歌手オーディションとは?歌手になるには受けるべきでない理由

Pocket

こんにちは、武藤です。

tccfmswt

歌手になるには、いくつかの方法が存在します。このとき、「オーディションを受ければ良いのでは」と考える人がいます。

しかし、オーディションとはどのようなものか、その具体的な内容や流れを知らない人は多いです。

また、あなたが歌手になりたい場合、オーディションへの応募はオススメできません。なぜなら、オーディションを受けるという方法は、歌手になる確率が最も低い選択肢だからです。

さらに、歌手オーディションを開催する企業には、多くの悪徳業者が存在します。このようなものに騙され、多額のお金を奪われてしまうケースは後を絶ちません。

この記事では、歌手オーディションとはどのようなものかを解説します。また、歌手になりたい人がオーディションを受けるべきでない理由や、悪徳業者の手口も紹介します。そして、オーディションよりも確実に歌手になるには、どうすれば良いかも解説します。

記事の内容を一部動画でも話しました。中央の再生ボタンを押してご覧ください。

歌手オーディションとは?

歌手オーディションとは、音楽業界の企業が、契約する歌手を選ぶ試験のことです。

これには、事務所(=プロダクション)が主催するものと、レコード会社が主催するものがあります。

事務所は、主に歌手のライブ・コンサート・グッズ・ファンクラブの制作や販売をする企業です。

レコード会社は、主に「曲」の制作や販売を行う企業です。CDはもちろん、ダウンロードやストリーミングでの販売も、こちらの担当です。

彼らの役割は、次のように分かれると考えてください。

一般的に、歌手は「事務所」と「レコード会社」の両方と契約を結びます。あなたの好きな歌手が、どの事務所やレコード会社に所属しているのか、調べてみるのも面白いかもしれません。

彼らは、企業としてお金を儲けるために、売れる可能性が高い歌手を探しています。歌手オーディションは、「事務所やレコード会社と契約したい歌手」と「売れる可能性の高い歌手を探す事務所やレコード会社」の出会いの場と言えます。

歌手オーディションを受ける際は、どちらが主催するものに応募してもOKです。

このように、歌手オーディションは、事務所やレコード会社が契約する歌手を選ぶ試験です。

歌手オーディションの流れ

それでは、歌手オーディションはどのような流れで行われるのでしょうか。ここから、詳しく解説します。

歌手オーディションを探して応募する

まずは、歌手オーディションを探して、応募をする必要があります。

歌手オーディションの情報は、インターネット上に多く掲載されています。例えば、「歌手オーディション」「ボーカルオーディション」などと検索すると良いです。

そこには、オーディションの参加資格・応募方法・流れ・日程などが書かれています。その中から、興味を持ったものに応募してください。

書類審査

歌手オーディションの多くは、書類審査から始まります。書類審査では、「履歴書」と「音源提出」を求められるのが一般的です。

履歴書には、自分の氏名・年齢・志望動機・自己PRなどを書きます。それを、指定された住所へと郵送します。

音源提出では、自分が歌ったものを録音して、提出することになります。最近では、スマホで撮影した動画を要求される場合もあります。

この書類審査に合格すると、連絡が来ます。そして、次の実技試験に進むことができます。

実技試験

歌手オーディションには、実技試験があるものがほとんどです。これは、審査員の前に立って、実際に歌うことを求められるものです。

また、歌うだけではなく、話すことを求められる場合もあります。例えば、1分や3分など、決められた時間内で自己紹介をさせられたり、特技を披露させられたりするオーディションもあります。

合格後の流れ

実技審査を通過すると、歌手オーディションに合格したことになります。

ただ、合格したからといって、いきなり歌手デビューは決定しません。多くの場合は、事務所やレコード会社のレッスンを受けることになります。その中で、売れる可能性があると判断された場合のみ、歌手デビューをすることができます。

すなわち、歌手オーディションへの合格は、あくまでデビューの候補者になることに過ぎないのです。

オーディションは歌手になるにはオススメできない

ただ、こうしたオーディションは、歌手になるにはオススメできません。

もちろん、受けないよりは受けた方が良いです。ただ、その時間があるなら、他の方法で歌手を目指した方が確実です。これには、主に3つの理由があります。

あまりにも選ばれる確率が低いから

歌手オーディションをオススメしない理由として、合格率があまりにも低いことがあります。

オーディションへの応募は、誰でも思いつく行動です。実際のところ、歌手になりたい人のほとんどがこれを行います。

そして、一定の条件さえ満たしていれば、誰でも応募することができます。このため、非常に競争率が高くなります。1つの枠を、数万人の応募者で争うことも珍しくありません。

僕は、2009年から音楽の仕事をしています。この中で、歌手になりたい人と多く接してきました。しかし、何年オーディションを受け続けても、全く結果が出ない人たちがほとんどです。

あなたは、「歌を練習すれば合格できる」と思うかもしれません。しかし、歌が上手い人などいくらでもいます。なぜなら、歌手になりたい人なら、練習をするのは当たり前だからです。このような人たちの中で、合格を果たすのは奇跡に近いです。

合格率0%の歌手オーディションの存在

歌手オーディションをオススメしない理由に、合格率0%のものの存在があります。

オーディションの中には、最初から合格者が決まっているものもあります。これは、「出来レース」と呼ばれる、形式だけのオーディションです。

事務所やレコード会社は、あらかじめ合格者を決めています。しかし、他の応募者にはそれを伝えません。そして、その歌手の話題性を作るために「数万人のオーディションを勝ち抜いた」ということにするのです。

これは、歌手になりたい応募者に対する裏切りです。ただ、もしそのようなことが行われていても、内部の人間以外は知ることができません。オーディションでは、このようなことが平然と行われるのが実情です。

歌手になりたい人を狙う悪徳業者が多いから

歌手オーディションをオススメしない理由に、悪徳業者の多さがあります。

事務所やレコード会社を作るのには、資格は必要ありません。誰でも名乗ることができ、オーディションを開催できてしまいます。そして、雑誌やネットに広告を掲載することも可能です。

よって、歌手になりたい人が騙されてしまう事例が後を絶ちません。僕の生徒にも、数百万円の借金を背負ってしまった人がいます。

歌手になるには、騙されないように注意する必要があります。ここからは、彼らの手口を紹介します。

歌手オーディションに全員合格させて金銭を要求する

悪徳業者の手口は、歌手オーディションの合格者から金銭を要求することです。

そもそも、事務所やレコード会社は、歌手本人からお金を取るものではありません。レッスン・制作・宣伝などにかかる費用は、全額自分たちで負担します。その結果、契約した歌手のCDやチケットが売れて、その収入で稼ぐのが本来の姿です。

悪徳業者は、歌手オーディションを開催します。費用の必要性が明記されていなかったり、小さな文字で書かれていたりするため、この時点で見極めるのは難しいです。

そして、応募してきた歌手全員に合格を言い渡します。つまり、オーディションというのは形式上のものであり、騙す相手を探しているだけなのです。

しかし、合格通知は1対1で行われるため、歌手は「自分は選ばれた人間なんだ」と思い込んでしまいます。そうして気持ちを舞い上がらせたところで、多額の金銭を要求してきます。

例えば、次のようなパターンがあります。

・所属料

・登録料

・レッスン料

・ライブのチケットノルマ

契約書へのサインを要求され、2年以上の長期にわたって縛られることになります。途中で解約する場合は、数百万円の違約金を要求される内容になっている場合も多いです。

いきなり費用が必要だと告げられた歌手は、「おかしいのでは」と感じます。しかし、自分がオーディションで選ばれたと誤解しているため、気持ちが舞い上がっています。

また、悪徳業者は、歌手になりたい人を言葉巧みに誘導します。例えば、「君には才能がある」と持ち上げてくることもあります。逆に、「その年齢では次のチャンスはない」「君のレベルでは他の事務所では無理」などと、執拗に不安を煽ることもあります。

こうした言葉に負けて、契約書にサインをしてしまう歌手が後を絶ちません。サインをしてしまうと、解約をすることは非常に難しくなります。

数百万円の借金を背負うだけで終わる事例も

悪徳業者と契約してしまうと、悲惨な現実が待ち受けています。

こうした業者が、デビューをさせてくれることはありません。また、提供されるレッスンなどのサービスも、極めて質が低いものです。

また、様々な名目で、追加でお金を要求してくることがあります。

・CDを作って全国流通させよう。必要な費用は200万円。

・毎月ライブをやってパフォーマンスを伸ばそう。チケットノルマは1回5万円。

結局、このような悪徳オーディションに引っかかると、時間とお金を無駄にするだけで終わります。

歌手オーディションより高確率で歌手になるには

一方で、歌手オーディションよりも確実に、真っ当な事務所やレコード会社と契約する方法が存在します。それは、「実績」を作ることです。

実績とは、デビューを果たす前における、集客や販売の数字を表します。例えば、次のようなものが考えられます。

・自主制作のCDを◯枚売って、◯円を売り上げた

・自主企画ライブに◯人を集客して、◯円を売り上げた

・運営しているファンクラブに◯人の会員がいて、◯円の収入が発生している

このような実績を作れば、あらゆる事務所やレコード会社が、向こうからあなたを誘ってくるようになります。

歌手になるには実績を作ると確実な理由

当たり前ですが、事務所やレコード会社の目的は「お金儲け」です。夢のない言い方ですが、本当のことなので仕方ありません。

彼らは、歌手のCDやチケットなどの売り上げで収入を得ます。そして、それらがたくさん売れるほど儲かります。

そこで、なるべく「売れる確率が高い」歌手と契約したいと考えます。それでは、彼らはどのようにして「売れる確率が高い」歌手を判断するのでしょうか。

それは、契約する前にどれくらい実績があるかです。契約する前から売れている歌手を、「契約後もさらに売れる可能性が高い」と判断するのです。

例えば、次のようなA・Bという2人の歌手がいたとき、事務所やレコード会社はどちらと契約したいと思うでしょうか。

A:オーディションを受けにきた、歌はとても上手いが何の実績もない歌手

B:歌はそこそこだが、毎回の自主企画ライブに100人以上を動員する歌手

答えは、「B」です。歌が上手いかどうかよりも、「現時点でどれだけのファンがいるのか」という実績が重視されます。

そして、事務所やレコード会社は、ファンの多いアーティストに目を光らせています。オーディションを受けなくても、こうした実績を作れば、向こうから声をかけてくるようになるのです。

このように、実績を作ることで、確実に事務所やレコード会社と契約できます。

自分でファンを増やして実績を作る

実績を作るには、自分の力でファンを増やすことが大切です。これにより、CD・チケット・グッズを売ることができるようになります。

もちろん、ファンを増やすことは大変です。しかし、歌手オーディションのように確率の低い話ではなく、正しい努力すれば確実に結果を出せます

これには、さまざまな方法があります。ただ、中でもオススメなのが、SNS・ブログ・YouTubeなどを活用した方法です。

インターネットを使えば、ほとんどお金をかけずに存在を広められます。また、地方に住みながらでも、全国にファンを獲得できます。

当サイトでは、その具体的な方法を解説しています。ただ、200以上の記事があるため、すべてを読むのは大変だと思います。

そこで、ファンを増やす方法の全体像を解説した、全15話・5時間48分以上の動画レッスンを無料でプレゼントしています。以下のバナーをクリックして、受け取ってください。

これらをぜひ活用して、1人ずつファンを増やしていってください。

事務所やレコード会社に所属しない選択肢も生まれる

また、自分で実績を作れるようになると、事務所やレコード会社に所属しなくても、歌手として食べていけるようになります。なぜなら、自分でCDやチケットを売り、お金を稼ぐことができるからです。

さらに言えば、事務所やレコード会社と契約しない方が、歌手になるにはハードルが低いです。

彼らと契約する場合、歌手の収入は極めて低くなります。なぜなら、CDやチケットなどの売り上げの大半を、事務所やレコード会社に取られてしまうからです。

例えば、CDの売り上げは、次のように分配されることが一般的です。

CDの売り上げのうち、歌手(アーティスト)本人が受け取れるのは1%に過ぎません。1000円のCDが売れても、たった10円しか受け取れません。もし1万枚が売れても、10万円しか自分のものになりません。

このため、事務所やレコード会社と契約している歌手のほとんどは、歌手としての収入だけで食べていけません。テレビに出演できたり、何千人ものファンがいたりしてもです。歌手活動と同時にアルバイトをして、食いつないでいる人も多いです。

歌手は、ファンから憧れられることが重要な職業です。ですから、このような情報が表に出ることはありません。しかし、歌手になるには、このような現実も知っておく必要があります。

一方で、事務所やレコード会社と契約しなければ、お客さんが支払ったお金をすべて自分のものにできます。このため、収入が上がりやすく、歌手になるにはハードルが低いのです。

僕の生徒にも、歌手デビューの経験を持つ人がいます。デビュー時は収入が低く、その収入で食べていくことはできなかったと言います。しかし、今では契約せずに個人で活動しており、当時より遥かに高い収入を実現しています。もちろん、歌手以外の仕事をすることなく生活しています。

このように、自分の力でファンを増やせれば、事務所やレコード会社と契約しないという選択肢も生まれます。

ファンを増やす方法については、全15話・5時間49分の無料動画レッスンで全体の流れを解説しています。ぜひ、こちらもご活用ください。

まとめ:歌手オーディションとは?

この記事では、歌手オーディションとはどのようなものかを解説しました。また、歌手になるにはオーディションを受けるべきでない理由や、悪徳業者の手口も紹介しました。

オーディションよりも、集客実績を作ることで、確実に業界関係者から声をかけられるようになります。また、自分で音源やチケットなどを販売し、デビューするよりも高い収入を得られます。よって、歌手になるには、ファンを増やすことが何よりも重要です。

歌手になりたい多くの人は、このような事実を知りません。ですから、今日この記事を読んだあなたはとてもラッキーです。ライバルが気づかないうちに、大きな差をつけていってください。

また、集客実績を作る具体的な方法を解説した、全15話・5時間49分超えの無料動画レッスンを公開しています。ぜひ、そちらもご覧になってみてください。

この記事をキッカケに、あなたが歌手へと近づけますように。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ