歌手としてスカウトされるには?みんな方法を間違っている!

Pocket

こんにちは、武藤です。

tccfmswt

スカウトされて歌手になりたい、と思う人は多いです。僕も、ライブの制作や音楽講師をしているので、そのような相談を頂くことがよくあります。

ただ、ほとんどの人がその方法を間違っています。その結果、いつまでもスカウトされなかったり、悪徳業者に騙されたりする人が多いです。

間違った努力を続けても、永遠に結果は出ません。この記事では、歌手としてスカウトされる方法について解説します。

ぜひこの記事を読んで、チャンスを掴んでくださいね。

歌手としてスカウトされるために間違っている方法

まずは、歌手としてスカウトされるための方法として、間違っているものを紹介します。もし当てはまっていたら、いますぐにやめるべきです。

とにかく歌を上達させる

スカウトされるために、とにかく歌を上達させようとする人は多いです。例えば、毎日必死に歌を練習したり、高いお金をかけて教室に通ったりします。確かに、歌が上手くなれば、どこかから声がかかりそうですよね。

しかし、このようなことを続けても、スカウトされることはありません。なぜなら、レコード会社や音楽事務所は、歌が上手い人と契約したいわけではないからです。

多くの人は、「歌が上手い人がスカウトされる」と思い込んでいます。しかし、そもそもこれが勘違いなのです。

この理由については、後ほど詳しく紹介します。まずは、「歌を上達させてもスカウトされない」ことを覚えておいてください。

都会に出る・上京する

スカウトされるために、東京や大阪などの都市部に引っ越す人は多いです。確かに、都会の方がレコード会社や音楽事務所がたくさんあります。このため、スカウトされる確率が上がりそうに思えます。

しかし、これも勘違いです。都会に住んだからといって、スカウトされる確率は上がりません。むしろ、下がってしまう傾向があります。なぜなら、人口が多いぶんライバルも多く、目立ちにくくなるからです。

都市部であるほど、歌手活動をしている人が多くいます。あなたと同じことを考えて、地方から移ってくる人もたくさんいます。すると、そこで注目されるのは難しくなります。

スカウトされたいと思うなら、競争相手の少ない地方で目立つことを考えた方が良いです。スカウトは、しっかりと地方にも目を光らせています。

このため、スカウトされるために都市部へ引っ越すのは勘違いです。地方にお住まいであれば、その場所で努力を続けてください。

路上やライブハウスでたくさん演奏する

スカウトされるために、路上やライブハウスなどでたくさんライブをする人は多いです。確かに、たくさん人前に出れば、スカウトされる確率も上がりそうですよね。

しかし、たくさんライブをしても、スカウトの目に留まることはありません。なぜなら、彼らはそのような場所でスカウト活動をしていないからです。

ライブで演奏をすると、「もしかしたら業界関係者が来ていてスカウトされるかも」という妄想を抱く人は多いです。その気持ちはよく分かります。しかし、路上やライブハウスでスカウト活動はほぼ行われません。

もちろん、たまたま通りかかるということはあります。ただ、それはあくまで「運」です。宝くじを買っていれば当たることもある、というレベルの話です。

僕はライブ制作の仕事をしていますが、5年・10年・20年と活動していても、一向に声がかからない人たちをたくさん見てきました。

したがって、ライブをたくさんすることは、スカウトされることに繋がりません。

歌手としてスカウトされる唯一の方法

それでは、歌手としてスカウトされるには、どうすれば良いのでしょうか。ここから、分かりやすく解説していくので、安心してくださいね。

スカウトは歌が上手い人を探していない

まず、前提として「歌手としてスカウトされるための条件」を正しく理解する必要があります。あなたは、スカウトされるための条件が分かるでしょうか。

このとき、9割以上の人が「歌が上手い人がスカウトされるのだろう」と考えます。歌手になるのですから、そう思うのは自然なことです。そして、必死に歌の練習をします。

しかし、実際には違います。スカウトは、歌が上手い人を探しているわけではないのです。そうではなく、「売れそうな歌手」を探しているのです。

スカウトはボランティアではない

なぜ、スカウトは「売れそうな歌手」を探すのでしょうか。それは、確実にお金を儲けるためです。

音楽事務所やレコード会社は、ボランティアではありません。お金を儲けるために活動をしています。スカウトした歌手が売れるほど、彼らもたくさん儲かります。

逆に、スカウトした歌手が売れなければ、儲かるどころか赤字になります。社員に給料を払うことはできず、倒産に追い込まれます。

したがって、確実にお金を儲けるために「売れそうな歌手」をスカウトしようとします。

もちろん、僕もお金より大切なものがたくさんあることは知っています。僕はあくまで、音楽業界の現実をありのままに伝えているだけです。

スカウトされるための唯一の条件とは

それでは、スカウトはどのようにして「売れそうな歌手」を判断しているのでしょうか。

この答えはシンプルであり、「スカウトする前から売れているかどうか」です。つまり、事務所やレコード会社に所属する前から、ファンがついているかどうかです。

例えば、スカウトの前にA・Bという2人の歌手がいるとします。

Aさんは、とても歌が上手です。スカウトとして、惚れこむほどの歌唱力です。しかし、ライブをしても集客は一桁だし、CDやグッズも売れていません。

Bさんは、正直あまり歌は上手ではありません。しかし、すでに自分で単独ライブを主催していて、たくさんの動員があります。また、CDやグッズもたくさん売れています。

このとき、スカウトは確実にBへ声をかけます。「スカウトする前から売れているのだから、契約すればもっと売れるだろう」と考えるのです。

一方で、Aをスカウトすることはありません。歌が上手いからといって、必ず売れるとは限りません。スカウトとしても、「契約して売れなかったらどうしよう」と不安なのです。

このように、スカウトされるための条件は「すでに売れていること」です。どんなに歌が上手くても、売れていない歌手がスカウトされることはありません。

実際、今デビューを果たしている歌手も、ほとんどが実績をもとにスカウトされた人たちです。

したがって、あなたはファンを増やしていく必要があります。売り上げや集客の実績を作ることが、スカウトをされるための唯一の条件です。

どうすれば歌手がファンを増やせるのか

それでは、どのようにすればファンが増え、実績を作れるのでしょうか。ただ歌唱力を磨いたり、ライブをしたりしても、一向にファンは増えていきません。

今の時代であれば、インターネットを使うことです。ブログを書いたり、YouTubeに動画を投稿したりすることが有効です。

これなら、地方に住みながらでも、ほとんどお金をかけず全国にファンを増やせます。

僕の生徒も、年間で20万人以上のアクセスを集めたり、海外のファンを獲得したりしています。正しいやり方をしていけば、たくさんの人に知ってもらうことが可能なのです。

そこから、ライブを主催したり、CDを作ったり、ファンクラブを開いたりします。こうすると、売り上げや集客の実績がついてきます。

すると、スカウトがあなたに興味を持つようになります。そして、あなたとの契約を考えるようになります。

このブログでは、ファンを増やし、実績を作るための具体的な行動をたくさん紹介しています。

ただ、記事数が多く、すべてを読むのは大変だと思います。そこで、すべてを勉強できる、全15話・5時間23分を超える動画レッスンを無料でプレゼントしています。もしよければ、以下をクリックしてお受け取りください。

実績がなくても声をかけてくるスカウトは悪徳業者

なお、売り上げや集客の実績がなくても、スカウトが声をかけてくることがあります。ライブ会場で名刺を渡されたり、SNSでメッセージが届いたりします。

ただ、このようなスカウトは、9割以上が悪徳業者です。

話を聞いてみると、高い確率で金銭を要求されます。「登録料」「所属料」「レッスン料」「チケットノルマ」など、さまざまなものがあります。

そもそも、音楽事務所やレコード会社は、チケットやCDなどをお客さんに販売して稼ぐものです。歌手本人から、直接お金を取るものではありません。金銭を要求された時点で、おかしいと思ってください。

彼らの目的は、知識のない人を「スカウトされた!」と舞い上がらせ、正常な判断能力を奪うことにあります。その上で、法外な金銭を要求してきます。

彼らは、いかにも「あなたの素質に惚れ込んでスカウトした」かのようなことを言います。しかし、他の人にも、全く同じように声をかけています。

そもそも、「音楽事務所」や「レコード会社」は、誰でも名乗れてしまいます。このため、このような悪徳ビジネスをするのは簡単なのです。

なお、このような話をしても「私はすごい人にスカウトされたんだ」と言い張る人がいます。そのような頭の弱い人は、彼らからすると絶好のカモです。

ただ、あなたはそうではないと思います。なので、実績がない時点でスカウトされたら、ぜひ警戒をしてください。金銭を要求された時点で、悪徳業者だと考えてください。

何の実績もない歌手が、真っ当な組織にスカウトされることはありません。そのような幻想は捨てて、1つずつ着実に実績を作っていきましょう。

まとめ

今回は、歌手としてスカウトされる方法を解説してきました。

・ひたすら歌唱力を磨く、都会に出る、たくさんライブをする、オーディションを受ける、を続けても、スカウトされる確率は上がらない

・「歌が上手い人」ではなく、「すでに売れている人」がスカウトされる

・スカウトされるには、売り上げや集客の実績を作るしかない

・インターネットの正しい使い方を勉強して、自分のファンや売り上げを増やしていこう

99%以上の人が、間違った努力を続けています。僕がこのブログを作ったのも、それを止めたいという思いからです。なので、今日あなたがこの記事を読んでくれて、本当に良かったです。

僕の発信が、ほんの少しでも役に立てば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

全15話の動画レッスンをプレゼント

Pocket

関連ページ

全15話の動画レッスンをプレゼント