歌手になるには?歌手になりたい人が歌手になるための方法を徹底解説

Pocket

こんにちは、武藤です。

tccfmswt

「歌手になりたい」と思う人は多いですよね。しかし、歌手になるにはどうすれば良いかを、知っている人はほとんどいません。

この結果、歌手になりたい人の多くが、その方法を間違えてしまいます。例えば、必死に歌を練習したり、オーディションを受けたりします。これでは、プロの歌手になれる確率は低いです。

歌手になるためには、大きく分けて2つの方法があります。今回は、歌手になるために必要なことを解説します。

記事の内容を動画でも話しました。中央の再生ボタンを押してご覧ください。

歌手になる方法1:事務所やレコード会社との契約

歌手になる方法の1つは、事務所やレコード会社との契約です。

事務所やレコード会社という言葉を、聞いたことがある人は多いと思います。しかし、具体的にどのようなものなのか、よく分かっていない人は多いです。

そこで、まずはこれらの仕組みについて解説しますね。

事務所やレコード会社とは

事務所やレコード会社は、歌手のマーケティングをサポートする組織です。マーケティングとは、宣伝や販売のことです。

どんなにすばらしい歌手でも、存在を知られなければファンは増えません。ファンを増やすためには、宣伝が必要です。

ただ、歌手が「宣伝をしたい」と思っても、資金がありませんよね。また、効果的な宣伝の方法も分かりません。

そこで、事務所やレコード会社が宣伝を担当します。例えば、テレビCMを打ったり、新聞や雑誌に広告を出したりします。

また、宣伝してファンが増えても、これだけでは1円も生まれません。チケットやCDなどを発売しなければ、歌手は収入を得られません。

そこで、事務所やレコード会社はこれも担当してくれます。例えば、ライブ会場の確保や、CDの制作や流通をしてくれます。

大きく分けると、事務所は「ライブ」「コンサート」「グッズ」などを担当します。レコード会社は、主に「CD」を担当します。

このように、事務所やレコード会社はマーケティングを担当します。これにより、歌手は収入を得られるようになります。

事務所やレコード会社と高確率で契約する方法

それでは、どのようにすれば事務所やレコード会社と契約できるのでしょうか。

オーディションから歌手になれる確率は最も低い

事務所やレコード会社と契約する方法の1つに、「オーディション」があります。オーディションとは、事務所やレコード会社が、契約する歌手を選ぶイベントです。

「歌手オーディション」などと検索すると、たくさんのオーディションが出てきます。最近では、インターネットから応募できるものも多いです。

ただ、オーディションから歌手になれる確率は低いです。なぜなら、誰でも思いつく方法だからです。莫大な数の人が応募しますが、選ばれるのはほんの数人です。

僕は、今まで演奏・ライブ制作・講師を経験してきました。その中で、何年もオーディションを受け続けている人をたくさん見てきました。しかし、歌手になれないままの人ばかりです。

このように、オーディションから歌手になれる確率は、最も低いです。よって、この方法はオススメしません。

地道に実績を作れば確実にスカウトされる

事務所やレコード会社と契約する方法に、「スカウト」があります。スカウトとは、向こうから「うちと契約しないか」と持ちかけられることです。

結論から言うと、この方法が最も所属できる確率が高いです。それでは、どうすれば歌手としてスカウトされるのでしょうか。

この答えは、集客販売の実績を作ることです。例えば、あなたが自分でライブを開催し、たくさんのお客さんを呼びます。あるいは、自分で音源を制作し、CDやダウンロードでたくさん販売しても良いです。

事務所やレコード会社は、お金を儲けるために活動しています。よって、売れる確率が高い歌手と契約したがります。そうすれば、チケットやCDが売れて儲かるからです。

このような言い方をすると、夢がないように思えるかもしれません。しかし、歌手になりたいなら、音楽業界の現実を理解する必要があります。

そこで、事務所やレコード会社は「契約する前から売れているかどうか」を重視します。つまり、集客販売の実績があるかどうかです。

実績のある歌手に対しては、「契約すればもっと売れるだろう」と考えます。そして、積極的にスカウトしようと考えます。

例えば、ライブに100人ほどを動員できるようになると、事務所やレコード会社から声がかかるようになります。彼らは、常に売れている歌手を探しているのです。

このように、集客販売の実績を作れば、高確率でスカウトされるようになります。

事務所やレコード会社は上手い歌手を探しているのではない

歌手になるには、実績が極めて重要です。しかし、歌手になりたい人で、この重要性を理解している人は非常に少ないです。

そうではなく、「歌が上手くなれば歌手になれる」と誤解している人が多すぎます。その証拠に、歌手になりたい人の多くが、歌の練習とレッスンに通う日々を繰り返します。

しかし、事務所やレコード会社は、上手い歌手を探しているわけではありません。すでに実績があり、売れる確率が高い歌手と契約したいのです。

例えば、「歌は上手いが実績がない歌手」と「歌はそこそこだが実績のある歌手」の2人がいたとします。このとき、後者が選ばれます。

契約した歌手が売れなければ、事務所やレコード会社は赤字になります。いくら歌が上手くても、実績がなければ「この歌手と契約して売れなかったらどうしよう」と心配されてしまいます。よって、契約のきっかけを作れません。

このように、歌が上手くなっても、実績がなければ契約は難しいです。よって、「歌が上手くなれば歌手になれる」という幻想を捨てることが大切です。

契約してもほとんどの歌手が食べていけない?

ここまで、事務所やレコード会社と契約する方法を解説してきました。ここからは、「契約をした後」の現実をお伝えします。

それは、事務所やレコード会社と契約しても、食べていける人はほとんどいないということです。「契約すればプロの歌手として生きていける」と考えているのであれば、それは幻想に過ぎません。

毎年300組の歌手が、知られることなく消えていく

大手のレコード会社と契約し、CDを発売することを「メジャーデビュー」といいます。あなたは、1年に何組の歌手がメジャーデビューするか知っているでしょうか。この答えは、約300組です。

これを聞くと、ほとんどの人が「本当にそれだけの歌手がデビューしているのだろうか」と疑問に思うはずです。なぜなら、1枚目のCDが売れず、すぐに契約解除される歌手が大半だからです。よって、デビューしたこと自体を知られることがありません。

事務所やレコード会社と契約しても、必ず宣伝してもらえるとは限りません。人気番組に出演できたり、予算をかけて宣伝してもらえるのは、一部の「期待の新人」のみです。「契約したにも関わらず、ほとんど売り出してもらえない」ということも多いです。

このように、毎年300組の歌手がデビューし、ほとんどが知られないまま契約を終えていきます。歌手になるには、このような現実もしっかり知っておく必要があります。

契約は続いても食べていけない歌手がほとんどである

もし何年か契約を続けられても、ほとんどの歌手は生活していくことができません。なぜなら、歌手の収入は極めて低いからです。

歌手は、サラリーマンのような正社員ではありません。よって、毎月決まった給料をもらえない場合も多いです。あくまで、CDやチケットなどが売れたときだけ、売り上げの一部を受け取れるのが一般的です。

例えば、1,000円のCDが売れたとき、歌手が受け取れるのは約10円です。残りの990円は、レコード会社やCDショップなどの取り分となります。1万枚売れたとしても、歌手は10万円しか受け取れません。

また、チケットやグッズの売り上げも、ほとんどが事務所の取り分となります。さらに、CDの発売やライブがない月も多いです。

よって、事務所やレコード会社に所属しても、歌手活動で食べていけない人がほとんどです。こっそりアルバイトをして、何とか食いつないでいるという歌手も珍しくないのです。

歌手は、「夢」や「憧れ」の対象となる存在です。よって、本人がファンの前でこのような現実を語ることはありません。

しかし、歌手になりたいあなたは、「夢」や「憧れ」ばかりを見ている場合ではありません。しっかりと「現実」を理解する必要があります。

このように、事務所やレコード会社へ所属しても、歌手として食べていける人はごくわずかです。

歌手がやりたい活動をできるわけではない

事務所やレコード会社と契約すると、活動の自由度は低くなります。作品・活動・表現・ジャンル・ファッションに到るまで、会社の方針に従う必要があるからです。

例えば、「ハードロックが好きなのにポップス歌手をさせられる」「音楽で勝負したいのにアイドル寄りの活動をさせられる」「組みたくない他の歌手とグループを組まされる」などは当たり前にあります。

事務所やレコード会社は、あくまでビジネスです。よって、歌手本人の意志よりも、たくさんの人に売れることを重視します。

歌手になりたい人の多くが、「自分の好きな歌を仕事にできて羨ましい」と思っています。しかし、歌手が自分の好きなように歌っているというのは、幻想に過ぎません。

このように、事務所やレコード会社へ所属する場合、その方針に従う必要があります。よって、歌手活動の自由度は低いです。

歌手になる方法2:無所属の個人として活動する

歌手になるもう一つの方法として、個人での活動があります。つまり、事務所やレコード会社と契約しないのです。

歌手になりたい人の多くは、「そのようなことが可能なのだろうか」と思うはずです。僕も、以前はこのようなことが可能とは知りませんでした。

ただ、あまり知られていないだけで、個人で歌手として生活している人は多くいます。

なぜこれが可能なのかというと、マーケティングは歌手本人にもできるからです。つまり、事務所やレコード会社の力を借りなくても、ファンの獲得や商品の販売は可能なのです。

お金をかけずに全国へファンを獲得できる時代

インターネットの普及により、歌手本人が自分でファンを獲得できるようになりました。なぜなら、ほぼ1円もかけずに宣伝が可能だからです。

例えば、ブログを書いたり、YouTubeに有名な曲をカバーしたり、SNSに投稿したりすることで、たくさんの人に存在を知ってもらうことができます。僕の生徒でも、国内のみならず海外からもファンを獲得している歌手がいます。

ネットを使わない場合、CMを打ったり、広告を出したりする必要があります。これには、莫大な費用がかかります。例えば、15秒のCMを1回流すのには、100万円以上が必要です。

このように、インターネットで宣伝をすることで、歌手が自分でファンを獲得することができます。

商品の制作や販売も歌手本人で可能

また、商品の制作や販売も、歌手が自分で行うことが可能です。よって、事務所やレコード会社と契約しなくても、収入を得ることができます。

例えば、自主制作をしたり、業者に依頼したりすることが有効です。現代では、ライブ・CD販売・ダウンロード販売・グッズ制作・ファンクラブの運営に至るまで、すべて契約無しに行うことが可能です。

このように、商品の制作や販売まで、歌手本人が行うことができます。

個人で活動した方が歌手になれる確率は高い

個人で活動した方が、歌手になれる確率は高いです。なぜなら、収入が高く安定しやすいからです。

事務所やレコード会社は、売り上げのほとんどを吸収していきます。しかし、個人で活動すれば、そんなことはありません。ファンが支払ったお金は、すべてが歌手本人の収入となります。また、「契約を切られる」という心配もありません。

僕の生徒には、過去にメジャーデビューを経験した歌手がいます。彼は、2012年に契約を果たしました。しかし、当時は歌手の収入だけで食べていくことはできなかったそうです。

しかし、現在では個人で活動し、歌手活動のみで生計を立てています。アルバムの発売、ライブの開催、ファンクラブの運営などを、すべて自分で行なっています。

つまり、事務所やレコード会社と契約していた時代よりも、個人で活動している現在の方が収入が高いのです。

このように、個人で活動した方が、高く安定した収入を得られます。よって、歌手になれる確率も高くなります。

歌手になりたい人に必要なことは1つだけ

ここまで、歌手になるには2つの方法があるとお伝えしました。

このとき、「自分が歌手になるにはどちらの方法が良いか」と迷う人は多いです。しかし、迷う必要は一切ありません。なぜなら、どちらを選ぶにせよ、歌手になりたい人がやるべきことは同じだからです。

今日から1人ずつファンを増やしていく

それは、今日から1人ずつファンを増やしていくことです。ファンが増えれば、チケットやCDを売ることができます。

これが実績となり、事務所やレコード会社から声がかかるようになります。また、歌手活動で収入を得られるようになるので、契約しなくても食べていけるようになります。

つまり、ファンを増やすことができれば、どちらに進むことも可能なのです。どちらの道を行くかは、後から考えれば良いのです。

歌が上手くなるだけではファンは増えない

ファンを増やすとき、「歌が上手くなればファンが増えるのでは」と考える人は多いです。しかし、歌が上手くなるだけでは、ファンは永遠に増えません。

なぜなら、誰もあなたの存在を知らないからです。あなたも、知らない歌手を好きになることはできないはずです。

よって、ファンを増やすことと、歌が上手くなることは別物だと考える必要があります。そして、インターネットを使ったマーケティングを勉強することが大切です。

まずは、知名度を上げていきましょう。例えば、有名な曲をカバーして投稿することが有効です。他にも、ブログやSNSへの投稿など、さまざまな方法があります。

現在、歌手のマーケティング方法について解説した、全15話・5時間48分以上の動画レッスンを無料でプレゼントしています。ぜひ、こちらも勉強していただけると嬉しいです。

練習・レッスン・ライブだけを繰り返しても歌手になれない

歌手になりたい人の多くは、練習やレッスンを繰り返す毎日を送ります。あるいは、毎週のようにライブ活動をして、パフォーマンスを磨く人も多いです。

あなたの周りにも、そのような歌手志望の人は多いと思います。しかし、あなたは同じことをしないでください。なぜなら、このようなことを繰り返しても歌手になれないからです。

実績がなければ、事務所やレコード会社との契約は難しいです。個人で活動するにしても、歌手活動で収入は得られません。よって、時間とお金を失うだけで終わります。

彼らがそのような活動をするのは、単純に「知らないから」です。知っているか、知らないかの違いだけで、多くの時間とお金を無駄にしてしまいます。

よって、あなたは影響を受けないようにしてください。そして、マーケティングの勉強と実践に、しっかりと時間を使ってください。

歌手になりたい人のうち、本当になれる人は一握りです。よって、他の歌手志望と同じことをしていても、その一握りにはなれません。

歌手になるには、歌手になりたい大勢の人と、違う行動をしなければなりません。そうするからこそ、一握りの歌手になることができるのです。

ここまで書いたように、練習・レッスン・ライブを繰り返すのではなく、ファンを増やしていくことに集中してください。

まとめ:歌手になりたい人が歌手になるには

今回は、歌手になるにはどうすべきか、必要なことを解説してきました。

歌手になるには、事務所やレコード会社と契約する方法と、個人で活動する方法の2つがあります。

いずれにせよ、今日からファンを増やしていくことが重要です。それが実績となり、事務所やレコード会社からスカウトされるようになります。また、契約をしなくても、歌手として生活していくことが可能となります。

気合いを入れて記事を書いたので、これを読んだあなたが歌手になれると嬉しいです。プロになったら、ぜひ僕のところへ報告に来てください。

また、歌手になる方法を詳しく解説した、全15話・5時間48分以上の動画レッスンを無料でプレゼントしています。ぜひ、こちらもご活用ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ