働きながら歌手!仕事しながら歌手を目指す最新の方法とは?

Pocket

こんにちは、武藤です。

tccfmswt

「働きながら歌手を目指すことはできるのか?」と疑問に思う人は多いと思います。「もう遅いのでは」「音楽に集中すべきなのでは」という不安も浮かびますよね。

この答えは、「可能」です。むしろ、仕事しながら歌手を目指すことには、メリットもたくさんあります。正しいやり方をすれば、目標を叶えられるのです。

今回は、働きながら歌手を目指せる理由を解説します。また、その具体的な方法もお伝えします。

働きながら・仕事しながら歌手を目指せる理由

まずは、働きながら・仕事しながらでも歌手を目指せる理由から紹介します。

働きながらでも全く遅くないから

働きながら歌手を目指す際、年齢を心配する人がいます。「学生の頃に歌手にならないと遅いのでは?」と考えるのです。

しかし、そんなことはありません。歌手になる上で、年齢は関係ないからです。

まず、現在活動している歌手を眺めてみてください。彼らは、学生ばかりでしょうか。20代・30代どころか、70代の人までいますよね。

CDやチケットなどを購入する「ファン」がいれば、年齢問わず、歌手として生きていくことができるのです。

音楽業界も、若い新人だけを求めているわけではありません。彼らの関心は、「お金が儲かるかどうか」だけです。売れるのであれば、10代でも70代でもいいわけです。

以上の理由から、働きながら歌手を目指すのは全く遅くありません。歌手に必要なのは若さではなく、「ファンがいること」だからです。

働きながらでも困ることはないから

歌手を目指す上での活動は、働きながらでも出来ることばかりです。したがって、困ることは一切ありません。

例えば、以下のような活動を考えてみてください。

・ライブをする

・レッスンを受ける

・SNSでファンを増やす

これらは、すべて平日の夜や休日に行うことが可能です。

このように、歌手を目指す上での活動は、働きながらでも可能なことばかりです。よって、仕事をしても全く問題が起こりません。

働きながらの方が理解を得やすいから

そして、働きながら歌手を目指す方が、周囲の理解を得やすいです。むしろ、応援してもらえることもあります。

仕事をしないとなると、高確率で周囲の反対にあいます。このことは、ストレスの大きな原因です。

このとき反対される理由は、「お金を稼げない」ということにあります。生活に困ることにならないかと、将来を心配されるのです。

しかし、働きながらであれば、お金を稼ぎながら歌手を目指せます。このため、反対にあうことがなくなり、ストレスを軽減できるのです。

以上の理由から、働きながら歌手を目指す方が、周囲の理解を得やすいです。

働きながら歌手を目指すための仕事選び

次に、働きながら歌手を目指す上での、仕事選びのポイントを解説します。

正社員で仕事しながらで問題ない

歌手を目指す上での仕事は、正社員で問題ありません。

音楽でプロを目指すというと、フリーター(=アルバイト)のイメージが強いです。ただ、これは歌手志望の人ではなく、バンドで活動している人の話です。

バンドの場合、メンバーで集まる必要があります。例えば、次のようなときです。

・ライブ

・スタジオ練習

・レコーディング

このとき、正社員のメンバーがいると、予定が合いにくくなります。よって、アルバイトと相性が良いわけです。

しかし、歌手志望の人は1人で活動する場合がほとんどです。このため、誰かと予定を合わせる必要がありません。

また、活動は平日の夜や土日でも十分に可能です。したがって、あえてアルバイトを選ぶ理由がないと言えます。

以上のような理由から、歌手を目指す上での仕事は、正社員で問題ありません。

時間を確保できる職場環境かに注意する

ただし、職場の環境は重要です。これによって、歌手を目指す時間を確保できるかどうかが左右されることになります。

ここでは、以下のようなポイントに注意してください。

・残業は少ないか?

・休日出勤は必要か?

・有給休暇は消化できるか?

もしあなたがすでに、これらに当てはまらない会社に就職してしまったとします。その場合は、転職を考えるようにしましょう。

このように、働きながら歌手を目指す時間を確保できるかに注意し、職場を選ぶようにしてください。

働きながら歌手になるための正しい方法

最後に、働きながら歌手になる方法を紹介します。

働きながら歌手になれない人の特徴

まず、働きながら歌手になれない人の特徴を紹介します。それは、以下のようなことに時間を使っていることです。

・歌の練習

・ボイストレーニング

・オーディション

これらを繰り返しても、歌手になれないまま時間だけが過ぎていきます。

練習やボイトレを通じて、歌を磨こうとする人は多いです。ただ、歌が上手い人が歌手になれるわけではありません

音楽事務所やレコード会社は、「歌が上手い人」ではなく「売れる人」を求めています。なぜなら、彼らの目的は、お金儲けだからです。

彼らは新人発掘において、「売り上げの実績」を最も重視します。例えば、次のようなものです。

・自主制作CDの売り上げ

・自主企画ライブの売り上げ

・ファンクラブの売り上げ

こうした実績がある新人に対しては、次のような計算が働きます。

デビュー前から売れている

契約して宣伝すればもっと売れる

うちの会社が儲かる

よって、売り上げの実績がある新人は、必ずスカウトされるのです。

逆に、歌が上手いだけで、売り上げの実績がない人と契約するのは不安です。お金をかけて宣伝をして、売れなければ大赤字です。音楽が売れない時代に、彼らはこのリスクを嫌がります。

以上のことから、働きながら歌のレベルアップに励んでも、歌手になることはできません。なぜなら、歌手になれるのは上手い人ではなく、ファンがいる人だからです。

働きながら歌手になるための条件

働きながら歌手になる条件は、たった1つです。それは、「自分の力で1人ずつファンを増やしていくこと」です。

これができれば、音楽業界から声がかかるようになります。

また、事務所やレコード会社に所属しなくても、歌手として生きていけるようになります。なぜなら、自分でCDやチケットを売って、お金を稼げるようになるからです。

したがって、「ファンを増やすこと」だけを考えてください。これができれば、100%歌手になれます。100%です。

ファンを増やすには、以下のような手段が有効です。

・ブログ

・YouTube

・SNS

・アプリ

これらを使うことで、お金をかけず全国にファンを増やすことができます。

さらに具体的な方法については、以下の「無料動画レッスン」をご覧ください。動画は後から見ることもできるため、今のうちに受け取ることをおすすめます。

無料:働きながらファンを増やして歌手になる方法を解説した全15話・5時間49分の動画レッスン

まとめ:働きながら・仕事しながら歌手を目指す最新の手法

今回は、働きながら・仕事しながら歌手を目指せる理由と、その最新の方法をお伝えしました。

働きながら歌手を目指せる理由は、以下の通りです。

・年齢は関係ないから

・働きながらで困ることはないから

・周囲の理解を得やすいから

選ぶ仕事は、正社員で問題ありません。時間を確保できる環境かどうかにだけ、注意を払いましょう。

働きながら歌手を目指すとき、歌ばかりを磨こうとする人が多いです。しかし、これでは歌手にはなれません。なぜなら、歌が上手い人ではなく、ファンがいる人が歌手になれるからです。

やるべきことは、「ファンを増やすこと」だけです。これが実績となり、音楽業界から声がかかるようになります。また、事務所やレコード会社に所属せず、個人で活動することも可能となります。

ぜひ、働きながら歌手を目指して行ってください。僕の発信が、ほんの少しでも役に立てば嬉しいです。

また、ファンを増やす具体的な方法を解説した「無料動画レッスン」をプレゼントしています。動画は後から見られるため、今のうちに受け取っておいてくださいね。

無料:働きながらファンを増やして歌手になる方法を解説した全15話・5時間49分の動画レッスン

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket

関連ページ

動画レッスン全15話を無料プレゼント