音域が狭いと歌手にはなれない?音域が狭い歌手はダメなのか

Pocket

出せる声の高さの範囲のことを、「音域」といいます。歌手を目指すとき、これが狭いことで悩む人は多いです。

例えば、憧れの歌手のような低音・高音が出せないと悩みます。自分は歌手になれないのではないかと、不安になるのは当たり前です。

しかし実際には、音域が狭いことは歌手を目指す上で全く問題ありません。むしろ、無理に音域を広げようとするのは、時間の無駄とすら言えます。

今回は、音域が狭い人でも歌手になれる理由を解説します。また、歌手を目指す上で、「音域より何倍も大切なこと」も教えます。

音域が狭い歌手に合った曲が提供されるから

世の中にある曲は、それを歌う歌手の音域に合わせて作られます。よって、あなたの音域が狭い場合も、それにあった曲が提供されるので問題ありません

カラオケなどでは、他人の曲を歌う機会があります。この場合は、自分がその歌手の音域に合わなければなりません。

しかし、自分が歌手になる場合は、あなたの音域に合ったオリジナル曲が提供されます。このため、音域が狭くても良いのです。

逆に、あなたの音域に合わない曲を作る作曲家は、プロとして失格です。そのような人はいないため、安心してください。

これは、野球選手のバットと似ています。バットは、職人がそれぞれの選手に合わせて、長さ・重さ・材質を調整します。

歌手に提供される曲も、これと全く同じです。あなたの音域に合う曲を提供されるため、苦労することはありません。

このように、歌手には音域に合った曲が提供されます。よって、音域が狭いことは全く問題にならないのです。

無料:歌手になる最新の方法を完全解説した全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

聴く人は歌手の音域が狭いことを気にしないから

歌を聴く人のほとんどは、歌手の音域を気にしません。よって、音域が狭いという理由で、売れないということはないのです。

あなたが、歌手を目指す前を思い出してください。誰かの曲を聴くとき、歌手の音域を気にしていたでしょうか。おそらく、考えたこともなかったはずです。

あなたの歌を聴く人たちも、これと全く同じです。

音域を気にするのは、自分も歌をやっている人がほとんどです。ただ、こうした人は聴く人の中で、圧倒的に少数派だと言えます。

逆に言えば、無理に音域を広げたところで、歌手としての成功には繋がらないのです。

このように、音楽を聴く人の大多数が気にしていないため、音域が狭いことは歌手になる上で問題ないのです。

無料:歌手になる最新の方法を完全解説した全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

音域が狭いことより歌手志望が気にするべきこと

音域が狭いことを気にしたり、無理に広げたりする暇があるなら、もっと時間を使うべきことがあります。それは、ファンを増やすことです。

音域が狭いことは、歌手になる上で不利にはなりません。しかし、ファンがいないことは、大きな問題です。

ファンがいない歌手は、音楽業界から認められることはありません。また、個人でプロの歌手として生きていくことも不可能です。

こうした事情について、詳しく説明をしていきます。

音楽業界が新人に求めるのは音域ではない

いくら音域が広くても、ファンがいない新人は音楽業界から認められません。よって、デビューできることもありません。

そもそも、事務所やレコード会社の目的は、お金を稼ぐことです。よって、CDやチケットなどが確実に売れるであろう新人と契約したがります。

例えば、以下のような新人A・Bがいたとします。

A:音域は広く、歌も上手いが、現時点ではファンがいない

B:音域が狭く、歌もそこそこだが、現時点で大量のファンがいる

このとき、間違いなく「B」が選ばれます。業界は、デビュー前からファンがいる新人に対しては、「デビュー後も確実に売れる」と判断します。

一方で、歌が上手いだけの新人に対しては、「本当に売れるのだろうか」と不安視します。売れなければ大赤字になるため、契約をためらうのです。

このような理由から、業界は音域の広さや歌の技術よりも、デビュー前のファンの数を圧倒的に重視します。

よって、音域が狭いことを改善するより、ファンを増やすことに時間を使う方が、デビューへの近道です。

その方法については、「無料動画レッスン」にて無料で解説しています。以下のリンクから、ぜひお受け取りください。

無料:ファンを増やしてプロ歌手になる方法を解説した全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

音域が狭い新人も自力で歌手になれる

また、事務所やレコード会社に所属するだけが、歌手になる方法ではありません。ファンを増やすことができれば、所属せずともプロになれます

なぜなら、自分の力でファンに商品を売って、収入を得ることが可能になるからです。

例えば、ネットで業者を探せば、安価で質の高いCDを作れます。ライブハウスに連絡をすれば、単独ライブを開催することも可能です。

事務所やレコード会社に所属をしないことには、次のようなメリットがあります。

・歌手としての収入が大きくなる

・制限されずより自由に活動できる

所属をしない方が、得られる収入は大きくなります。これは、ファンが支払ったお金が、すべて自分の手に入るからです。

このため、まだファンが少ないうちから、プロの歌手として食べていくことが可能になります。

逆に、所属をしてしまうと、あなたはほとんどお金を受け取れません。例えば音楽CDの売り上げのうち、歌手(アーティスト)が受け取れるのはわずか1%です

以下は、大手レコード会社と契約した際の、一般的なCD売り上げの配分です。

1000円のCDを1万枚を売っても、わずか10万円しか受け取れない契約です。グッズやチケットの収入も同様に、ほとんど歌手の手には渡りません。

このため、大手事務所やレコード会社に所属していても、バイトをして食いつないでいる歌手がほとんどです。しかし、個人ならそれがありません。

また、所属をしない方が、活動の自由度が高いです。事務所やレコード会社から、歌詞・方向性・ファッションなどに口出しされないからです。

このように、所属せずに活動するメリットは大きいです。ファンが増えてくれば、こうした選択肢も現れます。

事務所やレコード会社を頼らず歌手になる方法は、「無料動画レッスン」ですべて解説しています。以下のリンクから、ぜひお受け取りください。

無料:事務所やレコード会社に所属せずプロになる方法を完全解説した全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

歌手になるために最優先すべきこと

それでは、今日からファンを増やすために、何をすれば良いのでしょうか。

最優先すべきは、たくさんの人から知ってもらうことです。存在を認知されることで、はじめてファンが増える可能性が生まれます。

今の時代は、スマホ1台で自分の存在を知らしめることが可能です。例えば、以下のようなものを活用できます。

・SNS

・ブログ

・YouTube

・メルマガ

・LINE

これにより、ほとんどお金をかけずに、全国にファンを増やせるのです。

ただし、自己流で頑張ったところで、結果には繋がりません。すでにファンを増やしている人が行なっている、正しいやり方を学ぶことが大切です。

そのやり方については、「無料動画レッスン」で解説しています。知ってもらう方法はもちろん、商品の作り方や売り方まで教えています。

動画は後から何度でも見られるため、以下のリンクからぜひ受け取っておいてくださいね。

無料:ファンを増やしてプロ歌手になる方法を完全解説した全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

まとめ:音域が狭いと歌手になれない?

今回は、音域が狭いことが、歌手になる上で全く問題ない理由を解説しました。また、音域よりもはるかに重要なことも書きました。

まとめると、次の通りとなります。

・歌手になったら、あなたの音域にあった曲が提供されるから

・ほとんどのリスナーは歌手の音域を気にしていないから

・歌手になれるかどうかは、音域や歌の上手さではなく、ファンを増やせるかどうかで決まるから

ファンを増やす方法については、以下の「無料動画レッスン」ですべてを解説しています。

無料:ファンを増やしてプロ歌手になる方法を完全解説した全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ

動画レッスン全15話を無料プレゼント