歌手は声質が重要?声質が悪い人も歌手になれるのか徹底解説

Pocket

歌手にとって重要とされるものに「声質」があります。

これは、声の特徴のことです。例えば、甘い声・優しい声・ハスキーな声などがあります。これは、才能による部分が大きいとされます。

歌手にとって、声質はどれくらい重要なのでしょうか。また、声質が悪い人でも歌手になれるのでしょうか。気になる人は多いはずです。

今回は、歌手にとっての声質の重要性や、声質が悪い人でも必ず歌手になれる方法を紹介します。

声質は歌手の重要な要素の1つ

歌手にとって、声質は重要な要素の1つです。

「この歌手にしか出せない声だ」という強烈な個性があれば、注目されやすくなります。また、声質を武器にして、多くの人の心を掴むことも可能です。

声質は、次のような分類をされます。

・甘い声

・癒される声

・セクシーな声

・ハスキーな声

あなたにも、声質が好きな歌手がいると思います。「いい声だな」と興味を持ったり、ファンになったりしたこともあるでしょう。

このように、声質は歌手にとって重要な要素です。その個性を際立たせ、多くの人の心を掴むことができます。

歌手になる最新の方法をすべて解説した全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

歌手の声質は才能による部分が大きい

歌手の声質は、才能による部分が大きいです。もともとの骨格や体型によって、どのようなものになるかが決まります。

僕も、以前は歌をやっており、ボイストレーニングを受けていました。このとき、それを肌で感じました。

(当時の写真です)

音域や声量については、努力でかなり変えることができました。例えば、ドレミファソラシドの「レ」までしか出なかったものの、「ラ」まで出せるようになりました。

また、もともとは声量が全くなかったのに、最後にはバンドにも負けないようになりました。

しかし、元々の声質はあまり変わりませんでした。僕の周りで歌をやっている人も、「声質は大きく変わらない」と口を揃えて言います。

このように、歌手の声質は才能による部分が大きいです。よって、後から劇的に変えることはできません。

歌手になる最新の方法をすべて解説した全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

声質に自信がない人が歌手を目指すポイント

歌手を目指す人には、声質に自信がない人も多いです。声質が悪い人は、歌手になれないのでしょうか。

実は、そんなことは全くありません。自分で「声質が悪い」と思っている人でも、歌手になることは可能です。

ここからは、そんな人が歌手を目指すための考え方や、ポイントを解説します。

プロでも声質には自信を持てないものである

まずは、「声質に自信を持つことは難しい」ということを認識する必要があります。プロの歌手でさえ、「自分は声質が悪い」と思ってきた人の方が多いのです。

他人の歌を聴くとき、僕たちは「空気の振動」だけを聴いています。しかし、自分が歌うときは「空気の振動」と「骨の振動」が混ざったものが聴こえるのです。

他人の声:空気の振動

自分の声:空気の振動+骨の振動

よって、自分の歌声を録音して聴くと、いつもと違うように聴こえるのは当然です。これにより、「自分は声質が悪い」と思ってしまう人がたくさんいます。

今は人気の歌手でも、「自分は声質が悪い」と思ってきた人は多いです。少し名前を挙げるだけでも、次のような人たちがいます。

・桜井和寿さん

・福山雅治さん

・宇多田ヒカルさん

彼らの声質が好きだというファンはたくさんいます。そうした人たちでも、「自分は声質が悪い」と思ってきたわけです。

このように、自分の声質には違和感を覚えやすく、自信を持つのは難しいです。これは、プロの歌手でも同じです。まずは、このことを認識してください。

あなたの声質が好きと言う人は必ずいる

人によって、声質の好みは全く違います。あなたのそれを「良い」と言ってくれる人は必ずいます。よって、その人たちだけをファンにすれば問題ありません。

例えば、あなたが声質が良いと思う歌手を、1人想像してください。

その人は、国民全員から「良い声だ」と言われているでしょうか。それどころか、「あの人の声が苦手なんだよね」と言う人も必ずいるはずです。

つまり、「誰からも良いと認められる声質」など存在しません。趣味やグルメと同じように、人の好みはバラバラだからです。

もしかしたらあなたは、自分の声質を「悪い」と思っているかもしれません。あるいは、周囲の人から悪く言われたのかもしれません。

しかし、それはどうでもいいことです。あなたの声質を、好きと言ってくれる人は必ずいます。彼らにだけ歌を聴いてもらえば、歌手になることが可能です。

憧れの歌手と同じ声質を手に入れても無意味

「自分は声質が悪い」と思う人は、憧れの歌手と自分を比較している人が多いです。

「なぜあの人は素敵なのに、自分はこんな声質なのだ」と考えます。これは、僕もそうだったので、痛いほど分かります。

ただ、もしあなたが憧れの歌手と同じ声質を手に入れられたらどうでしょうか。実は、それは全くもって意味がありません。なぜなら、「似たような声の人が出てきた」と思われるからです。

歌手にとって、「◯◯っぽい」と思われるのは致命的です。プロとそっくりの声質の人が、「すごい!」と言われるのはカラオケだけです。

このことを考えると、「憧れの人と違う声質で良かった」と考えるのが正しいです。

このことから、憧れの歌手と同じ声質を手に入れても無意味です。よって、比較して「自分は声質が悪い」と考える必要はありません。

声質と関係なく歌手になる方法は、以下の「無料動画レッスン」ですべて解説しています。

無料動画レッスン:歌手になる最新の方法をすべて解説した全15話・5時間49分の動画レッスンを受け取る

声質より歌手になるのに圧倒的に重要なこと

歌手を目指すにあたって、「声質」にばかり意識が向いている人は多いです。しかし実際には、それよりも遥かに重要なことがあります。

それは、「歌手として自分のファンを増やすこと」です。つまり、自らネットやリアルで歌手活動を行い、応援してくれる人を増やすのです。

歌手になりたい99%以上の人が、この大切さに気づいていません。ここからは、なぜファンを増やすことが重要なのかを解説します。

音楽業界は声質より◯◯◯を重視する

ファンを増やすことで、音楽業界から声がかかりやすくなります。つまり、事務所やレコード会社の目に留まるのです。

彼らは、常に新人歌手を探しています。このとき、声質や歌の上手さよりも、ファンがいるかどうかを圧倒的に重視します。

事務所やレコード会社の目的は、お金を儲けることです。所属歌手のCDやチケットが売れるほど、彼らは儲かります。

そのためには、売れる可能性が高い歌手を発掘することが必要です。そして、彼らが「売れる可能性が高い」と判断する基準こそ、「デビュー前からファンがいること」なのです

例えば、次のような歌手A・Bが存在するとします。

A:声質はとてもいいが、ファンはいない

B:声質は悪いが、ファンがたくさんいる

このとき、確実に後者が選ばれます。「すでにファンが多いなら、デビューさせたらもっと売れるだろう」と思われるからです。

逆に、ファンがいない歌手は、事務所やレコード会社から不安に思われます。高いお金をかけて育成や宣伝をして、売れなかったら大赤字です。彼らは、そのリスクを嫌います。

このように、音楽業界は「声質の良い歌手」を求めているわけではありません。デビュー前からファンがいて、売れる可能性が高い人を探しているのです。

このことから、声質よりもファンを増やすことが圧倒的に重要だと分かります。

ファンを増やす方法については、以下のページで無料で

無料:ファンを増やす方法を解説した全15話・5時間49分の動画レッスン

声質に関わらず自分の力で歌手になれる

また、ファンを増やすことができれば、事務所やレコード会社に所属する必要がなくなります。

なぜなら、自分の力だけで、歌手活動でお金を稼げてしまうからです。例えば、以下のような活動は、すべて所属しなくてもできます。

・CD制作

・ライブ開催

・グッズ制作

・ファンクラブ運営

CDやグッズ制作を安く頼める業者は、ネットで簡単に見つかります。ライブハウスに連絡すれば、誰でもライブが可能です。無料のツールを使えば、ファンクラブさえ作れます。

事務所やレコード会社のお世話にならなくても、ファンに商品を買ってもらって、収入を得ることができるのです。

事務所やレコード会社に所属しないことには、次のようなメリットがあります。

・得られる収入が大きくなる

・より自由な歌手活動ができる

事務所やレコード会社に所属すると、売り上げのほとんどを彼らに吸収されてしまいます。

例えば1枚1000円のCDが売れても、歌手本人は10円しか受け取れません。以下の円グラフは、音楽CDの売り上げが誰の手に渡るかを表したものです。

これは、CDだけではありません。グッズやチケットの収入も、同じような仕組みです。よって、メジャーデビューを果たしても、お金に困る歌手はたくさんいます。

また、歌詞・音楽性・ファッションに至るまで、あらゆることに口を出されます。実際、次のようなことは当たり前です。

・自分の考え方と正反対の歌詞を歌わされる

・組みたくない相手とグループを組まされる

・ロックを歌いたいのに、ポップスを歌わされる

しかし、所属しなければこのようなことはありません。売り上げはすべて自分のものですし、制限なく自由に活動することが可能です。

ここで説明したように、ファンを獲得できれば、所属をせずに歌手になることも可能です。より大きな収入と自由度を手に入れながら、歌手として生きていくことができます。

無料:ファンを増やす方法を解説した全15話・5時間49分の動画レッスン

まとめ:歌手にとって声質は重要か?

今回は、歌手にとっての声質の重要性や、声質が悪い人でも必ず歌手になれる方法を紹介しました。

記事の内容をまとめると、次の通りです。

・声質は、歌手にとって重要な要素の1つなのは間違いない

・声質はトレーニングで大きく変わらず、才能による部分が大きい

・声質よりも、今日からファンを増やすことが圧倒的に重要である

ぜひあなたも、声質にとらわれすぎることなく、ファンを1人ずつ増やしていってくださいね。そうすれば、必ず歌手になれます。

ファンを増やす方法については、以下のページもご活用ください。

無料:ファンを増やす方法を解説した全15話・5時間49分の動画レッスン

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ

動画レッスン全15話を無料プレゼント