オーディション曲向きの選曲!歌う曲・歌うと良い曲おすすめ

Pocket

こんにちは、武藤です。

tccfmswt

ボーカルオーディションを受けるとき、悩みのタネになるのが「選曲」です。歌う曲を選ぶときは、とても迷いますよね。

実際、選曲における間違いが原因で、オーディションに落とされてしまう人は多いです。特に、何も考えず自分の好きな曲を選ぶと、高確率で失敗します。

僕は音楽関係の仕事をしているので、審査員と話す機会があります。彼らに、「オーディション向きの選曲のコツ」を聞いてみました。

今回は、審査員から実際に聞いた情報から、オーディションで歌うと良い曲について解説します。この記事を読むことで、歌う曲の選び方がハッキリと分かります。

記事の内容を動画でも話しました。中央の再生ボタンを押してご覧ください。

オーディション選曲の前に曲指定の有無を確認

まずは、オーディションで歌う曲の指定があるかを確認してください。これは、募集要項に記載されているものです。

もし指定がある場合、次のようなパターンが多いです。

・複数の課題曲の中から、好きなものを1つ選べるパターン

・「必ずこの曲を歌ってください」という課題曲があるパターン

・「洋楽」「J-Pop」「アニソン」など、ジャンル指定があるパターン

指定がある場合、そこから外れた曲を歌うと、その時点でオーディションに受かりません。このため、しっかりと確認しておくことが大切です。

オーディションでは音域の合う歌がおすすめ

オーディションで歌う曲は、自分に合った音域のものが良いです。音域とは、出せる声の高さの範囲のことをいいます。

音域は、ひとりひとり違います。世の中にある曲は、それを歌う人に合った音域で作られています。よって、「この曲が好きだから」という理由で選んでも、合わない可能性が高いです。

一般的に、歌のメロディは「Aメロ<Bメロ<サビ」の順番で高くなります。音域が合わない曲を選ぶと、「Aメロが低すぎて歌えない」「サビが高すぎて歌えない」ということがあります。

曲の中で声が出ない部分があると、その時点で不合格です。よって、何としてもこれを避ける必要があります。

禁止されていなければ、曲のキー(高さ)を変更してもOKです。このことは、審査においてマイナスにはなりません。

このように、自分に合う音域の歌を選曲するか、キーを変更するのがおすすめです。

歌詞と自分のイメージを考えた選曲がおすすめ

オーディションで歌う曲を選ぶとき、「歌詞」に着目する人はあまりいません。

しかし、これも極めて重要です。なぜなら、歌詞と歌い手のイメージが離れていると、聴く人に響かないからです。

例えば、次のような歌詞の曲があるとします。

30年以上連れ添った妻が亡くなってしまい、悲しみに暮れる夫の心情を歌った曲

しかし、これを10代の人が歌っても響きません。「あなたにこの歌詞の心情は理解できないでしょ?」と思われてしまうからです。

あるいは、次のような歌詞の曲があるとします。

高校生女子が憧れの先輩への恋心を歌った曲

これを、30代の男性が歌っても響きません。歌詞の主人公と、それを歌う人のイメージがずれているからです。

こうしたことを避けるためにも、自分の年齢・性格・雰囲気に合う歌詞の曲がオーディション向きです。これにより、審査員の心に響きやすくなります。

他人から評価される曲を選曲し歌うと良い

オーディションを受ける人は、「自分の魅力が伝わる曲を歌いたい」と考えるものです。しかし、あなたの魅力が伝わる曲は、自分では分かりません。

例えば、自分で「似合う」と思った服でも、他人から褒められないことがありますよね。一方で、「今日の服装はダサいかも」と思っていても、「オシャレだね」と言われることもあります。

オーディションの選曲も、これと全く同じです。自分の魅力が伝わる曲は、自分では分からないのです。

そこで、他人の反応を参考にすると良いです。例えば、友達とカラオケに行って、反響があった曲を選ぶと良いです。また、すでにライブ活動をしたり、ネットに歌を投稿したりしているなら、そこで評価されたものを選ぶのもおすすめできます。

このように、他人の反応を参考にすることで、あなたの魅力が引き立つ選曲ができます。

オーディション向きの選曲は変化の激しい歌

「オーディション向きの曲ってありますか?」と聞かれることがあります。この答えは、Aメロ・Bメロ・サビでの変化が激しい曲です。これを選曲することで、審査員の興味を引きやすくなります。

審査員は、数百人以上の歌を立て続けに聴くことも珍しくありません。すると、必ず途中で疲れてきてしまいます。僕が話を聞いた経験者も、全員がそう言っていました。

オーディションを受ける側からすると、「仕事なんだからちゃんとやれよ!」と思いますよね。しかし、相手も人間です。数百人以上の歌を聴き続ければ、仕方のないことです。

そこで、曲の途中における変化が大きい曲を歌うと良いです。変化とは、次のようなものです。

・リズムが変わる

・メロディの音程が変わる

・バックの演奏の雰囲気が変わる

これにより、疲れた審査員の興味を引くことができます。そして、印象に残りやすくなるのです。

一方で、こうした変化が少ないものは、オーディション向きの曲とは言えません。なぜなら、疲れた審査員の感情を動かせない可能性が高いからです。

このように、Aメロ・Bメロ・サビで変化がある曲は、オーディションで歌うと良いものと言えます。

他のオーディション応募者と被らないよう選ぶ

オーディションでは、他の応募者と被る確率が低い曲を選んでください。

曲が被ってしまうと、「またこの曲か…」と思われてしまいます。また、歌唱力の高い応募者と被った場合、比較をされます。こうなると、あなたが選ばれる可能性は低いです。

審査員を経験した知り合いによると、1つのオーディションで、300人以上が同じ曲を歌うことも珍しくないそうです。特に、そのときヒットしている曲を選ぶと、被ってしまう可能性が上がります。

逆に、被らない曲は印象に残りやすいです。また、他の応募者と比べられて、不利になる可能性も下がります。よって、以下のようなものがオーディション向きの曲だと言えます。

・シングル以外の曲を選ぶ

・応募者の年齢層を考えて、違う世代の曲を選ぶ

このように、オーディションで歌う曲を選ぶ際は、他の人と被る可能性が低いものを選びましょう。

オーディションは自分の好きな曲を歌うと良い

ここまで、オーディションで歌う曲の選び方をお伝えしてきました。これらの条件を満たす曲の中から、最も好きなものを選ぶと良いです。

好きな曲を選ぶと、歌に気持ちが入りやすいです。また、オーディションに向けた練習でも、モチベーションが上がりやすくなります。よって、なるべく好きな曲を選びたいものです。

多くの人は、自分の好き嫌い「だけ」を基準にして失敗します。しかし、他の条件も考えた上で、その中から好きなものを選べば、確実に良い結果に繋がるのです。

このように、これまで紹介してきた条件を満たす曲から、最も好きなものを選ぶと良いです。

オーディションで歌う曲・歌うと良い曲まとめ

今回は、オーディションで歌う曲における、おすすめの選び方を解説しました。まとめると、次の通りです。

・オーディションによっては曲の指定があるので、しっかりとチェックする

・自分に合った音域の曲を選ぶ

・自分に合った歌詞の曲を選ぶ

・客観的に聴いて、あなたの魅力が引き立つ曲を選ぶ

・Aメロ、Bメロ、サビでの変化が激しい曲を選ぶ

・他の応募者と重複する可能性が低い曲を選ぶ

・以上の条件に当てはまるものから、なるべく好きな曲を選ぶ

これらの点を意識して、選曲をするのがおすすめです。ご参考になれば嬉しいです。

なお、歌手になる方法を解説した、全15話・5時間49分の無料動画レッスンもプレゼント中です。ぜひ、活用してみてください。

無料:歌手になるための全15話・5時間49分の動画レッスン

オーディションで歌手を目指すべきでない理由

あなたは、オーディションを通じて歌手を目指そうとしているのだと思います。

しかし、その選択は全くオススメできません。なぜなら、オーディションというのは、最も歌手になれる確率が低いやり方だからです。

僕は、音楽関係の仕事をしています。その関係上、オーディションに挑戦し続ける人をよく見かけます。しかし、そのほとんどが選ばれないままです。

オーディションで歌手になれる確率が低い理由として、その競争の激しさがあります。人気のものだと、選ばれる確率は1/10000以下です。

そこで、オーディションを受けずに歌手を目指す方法をおすすめします。その方法とは、まずは自分で歌手活動を始めて、ファンを増やしていくことです。

オーディションに受からなくても、歌手活動は始められます。例えば、ネットに歌を投稿したり、ライブ活動をしたりすることが可能です。これらを通じて、あなたの「ファン」を増やすことができます。

これさえできれば、100%の確率で歌手になれます。ここからは、その理由について詳しく解説します。

オーディションを受けず歌手になる道

ファンを増やすことができれば、事務所やレコード会社の人からスカウトされます。なぜなら、スカウトが最も重視するポイントは、「すでにファンがいるかどうか」だからです。

事務所やレコード会社の目的は、お金を儲けることです。このとき、契約した歌手がたくさん売れるほど、売り上げは増えていきます。

「すでにファンがいる歌手」は、彼らにとって非常に魅力的です。なぜなら、次のような計算が立つからです。

・すでにファンがいるということは、契約後はもっと売れるはずだ

・すでにファンがいるということは、あまり宣伝費をかけなくても売れるはずだ

よって、必ずスカウトされるようになるのです。実際、いま活躍している歌手にも、デビュー前から人気があった人たちがたくさんいます。

このように、ファンを増やすことができれば、事務所やレコード会社からスカウトされることが可能です。

ファンを増やす方法については、「無料動画レッスン」で全体の流れを解説しています。ぜひ、以下のリンクからお受け取りください。

無料:ファンを増やすための全15話・5時間49分の動画レッスン

事務所やレコード会社に所属せず歌手になる道

また、ファンを増やすことができれば、事務所やレコード会社に所属せずに歌手になれます。なぜなら、自分の力だけで、活動でお金を稼げるからです。

事務所やレコード会社に所属しないメリットは、次の通りです。

・集客から販売まで、すべて自分で考えて活動できる

・活動に口出しされないため、より自由な活動ができる

・事務所やレコード会社に売り上げを吸収されないため、収入が大きくなる

インターネットの普及により、誰でも全国にファンを増やせる時代になりました。僕の生徒にも、事務所やレコード会社に所属せず、歌手として生計を立てられるようになった人がいます。

もちろん、ファンを増やすには努力が必要です。しかし、選ばれる確率が低すぎるオーディションと違い、正しい努力をすれば必ず報われます

また、歌手になりたい人のほとんどには、「自分の力でファンを増やす」という発想すらありません。このため、ライバルがほぼ不在です。よって、今すぐに動き出すことで、最短で結果を出すことができます。

ファンを増やす方法については、「無料動画レッスン」で全体の流れを解説しています。ぜひ、以下のリンクから受け取ってください。

無料:ファンを増やすための全15話・5時間49分の動画レッスン

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ

動画レッスン全15話を無料プレゼント