プロ歌手の練習時間はどれくらい?歌手になれる練習時間とは

Pocket

プロの歌手を目指すとき、必要な練習時間は気になりますよね。

「自分の練習時間は少なすぎるのでは?」と思うと、不安になります。かといって、練習量が多すぎると、大切な喉に負担をかけてしまいます。

今回は、音楽スクールを運営する僕が、プロ歌手の練習時間について詳しく解説します。また、プロを目指す上でどのように練習時間を確保すれば良いのかもお伝えします。

さらに、プロの歌手を目指すなら、練習以外にも絶対に時間を使うべきことまで紹介します。

プロ歌手の練習時間はどれくらい?

プロ歌手の練習時間は、どれくらいなのでしょうか。

もちろん、個人差はあります。ただ、1日あたり「30分〜2時間」という人が多いです。

プロ歌手の練習時間は、1日30分から2時間。

これを聞くと、「意外と短い」と思った人もいるかもしれません。

ピアノやギターなどの楽器の世界では、「1日8時間練習した」というような話がよくあります。スポーツの世界にも、朝から日が暮れた後まで練習する人がいます。

よって、最長2時間と聞いて、少ないと思うのも無理はありません。

これは、練習時間が長すぎると、喉に負担をかけてしまうことが理由です。声が枯れてしまったり、最悪の場合は出せなくなったりする危険性があります。

正しい発声を身につければ、この負担を軽減することは可能です。しかし、完全にゼロにできるわけではありません。このため、長時間の練習はNGなのです。

このように、プロ歌手の練習時間は、1日30分〜2時間という場合が多いです。それ以上にならないのは、喉に悪影響を与えるのを避けるためです。

無料:プロ歌手になる最新の方法を完全解説した無料:全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

プロ歌手を目指す上で練習時間をどう確保するか?

これを踏まえた上で、これからプロを目指すあなたは、どのように練習時間を確保すればいいのでしょうか。

僕のオススメは、「まずは1日1時間を目標にすること」です。これなら、仕事や学校が忙しい人でも、努力すれば確保できる練習時間と言えます。

必ず短い練習時間からスタートすべき

このときのポイントとして、最初は短い練習時間からスタートすることがあります。

なぜなら、いきなり長時間に挑むと、長続きしないからです。これまで練習していなかった人が、「今日から毎日1時間練習する!」と意気込んでも、3日も続かないでしょう。

そうではなく、まずは「5分」からスタートします。「短すぎる!」と思うような長さにするのがポイントです。その代わり、毎日それを続けることに重点を置きます。

7日続けられたら、その時間を10分に増やしましょう。また7日続けられたら、今度は15分に増やします。これを繰り返しながら、1時間を目指していってください。

こうすれば、いつしか毎日1時間も苦なくこなせるようになります。歯を磨くのと同じように、練習時間の確保が習慣になるのです。

このように、最初は短い練習時間からスタートすることが、プロの歌手を目指すためのポイントです。

無料:プロ歌手になる最新の方法を完全解説した無料:全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

練習時間を確保するコツは時間帯を決めること

また、こうした習慣を作る際は、練習するタイミングを決めましょう。「◯時から」という決め方ではなく、「◯◯したあとに」というように設定すると良いです。

例えば、次のような感じです。

・朝起きたあとに練習する

・帰宅したあとに練習する

・夕飯を食べたあとに練習する

洗顔や歯磨きなど、すでに習慣となっていることを思い出してください。基本的に、「◯◯をしたあとに」行なっているはずです。

このように、タイミングを決めた方が習慣を作りやすいのです。よって、練習時間を確保する際も、これを意識するようにしてください。

以上の通り、「◯◯したあとに」と決めることが、プロになるための練習時間を確保するポイントです。

無料:プロ歌手になる最新の方法を完全解説した無料:全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

プロ歌手志望なら練習以外に時間を使うべきこと

なお、プロ歌手になりたいなら、練習以外にも必ず時間を使うべきことがあります。それは、「歌手として自分のファンを増やすこと」に対してです。

「ファンを増やす」と言われても、ピンと来ないかもしれません。しかし、プロになりたいなら絶対に必要です。なぜなら、ファンを増やすことで、以下のような未来が待っているからです。

1:事務所やレコード会社に認められる

2:個人でもプロの歌手として活動できる

よって、ファンを増やすことができれば、100%プロになれるのです。逆に、ファンがいない場合は、どちらも叶えることができません。

なぜそのように言えるのか、詳しく解説していきます。

ファンがいないと業界から認められない

ファンを増やすと、音楽業界から認められます。そして、大手事務所やレコード会社からスカウトされるようになるのです。

歌手を目指す人は、「音楽業界は歌が上手い人を求めている」という勘違いをしています。このため、練習時間を確保し、上達させることだけに意識を向けてしまいます。

しかし、実際にはそうではありません。音楽業界が最も重視するのは、「デビュー前からファンがいるかどうか」です。

事務所やレコード会社の目的は、所属歌手のCDやチケットなどを売り、お金を儲けることです。

このために、確実に売れる新人歌手と契約したいと考えます。そして、彼らが「確実に売れる」と判断する最大の基準こそ、「契約する前からファンがいること」なのです

仮に、以下のような歌手A・Bが存在するとします。

A:歌はとても上手いが、ファンはいない

B:歌はそこそこだが、ファンがたくさんいる

このとき、確実に「B」へと声がかかります。「すでにファンが多いなら、契約した後はもっと売れるだろう」と思われるからです。

逆に、「A」のような歌手には声がかかりません。育成や宣伝にお金をかけて、売れなかったら大赤字だからです。

このように、音楽業界は「歌が上手い歌手」を求めているわけではありません。契約する前からファンがいて、確実に売れるであろう新人を求めているのです。

このことを理解すれば、練習時間だけに意識を向けている場合ではないことがわかります。これを減らしてでも、ファンを増やすことに時間を費やすべきなのです。

ファンを増やす方法については、「無料動画レッスン」にて無料で解説しています。以下のリンクから、ぜひお受け取りください。

無料:ファンを増やしてプロ歌手になる方法を解説した無料:全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

ファンがいれば自分の力でも歌手になれる

また、ファンを増やすことができれば、自分の力だけでもプロの歌手になれます。つまり、事務所やレコード会社に所属する必要がなくなるのです。

なぜなら、一人で歌手活動をして、お金を稼げてしまうからです。以下のような商品を作り、ファンに販売すれば収入を得られます。

・CD制作

・ライブ開催

・グッズ制作

・ファンクラブ運営

CDやグッズを安く作れる業者は、ネットで簡単に探せます。ライブハウスに連絡をすれば、誰でもライブを主催できます。無料のアプリを使うだけで、ファンクラブも作れます。

よって、買ってくれるファンがいれば、所属せずとも収入を得られるのです。このため、立派なプロとしての活動ができます。

事務所やレコード会社に所属しないことには、以下のようなメリットがあります。

・歌手としての収入が大きくなる

・事務所やレコード会社に縛られず、より自由な歌手活動ができる

まず、個人で活動した方が、歌手の収入は大きくなります。なぜなら、ファンが支払ったお金がすべて自分のものになるからです。

事務所やレコード会社に所属した場合、売り上げのほとんどを彼らに吸収されてしまいます。例えばCDの売り上げのうち、歌手(アーティスト)は1%しか受け取れません

次の図は、CDの売り上げが誰の手に渡るかを示したものです。

CDがヒットして1万枚売れても、歌手は10万円しか受け取れません。グッズやファンクラブの収入も、ほとんど受け取れません。

このため、大手の事務所やレコード会社に所属していても、歌手と関係ないバイトをして生活する人がほとんどです。プロを目指すあなたは、こうした現実を知っておくべきです。

また、自由に活動するのも難しくなります。なぜなら、歌詞・音楽性・ファッションなどを制限されるからです。経験者に話を聞くと、以下のようなことは当たり前です。

・好きではないジャンルの音楽を歌わされる

・希望しない相手とのユニットを組まされる

・思ってもいないことを歌詞にして歌わされる

このため、一握りの人気歌手になっても、幸せを感じられない人がたくさんいます。

しかし、個人で活動すれば、このようなことはありません。収入を取られることもなく、活動を制限されることもありません

このように、ファンの獲得さえできれば、個人でプロ歌手になることも可能です。

無料:事務所やレコード会社に所属せずプロになる方法を解説した無料:全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

ファンを増やしてプロ歌手になるには?

それでは、今日からファンを増やしてプロ歌手になるには、どうすれば良いのでしょうか。

まずは、たくさんの人に存在を知ってもらうことが大切です。これには、以下のようなものが使えます。

・SNS

・ブログ

・YouTube

・メルマガ

・LINE

これらを使うことで、お金をかけずに全国から知られる存在になれます。歌の練習時間とは別に、取り組む必要があります。

また、正しいやり方を勉強することも大切です。自分の思いつきで投稿をしても、全くファンが増えていかないからです。

ファンを増やす方法については、「無料動画レッスン」ですべて解説しています。存在を広める方法から、商品の作り方・売り方までも話しています。

プロ歌手を目指す人のうち、99.99%以上が「ファンを増やす重要性」に気づいていません。よって、今ならライバルがほとんどいない状況です。

このチャンスを、ぜひあなたのものにしてください。

無料:ファンを増やしてプロ歌手になる方法を完全解説した無料:全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

まとめ:プロ歌手の練習時間とは?歌手になれる練習時間

今回は、歌手の練習時間について解説しました。また、プロを目指す上で、どのように練習時間を確保すべきかもお伝えしました。

まとめると、次の通りです。

・歌手の練習時間は、1日30分〜2時間

・プロを目指す上では、まず1日1時間を目標にする

・練習以外にも、ファンを獲得するために時間を使うことが重要

ファンを増やす方法については、以下の「無料動画レッスン」ですべて解説しています。動画は後からでも見られるので、今のうちに受け取っておいてくださいね。

無料:ファンを増やしてプロ歌手になる方法を完全解説した全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ

動画レッスン全15話を無料プレゼント