歌手になるには年齢が大事?なりたい・目指すのは何歳まで?

Pocket

こんにちは、武藤です。

tccfmswt

歌手になりたい人の不安要素に、「年齢」があります。20代に差し掛かる頃から、「歌手を目指すにはもう遅いのでは」と心配する人が増えてきます。

ただ、結論から言うと、歌手になるには年齢は関係ありません。「ある方法」を取れば、何歳までという制限なく、歌手になることができます。ただ、この方法は、ほとんど知られていません。

そこで今回は、歌手になるには年齢が大事と言われる理由を解説します。また、年齢に関係なく、歌手を目指すことができる「ある方法」も教えます。

歌手になるには年齢が大事と言われる理由

まずは、歌手になるには年齢が大事と言われる理由を解説します。

若い年齢でデビューする歌手が多いから

1つ目の理由は、若い年齢でデビューする歌手が多いことです。

デビューとは、大手のレコード会社から新たにCDを発売することを指します。デビューする歌手の年齢は、10代が最も多いです。もちろん、例外もありますが、その数は多くありません。

この理由は、音楽に対してお金を使う消費者の年齢層にあります。どの調査でも、10代から20代前半の若者が、CDやライブなどに最もお金を使うとされます。

よって、多くのレコード会社が、この年齢層をターゲットにしようとします。このとき、歌手自身の年齢が若い方が、彼らの共感を得やすいと計算します。これが、デビューする歌手の年齢が若くなる理由です。

実際にデビューする歌手の大半が若いため、「歌手になりたいなら年齢が大事」と考える人が増えるのは自然です。それ以上の年齢になると、歌手を目指すには遅いのでは、と心配になるのも当たり前です。

このように、若い年齢でデビューする歌手が多いことも、年齢が大事と言われる理由の1つです。

年齢制限のあるオーディションが多いから

2つ目の理由は、「何歳まで」という年齢制限のあるオーディションが多いことです。

オーディションとは、事務所やレコード会社が、契約する歌手を選ぶ審査をあらわします。歌手になりたい多くの人が、これらに挑戦しようとします。

このオーディションには、年齢制限があるものがほとんどです。例えば、「10代限定」「18歳まで」「25歳まで」などです。

このため、年齢が上がるにつれて、応募できるオーディションが減少します。したがって、歌手を目指すチャンスが減るように感じるのは当然です。

このように、オーディションの年齢制限も、歌手になるには年齢が大事と言われる理由の1つです。

年齢とともに歌手を目指す人が減るから

3つ目の理由は、年齢と共に歌手を目指す人が減ることです。

10代の時点では、歌手になりたいと考える人は多いです。しかし、年齢が上がるにつれて、少しずつ諦める人が出てきます。就職・結婚・出産などを機に、そうした人はさらに増えていきます。

実際、僕も音楽をやっていましたが、「何歳までに歌手になれなかったら諦める」と言っていた知人は多かったです。

このような状況では、「自分も諦めた方が良いのでは」という思考になりやすくなります。人間は周囲に影響されるため、これは当然のことです。

このように、歌手を目指すのを諦める人が増えることも、年齢が大事と言われる理由の1つです。

歌手になりたい人が年齢問わず歌手になるには

ここまで、歌手になるには年齢が若いと良いとされる理由を解説してきました。

ただ、この考え方は正しいとは言えません。なぜなら、年齢を問わず歌手になる方法が存在するからです。よって、「何歳までに諦めるなければならない」ということはありません。

それは、自分の力でファンを増やすことです。まずは、ブログ・YouTube・SNSなどを使い、あなたの存在を少しずつ広めていきます。

その人たちに魅力を伝え、商品を提案します。例えば、自分で会場を借りてライブを主催したり、ファンクラブを作ったりして、そこに参加してもらうのです。

これさえできれば、歌手になるには年齢が関係なくなります。これには、次の2つの理由があります。

年齢よりも大事な「実績」を作れる

自分の力でファンを増やすと、年齢問わず「実績」を作ることができます。

実績とは、デビューをする前の段階における、集客や販売の数字を表します。例えば、次のようなものです。

・CDを◯枚販売し、◯円の売り上げがあった

・ライブに◯人を動員し、◯円のチケット収入があった

・ファンクラブに◯人の会員がいて、◯円の収入が発生している

事務所やレコード会社の目的は、歌手と契約してお金を儲けることです。CDやチケットなどをたくさん売って、多くの収入を稼ごうとします。

このため、すでに実績のある歌手と契約したいと考えます。なぜなら、デビュー前から売れているということは、契約後も売れる確率が高いと判断するからです。

この実績こそ、業界関係者が歌手をデビューさせる際に、最も重視するものです。これは、年齢よりも遥かに大切なものです。

歌手になりたい人は、「自分の年齢で目指すのはもう遅いのでは」と心配しがちです。しかし、すでにファンがいるという実績さえあれば、年齢は関係ありません

業界関係者は、デビュー前から売れているアーティストに対して、常に目を光らせています。したがって、あなたがこうした実績を作れば、向こうから声がかかるようになるのです。

このように、自分の力でファンを増やすことで、集客や販売の実績を作ることができます。このことで、年齢と関係なく歌手になるチャンスを作れます。

ファンを増やす方法について解説した、全15話・5時間23分の動画レッスンを無料でプレゼントしています。ぜひ、こちらも活用していただけると嬉しいです。

デビューせず歌手になる選択肢も生まれる

自分の力でファンを増やすと、デビューをせずに歌手として食べていくという選択肢も生まれます。なぜなら、自分で商品を売って、収入を得ることができるからです。

知らない人も多いですが、レコーディングをしてCDを作るのも、ライブハウスを借りるのも、ファンクラブを作るのも、デビューをしなくても全てできることです。

さらに言えば、デビューをするよりも、個人で活動した方が歌手になるハードルは低いです。なぜなら、収入が上がりやすいからです。

事務所やレコード会社と契約した場合、売り上げのほとんどを自分で受け取れません。例えば、CDの売り上げの配分は、次のようになっています。

歌手(アーティスト)は、CD売り上げのうち1%しか受け取れません。1000円のCDが売れても、受け取れるのは10円に過ぎません。これがヒットして1万枚売れても、10万円しか自分のものになりません。

このため、デビューを果たしても、歌手としての収入だけでは食べていけない人がほとんどです。

しかし、自分で活動すれば、お客さんが支払ったお金はすべて自分のものになります。よって、収入が上がりやすいのです。

僕の生徒にも、過去に歌手デビューを経験した人がいます。デビュー時は収入が低く、アルバイトをしていたといいます。しかし、今では個人で活動しており、当時よりも遥かに高い収入を実現しています。もちろん、歌手活動だけで生計を立てています。

このように、自分の力でファンを増やすことができれば、デビューせず歌手になるという選択肢も生まれます。こちらも、年齢と関係なく結果を出すことができます。

ファンを増やす方法については、全15話・5時間23分の無料動画レッスンですべての流れを解説しています。ぜひ、こちらも活用してください。

まとめ:歌手になるには年齢が大事?

今回は、歌手になるには年齢が大事と言われる理由を解説しました。また、年齢関係なく、歌手を目指すことができる方法も教えました。

年齢が大事と言われる理由は、次のようになります。

・若くしてデビューを果たす歌手が多いから

・オーディションの多くには年齢制限があるから

・年齢と共に歌手を目指すのを諦める人が増えるから

しかし実際には、自分の力でファンを増やせれば、年齢と関係なく歌手になることができます。

集客や販売の実績を作れるため、事務所やレコード会社から声がかかるようになります。また、自分で商品を売って収入を得ることができるため、デビューせずに歌手になるという選択肢も生まれます。

歌手になるには、何歳までという制限はありません。年齢と関係なく、ぜひ今日からファンを増やしていってください。

ファンを増やす方法について解説した、全15話・5時間23分の動画レッスンを無料でプレゼントしています。ぜひ、こちらもご活用ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ