中学生が歌手になるには?歌手になりたい中学生がやるべき事

Pocket

こんにちは、武藤です。

tccfmswt

「歌手になりたい」と言う中学生は多いです。将来なりたい職業として、よく名前が挙がるものです。

ただ、歌手になる方法が分からない人は多いです。中学生だけではなく、周りの大人もよくわかっていません。

そこで今回は、中学生が歌手になるには、どうすればいいかを詳しく解説します。この記事を読んで行動することで、歌手になりたい夢を実現できます。

歌手になりたい中学生が歌手になるには?

中学生が歌手になる方法は、次の2つです。

・事務所やレコード会社と契約する

・事務所やレコード会社と契約せず個人で活動する

ここから、それぞれの方法について、詳しい解説をしていきます。

中学生が歌手になるには:事務所・レコード会社と契約

中学生が歌手になるには、事務所やレコード会社と契約する方法があります。保護者の許可さえあれば、中学生でも契約を結ぶことが可能です。

あなたも、「事務所」や「レコード会社」という言葉を聞いたことはあるかもしれません。しかし、具体的に何をしているのかは、イメージしづらいですよね。

彼らは、歌手を育成・宣伝し、仕事を取ってくる会社です。彼らの役割は、以下のように分かれています。

ただし、事務所やレコード会社はボランティアではありません。CDやチケットなどを売って、お金を儲けることが目的です。

このため、「この歌手と契約したら売れそうだ」と判断されない限り、契約を結ぶことは絶対にできません

「売れそうだ」と判断してもらうには、「売り上げの実績」を作る必要があります。つまり、自分で歌手活動をして、以下のような実績を作るのです。

・自主制作のCDを◯万円売り上げた

・ファンクラブで毎月◯万円を売り上げている

・ライブハウスで単独ライブをして◯万円を売り上げた

このような中学生に対して、事務所やレコード会社は「契約前から売れているなら、契約後ももっと売れるだろう」と計算します。よって、必ずスカウトされるようになるのです。

そのためには、今日からあなたのファンを一人ずつ増やしていく必要があります。ファンを増やせば、CDやチケットなどの売り上げ実績を作れるからです。

現在、その方法について解説した無料動画15本を、以下のページでプレゼントしています。

無料:ファンを増やす方法を解説した全15話・5時間49分の動画レッスン

以上のように、中学生が歌手になるには、事務所やレコード会社と契約する方法があります。

中学生が歌手になるには:個人で活動する

中学生が歌手になるには、事務所・レコード会社と契約せず、個人で活動をする方法もあります。

歌手になるには、事務所やレコード会社と契約しなければならないというイメージは強いです。しかし、実際にはそうではありません。必ずしも契約しなくても良いのです。

中学生でも、自分で以下のようなことができます。

・ライブハウスをレンタルして演奏する

・スマホのアプリを使って、ファンクラブを運営する

・インターネットで業者を探して、CDやレコーディングをお願いする

また、SNSやアプリでファンを増やして、CDやチケットなどを売ることも可能です。すなわち、事務所やレコード会社と契約しなくても、歌手活動を仕事にできるのです。

ちなみに、個人で活動した方が、歌手になるハードルは低いです。

事務所やレコード会社と契約すると、CD・チケット・グッズなどの売り上げをほとんど取られてしまいます。

例えば、1000円のCDが1枚売れたとき、歌手が受け取れるのは10円だけです。残りの990円は、歌手以外のものになります。

以下の図は、CDの売り上げがどう分けられるのかを示したものです。

赤い部分の「アーティスト」が「歌手」に該当します。

このように、ほんのわずかしか収入がないありません。よって、事務所やレコード会社と契約しても、生活費すら稼げない人がほとんどです。

しかし、個人で活動すれば、このように売り上げを取られることはありません。ファンが支払ったお金は、すべて歌手のものです。

したがって、収入が大きくなりやすく、ファンが少ないうちから歌手として食べていけるようになります。

このように、中学生が歌手になるには、事務所・レコード会社と契約しない方法もあります。

事務所やレコード会社と契約せず歌手になる方法は、以下の「無料動画レッスン」ですべて解説しています。よろしければ、こちらもご覧になってください。

無料動画レッスン:歌手になる最新の方法をすべて解説した全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

歌手になりたい中学生が今日からやるべきこと

歌手になりたい中学生が、今日からやるべきことは1つです。それは、「歌手活動をスタートしてファンの数を増やす」ことです。

ファンが増えると、売り上げの実績を作ることができます。これにより、事務所やレコード会社からスカウトされやすくなります。

また、CDやチケットなどを自分で売れるようになるので、個人として活動することも可能になります。

すなわち、ファンを増やすことさえできれば、100%歌手になれるのです。

ファンを増やすためには、以下の3つのステップが必要です。

1:自分の存在を広める

2:魅力を伝える

3:商品を販売する

まずは、自分の存在を広めるところからスタートです。次のような手段を使えば、お金のない中学生でもファンを増やせます。

・ブログ

・YouTube

・SNS

・アプリ

さらに具体的な方法については、「無料動画レッスン」で紹介しています。後でも見られるので、今のうちに受け取っておいてくださいね。

無料:ファンを増やす方法を解説した全15話・5時間49分の動画レッスン

中学生が歌手になるには歌が上手くてもダメ

歌手になりたい中学生には、「歌が上手くなれば歌手になれる」と勘違いしている人が多いです。しかし、歌が上手くても歌手にはなれません。

まず、歌が上手くても事務所やレコード会社と契約できません。なぜなら彼らは、売り上げ実績のない歌手と契約することを不安に思うからです。

もちろん、よほど天才的な技術や声質があれば、実績がなくても「売れる」と判断される場合もあります。しかし、ほとんどの人はそうではないので、諦めてください。

また、歌が上手いだけでは、個人で活動していくこともできません。なぜなら、全くファンが増えていかないからです。

僕は音楽スクールの他に、ライブハウスで音楽イベントを制作する仕事もしています。以下の写真のようなイベントを、2009年から続けてきました。

これまで、2000組以上のアーティストに出演していただきました。彼らを見ていても、歌の上手さとライブの集客(=ファンの数)は全く比例しないです。

ファンが多い歌手は、歌の練習とは別に「ファンを増やすための努力」をしっかりやっています。

それにもかかわらず、「歌が上手ければ歌手になれる」と勘違いした人は多いです。そして、以下のようなことに時間とお金をつぎ込みます。

・歌の練習をたくさんする

・ボイストレーニングに通う

・音楽の専門学校に通う

しかし、そもそも「歌が上手い人が歌手になれる」という前提が間違っているので、努力が報われることはありません。

何度も書きますが、歌手になりたいならファンを増やすことです。そのための勉強や行動に時間とお金を費やすことこそ、中学生が歌手になる方法です。

無料:ファンを増やす方法を解説した全15話・5時間49分の動画レッスン

まとめ:歌手になりたい中学生が歌手になるには?

今回は、中学生が歌手になる方法を解説しました。まとめると、次の通りです。

・中学生が歌手になる方法は、「事務所・レコード会社との契約」「個人での活動」の2つ

・「ファンを増やす」ことさえできれば、どちらにも進めるようになる

・まずやるべきことは、自分という存在を広めること

この記事が、歌手になりたい中学生に役立てば嬉しいです。

中学生がファンを増やす方法は、「無料動画レッスン」ですべて解説しています。以下のリンクを押して、受け取っておいてくださいね。

無料:ファンを増やす方法を解説した全15話・5時間49分の動画レッスン

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ

動画レッスン全15話を無料プレゼント