歌手デビューしたい!するには?デビューまでのきっかけを作る方法!

Pocket

こんにちは、武藤です。

tccfmswt

歌手デビューがしたい、という人は多いです。しかし、その方法はよく分からないですよね。

僕は音楽の仕事をしているので、「歌手デビューするにはどうしたら良いですか」とよく相談されます。

実際、歌手デビューをしたい99%以上の人が、その方法を間違えています。例えば、必死に歌を練習する・学校やレッスンに通う・オーディションを受けるなどは、デビューに繋がりません

今回は、歌手デビューをするにはどうすれば良いのか、その具体的な方法を解説します。この記事を読んで、ぜひ歌手デビューを勝ち取ってください。

歌手デビューする方法として間違っているもの

まずは、歌手デビューする方法として間違っているものと、その理由を解説します。

必死に歌の練習をしても歌手デビューできない

「歌手デビューするには、歌の練習が大事」と考える人はとても多いです。しかし、これは勘違いです。必死に練習をしても、歌手デビューするきっかけは作れません。

なぜなら、レコード会社は「歌が上手い人」をデビューさせたいわけではないからです。ここに、歌手デビューしたい人の勘違いがあります。

例えば、歌手の売り上げランキングを見てみてください。あなたはあれを見て、「歌が上手い順番に売れている」と思うでしょうか。おそらく、そうは思わないはずです。

また、僕は学生時代から音楽と関わり、今もそれを仕事にしています。その中で、「デビューしている歌手より明らかに上手い」と誰もが思う歌手をたくさん見てきました。しかし、彼らの大半がデビューできないまま終わります。

このように、歌の練習をしても、デビューまでのきっかけは作れません。「歌が上手い人がデビューできる」というのが、そもそも勘違いなのです。

ボイストレーニングに通っても歌手デビューできない

「歌手デビューするには、ボイストレーニングに通えばいいのでは」と考える人は多いです。ただ、これもデビューのきっかけにはなりません。

確かに、ボイストレーニングに通うことで、歌は上達します。しかし、先ほども書いた通り、歌が上手い人がデビューできるわけではないのです。

また、ボイストレーニングの先生が、音楽業界と繋がっていて、デビューさせてくれるのでは・・・という期待をする人も多いです。しかし、ほとんどの先生には繋がりはありません。もし繋がりがあっても、歌手をデビューさせるきっかけまでは作れません。

ボイストレーニングは、かなり高額です。よって、この現実を理解した上で、検討するようにしてください。

このように、ボイストレーニングに通っても、歌手デビューまでのきっかけは作れません。

音大や専門学校に通っても歌手デビューできない

「歌手になるには、音大や専門学校に通えば良いのでは」と考える人は多いです。ただ、これもデビューまでのきっかけにはなりません。

確かに、音大や専門学校に通うことで、歌の技術を教えてもらえます。よって、練習すれば歌は上手くなります。

ただ、何度も書いているように、歌が上手い人がデビューできるわけではありません。よって、音大や専門学校を卒業しても、歌手デビューできる人はほとんどいません。

音大や専門学校の学費は、かなり高額です。ボイストレーニングを受けるのとは、比べ物になりません。よって、この現実を知った上で検討すべきです。

また、学校によっては、たまたま卒業生がデビューしたことを「歌手デビュー実績多数」などと誇張している場合もあります。実態からはかけ離れているため、注意が必要です。

このように、音大や専門学校に通っても、歌手デビューには繋がりません。

オーディションを受けても歌手デビューできない

「歌手デビューするには、オーディションを受ければ良いのでは」と考える人は多いです。オーディションとは、レコード会社が契約を結ぶ歌手をテストするものです。

しかし、オーディションを受けても歌手デビューには繋がりません。これには、2つの理由があります。

応募者が多すぎるため

オーディションがきっかけにならない理由として、選ばれる確率の低さがあります。

オーディションで選ばれる歌手は、ほんの数人です。それにも関わらず、数千人が応募することも珍しくありません。よって、選ばれる確率が極めて低いです。

僕も仕事上、オーディションに応募し続けている歌手の人をよく話します。しかし、一向に選ばれないようです。

もちろん、応募をしないよりは、した方が確率が上がることは事実です。しかし、その時間があるならば、後で紹介する他の方法を取るべきです。

悪徳業者が多すぎるため

オーディションがきっかけにならない理由として、悪徳業者の多さがあります。雑誌やネットに掲載されているものに対しても、警戒する必要があります。

多くの悪徳業者が、オーディションを開催しています。歌手デビューしたい人を集め、ほぼ全員を合格させます。デビューのチャンスをチラつかせ、歌手に高額な料金を請求します。

これは、「オーディション商法」と呼ばれ、国や自治体が注意を呼びかける悪徳商法です。

本来のオーディションとは、レコード会社がお金を払ってでもデビューさせたい歌手を選ぶためのものです。選ばれた歌手からお金を取るのは、それと正反対の行為です。

登録料・レッスン料・チケットノルマなど、あらゆる名目で金銭を要求されます。歌手デビューしたい無知な人が、騙されてしまうことは多いです。しかし、「オーディションに選ばれてお金を請求される時点でおかしい」と考え、すぐに席を立つようにしてください。

このように、オーディションを行う悪徳業者に騙されると、歌手デビューから遠ざかってしまいます。

悪徳商法の手口については、以下の記事で詳しく解説しています。

オーディション詐欺!悪徳なオーディション商法の手口一覧を解説!

ライブ活動をしても歌手デビューできない

「歌手デビューするには、ライブ活動をしよう」と考える人は多いです。路上ライブをしたり、ライブハウスに出演したりする人は多いです。そして、業界関係者の目に留まったり、ライブパフォーマンスを向上させたりしようと考えます。

ただ、これもデビューには繋がりません。なぜなら、ライブハウスにスカウトの人はいないからです。

もちろん、「路上ライブをしていたらたまたま音楽業界の人が通りかかる」という可能性はあります。ただ、これは「宝くじに当たる」のような、運に過ぎません。

確かに、人前で演奏をすることで、ライブパフォーマンスは向上します。しかし、レコード会社は、ライブパフォーマンスの高い歌手をデビューさせたいわけではありません

このように、ライブ活動は歌手デビューのきっかけにはなりません。

歌手デビューまでのきっかけを作る唯一の方法

それでは、どのようにすればきっかけを作れるのでしょうか。この方法は、たったひとつしかありません。それは、集客や販売の実績を作ることです。

例えば、自分でライブを開催すれば、その動員数や売り上げが実績となります。歌を録音して販売すれば、その数字も実績となります。

なぜ、このような実績が、歌手デビューまでのきっかけになるのでしょうか。これを理解するには、歌手デビューの条件を知る必要があります。

デビューできる歌手の条件

「歌手デビューの条件」と言われて、どのようなものを連想するでしょうか。おそらく、次のように考える人が多いと思います。

・歌が上手いこと

・声質が良いこと

・ルックスが良いこと

・ライブパフォーマンスが高いこと

しかし、これらはすべて不正解です。正しくは、「デビュー前から売れていること」が条件となります。

そもそも、レコード会社の目的は、デビューした歌手のCDを売って儲けることです。よって、デビューさせる歌手を選ぶ基準は「売れそうかどうか」しかありません。

このとき、デビュー前から売れている歌手であるほど、「デビュー後も売れそう」と認識されます。

だからこそ、集客販売の数字が実績になるのです。これを作ることが、歌手デビューの唯一の方法です。

無名の歌手がスカウトされるのは幻想

歌手デビューというと、「無名の人がスカウトされてデビューを果たし、一気にスターになる」というイメージを持つ人が多いです。ただ、このようなことはほとんどありません。

以前ならば、このようなこともありました。しかし、最近は音楽が売れない時代です。どんなに実力があっても、実績のない歌手は「デビューさせて売れなかったらどうしよう」と心配されてしまいます。よって、スカウトなどされません。

したがって、この幻想は捨ててください。そして、いかに実績を積み上げていくかだけを考えてください。

デビューしたい人が実績を作る方法

実績が重要と聞くと、いきなりライブを主催したり、CDを制作したりする人がいます。ただ、最初からそのようなことをしても失敗します。

なぜなら、購入してくれるファンがいないからです。良いものを作れば売れるというのは、幻想に過ぎません。

ライブの主催や、CD制作には高い費用がかかります。しかし、それを売るのは簡単ではありません。もし売れなければ、制作費がそのまま赤字となります。

よって、まずはファンを獲得するところからスタートしてください。最初は、あなたの存在を広めるところから始めましょう。

例えば、有名な曲をカバーして、YouTubeに投稿することが有効です。僕の生徒でも、このやり方で国内はもちろん、海外からもファンを獲得している人がいます。

他にも、ブログを書いたり、SNSのフォロワーを増やしたりする方法もあります。ネットの普及により、1円もかけずにファンを獲得できる時代となりました。正しい行動さえすれば、誰でも実績を作ることができます。

ファンが増えてくると、「CDはありますか?」「ライブはやらないんですか?」などと聞かれるようになります。この段階になって初めて、CDやライブを作れば良いのです。そうすれば、かなりの確率で売れます。

このように、ファンを獲得するところからスタートしてください。その後に商品を販売することで、実績を作ることができます。

デビュー前から歌手として収入を得られる

ファンを増やすことで、デビュー前から歌手として収入を得られるようになります。なぜなら、チケットやCDが売れるからです。

アルバイトをしながら、歌手デビューを目指す人は多いです。しかし、歌手として収入を得られれば、アルバイトをする時間を減らせます。よって、音楽に使える時間がさらに増えていきます。

そうすれば、あなたも幸せになりますし、ファンにもより良いものを届けられます。

このように、実績を作る過程で、歌手として収入を得らえるようになります。

周囲を無視し、黙々と実績を作る

歌手デビューを目指すほとんどの人は、練習・レッスン・ライブなどの活動に明け暮れます。なぜなら、実績の重要性を知らないからです。

しかし、そうしてデビューを果たせないまま終わる人をたくさん見てきました。この記事を読んだあなただけは、そうならないでください。

周囲と違う活動をすることに、不安を覚えるかもしれません。しかし、歌手デビューを勝ち取る人は、ほんの一人握りです。他人と同じ行動をしていて、その一握りになれるわけがないのです。

間違った方法でデビューを目指す人たちを無視し、少しずつ実績を作っていってください。大多数の人と違う行動をするからこそ、一握りの歌手になれるのです。

ファンが増えてくると、応援してもらえたり、収入を得られたりするので、活動がさらに楽しくなります。

また、ファンを増やす方法を詳しく解説した、全15話・5時間23分以上の動画レッスンを無料でプレゼントしています。ぜひ、こちらも活用していただけたら嬉しいです。

まとめ:歌手デビューしたい・するには?

今回は、歌手デビューするには、どのようにきっかけを作るべきかを解説しました。

ほとんどの人が、歌手デビューする方法を間違えています。例えば、歌の練習をする・ボイストレーニングに通う・音大や専門学校に通う・オーディションを受ける・ライブ活動をするなどです。

歌手デビューするには、集客販売の実績を作ることが重要です。レコード会社は、歌が上手い歌手ではなく、デビュー前から売れている歌手を探しています。よって、これこそがきっかけを作る唯一の方法となります。

実績を作るためには、ファンを1人ずつ増やしていくことが大切です。現代では、インターネットという強力な武器があります。これを使うことで、お金をかけずに全国へファンを増やすことができます。

また、実績を作る方法を詳しく解説した、全15話・5時間23分以上の動画レッスンを無料でプレゼントしています。ぜひ、こちらもご活用ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ