20歳から歌手を目指すのは無謀?20代で歌手になるには?

Pocket

20歳を超えてから、歌手になりたいと考える人は珍しくありません。しかし、「今からでは難しいのでは」と考え、不安になってしまうことも多いです。

確かに、20歳から歌手を目指すのは難しいと言われます。受けられない歌手オーディションが増えてきますし、10代でデビューする人も多いからです。

ただ、安心してください。正しい方法を知った上で努力すれば、20歳から歌手になることは十分に可能です。

今回は、20代から歌手になるには、どうすれば良いのかを詳しく解説します。これを読むことで、20歳から歌手を目指す方法を完全に理解できます。

20歳から歌手を目指すのは厳しいと言われる理由

一般的には、20歳から歌手を目指すのは厳しいと思われることが多いです。この理由は、以下の3つがあります。

・20代で受けられないオーディションが増えること

・20代前半までに歌手デビューをする人が多いこと

・20代の途中で歌手にならない選択をする人が増えること

それぞれについて、ここから詳しく解説していきます。

20代で受けられないオーディションが増える

1つ目の理由は、20代では受けられないオーディションが増えてくることです。

オーディションでは、応募できる年齢が決まっています。このとき、22歳くらいまでを対象とするものが多いです。

募集要項を見ては、「自分は受けられないのか」と思うケースが増加します。すると、「20代で歌手になりたいというのは厳しいのかも」と考えるようになるのです。

このように、受けられるオーディションが減少することも、20歳から歌手を目指すのは厳しいと言われる理由の1つです。

オーディションを受けずに歌手になれる最新の方法

20代前半までにデビューする歌手が多い

2つ目の理由は、20代前半までにデビューする歌手が多いことです。「デビュー」とは、大手のレコード会社からCDを発売することを意味します。

平均的には、18歳から25歳でデビューする歌手が大半です。おそらく、あなたの実感ともそう違わないのではないでしょうか。

若い年齢でデビューする人が多い理由として、レコード会社の意向があります。

あらゆる調査において、音楽に対して最もお金を使うのは「10代」であるという結果が出ています。よって、この年齢層をターゲットにしようと考える企業が多いです。

このとき、歌手自身の年齢も若い方が、人気が出やすいだろうと計算します。なぜなら、共感や親しみを感じてもらいやすいからです。

こうした現実から、「20歳から歌手を目指すのは厳しいのでは」と考える人が増えるのは当然です。

20歳からでも歌手になれる最新の方法

20代半ばで歌手を目指す人が減少する

3つ目の理由は、20代半ばで歌手を目指す人が減少することです。

10代の頃に、歌手になりたいと考える人は多いです。しかし、年齢を重ねるにつれて、考えを変える人が少しずつ増えてきます。

20代では、就職・結婚・出産など、人生の転機が何度も訪れます。また、視野が大きく広がり、歌手以外の仕事をする選択肢も見えてきます。

周囲の人が歌をやめていくのを見ると、「20代で歌手を目指すのは厳しいのでは」と考えるようになるのは当然です。

このように、歌手を目指すのをやめる人が増加することも、20代では厳しいと言われる理由の1つです。

年齢問わず歌手になれる最新の方法を完全解説した全15話・5時間49分の無料動画レッスンを受け取る

歌手になりたい20代が歌手になるには

こうした現実を踏まえた上で、20代から歌手になるにはどうすれば良いのでしょうか。

20代から歌手になるにはオーディションはNG

まず、歌手になりたい20代には、オーディションは全くおすすめできません。なぜなら、20代で受けられるオーディションには、悪徳業者がとても多いからです。

「歌手になりたい」という真剣な気持ちにつけ込まれ、大金を奪われてしまう人はたくさんいます。最悪、数百万円の借金を背負う事例もあるのです。

歌手になりたい20代を狙う悪徳業者の手口

「オーディション」というと、きちんとした音楽業界の関係者が主催しているようなイメージがあります。しかし実際には、誰でも開催することが可能です。

よって、多くの悪徳業者が「事務所」を名乗って開催しています。そして、雑誌やネット上でオーディションを告知しています。

彼らの手口は、以下のようなものです。

1:無料でオーディションを募集する

2:合格を言い渡して、応募者の気分を高揚させる

3:登録料やレッスン料などの名目で多額の費用を要求する

事務所はそもそも、グッズやチケットなどを売ってお金を儲ける企業です。歌手本人からお金を取ることは、絶対にありません。

登録やレッスンなどにかかる費用も、彼らが全額負担するのが当たり前です。その価値がある新人を選ぶ目的で行われるのが、オーディションです。

したがって、合格者からお金を要求する時点で、100%悪徳業者だと言えます。

こうしたオーディションには、20代以降をターゲットにするものが多いです。10代と比べるとお金を持っているため、業者はそれを狙うのです。

こうした悪徳業者と契約をしても、歌手になることは絶対にできません。僕の周囲にも、20代でこうした被害にあった人がたくさんいます。

優良事務所のオーディションは競争率が高すぎる

もちろん、中には真っ当なオーディションも存在します。しかし、こちらは競争率が極めて高いです。具体的には、合格率が0.01%を下回ることもあります。

よって、何年もオーディションを受け続けて、選ばれないまま20代を終えてしまう人がほとんどです。

もしオーディションに合格できても、歌手になれる保証は一切ありません。合格はあくまで、候補者になることに過ぎないからです。

これらの理由から、20代で歌手になりたい人に、オーディションは全くおすすめできません。

オーディションではなく、自分の力でファンを増やして歌手になる方法は、以下のページですべて解説しています。

オーディション以外で歌手になる最新の方法を完全解説した全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

20代から歌手になるにはファンを増やすべき

20代から歌手になるには、最も確実な方法が1つあります。それは、自分で歌手活動を行い、応援してくれるファンを増やすことです。

これができれば、優良な事務所やレコード会社から声がかかるようになります。また、所属をせず、個人で歌手として食べていくことも可能です。

いずれにせよ、ファンを増やせば100%プロになれます。ここからは、その理由を詳しく解説していきます。

音楽業界はファンがいる歌手を求めている

ファンを増やすことで、音楽業界からスカウトされるようになります。なぜなら、彼らが最も求める新人の条件は、「デビュー前からファンがいること」だからです。

彼らの目的はボランティアではなく、お金儲けです。それを実現させるために、売れる可能性が高い新人だけを所属させたいと考えます。

このとき、デビューする前からファンがいる新人に対しては、次のように計算します。

・すでにファンがいるのだから、デビュー後ももっと売れるに違いない

・すでにファンがいるのだから、宣伝費を節約しても売れるに違いない

多くの人は、歌が上手かったり、ルックスが良かったりすればスカウトされると考えています。しかし、それは大きな勘違いです。

歌や顔が良くても、売れなかった歌手は今までにもたくさんいます。よって、ファンがいない新人と契約することを、彼らは不安に感じるのです。

これには、年齢が一切関係ありません。20代だろうが、50代だろうが問題ありません。彼らは、それくらい「ファンがいること」を重視しているのです。

ファンを増やす方法については、「無料動画レッスン」ですべて解説しています。以下のリンクから、ぜひお受け取りください。

ファンを増やしてプロ歌手になる方法を解説した無料:全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

所属せずでも20代から歌手になれる

なお、ファンを増やすことに成功すれば、事務所やレコード会社に所属しなくても歌手になれます。なぜなら、彼らの力を頼らず、自分で収入を得ることが可能になるからです。

CDを作ったり、店でライブをしたりすることは、実は一人でもできます。ネットで安い業者を探したり、知り合いを頼ったりすればOKです。

こうして作った商品を、ファンに購入してもらえばどうでしょうか。事務所やレコード会社の力を借りることなく、自分でお金をもらえてしまうのです。

さらに言うと、所属をしない方が、歌手として生きていくためのハードルは低いです。これは、ファンが支払ったお金が、すべて自分のものになるためです。

事務所やレコード会社に所属してしまうと、歌手はほとんどお金を受け取れません。一般的な契約の場合、CDの売り上げは以下のように分けられます。

円グラフにおいて、「アーティスト」という赤い部分が歌手の収入に該当します。売り上げのうち、わずか1%しか受け取れないのです。

歌手には他にも、グッズ・チケット・ファンクラブなどの収入もあります。しかし、これらもCDと同じように、ほとんど自分のものになりません。

したがって、事務所やレコード会社に所属しながら、食べていくことすらできない歌手がほとんどです。あまり知られていないことですが、紛れもない事実です。

一方で、所属せず個人で活動すれば、売り上げはすべて自分のものになります。このため、ファンが少ないうちから食べていけるのです。

僕の生徒でも、こうした形で食べていけるようになった人がいます。その方法については、以下の「無料動画レッスン」ですべて解説しています。

事務所やレコード会社に所属せず歌手になる方法を完全解説した全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

歌手になりたい20代がファンを増やす方法

それでは、歌手になりたい20代は、どうすればファンを増やせるのでしょうか。

今の時代は、インターネットを使うことが有効です。これだけで、日本全国にファンを増やすことができます。例えば、次のようなものが効果的です。

・SNS

・ブログ

・YouTube

こうした方法は、ほとんどお金がかかりません。よって、今日からでも始めることが可能です。

歌手になりたい人の中で、こうした方法に気づいている人はまだ少ないです。よって、今はライバルがとても少なく、成果を出しやすいと言えます。

ネットを使ってファンを増やす方法は、「無料動画レッスン」ですべてを解説しています。20歳から歌手を目指す上で、ぜひ活用してみてください。

20代からファンを増やしてプロ歌手になる方法を完全解説した全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

まとめ:20歳から歌手を目指す!20代から歌手になるには

ここまで、20代から歌手になりたい人が、その夢を叶える方法を解説してきました。

そのためには、1人ずつファンを増やすことが重要です。音楽業界からスカウトされるようにもなりますし、自分の力でプロになることもできます。

現在、20代からファンを増やして歌手を目指すステップを詳しく解説した、全15話・5時間49分以上の動画レッスンを無料でプレゼントしています。よろしければ、こちらもご覧になってください。

僕の発信が、ほんの少しでも役に立てば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ

動画レッスン全15話を無料プレゼント