の曲を売る販売方法

今回は、オリジナル曲を販売したい人に向けて、自作曲を売る方法を解説してきました。

まとめると、次の通りです。

・曲を売るために、無料で公開することは必須

・自作曲以外の投稿もすると、曲を再生されやすくなる

・生演奏を披露し、その場で曲を売ると売れやすい

・ファンクラブを作り、その中で聴き放題にするのも効果的

・たった1人のファンに向けた曲を作るのも喜ばれる

・一般人だけではなく、ミュージシャンに向けても売るべき

・銀行振込とクレジットカード決済を用意すべき

この記事を読んだあなたが、オリジナル曲を売ることができるようになりますように。応援しています!

また、インターネットを使って、個人が全国に音楽を売る最新の手法については、以下の「無料動画レッスン」ですべて解説しています。ぜひ、活用してみてください。

無料:ネットで全国に向けて音楽を売る方法を解説した全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ

動画レッスン全15話を無料プレゼント